現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2008年05月26日

メルマガVol.795「ミスト」★★☆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_            ________________
  Vol.795「ミスト」★★☆         2008.5.15(木)
 ̄             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   突然、霧に覆われた田舎町。食料品店に閉じこめられた
   住民たちは、孤立したまま次第に対立を深めていく…。

  【2】Michelin
   新宿、メディアージュなど、いくつかのシネコンで上映中。

  【3】Review
   パニック映画なのにダラッとしているが、テーマは重い。

  【4】Column
   裁きは誰にも分からない。人は自らを信じて生きるだけだ。

___________________________________________________The Mist

「ショーシャンクの空に」のダラボン監督&キング原作がまた実現。
今回はどちらかというと、パニック映画のような内容らしい。
パニック映画がダラダラしちゃうと、つまらない予感もしますが…。
キャストにはマーシャ・ゲイ・ハーデンら、けっこう地味な選出。

<オフィシャルサイト>
http://www.mistmovie.jp/


続きを読む
posted by Ak. at 11:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

メルマガVol.794「愛おしき隣人」★★★☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                ____________
  Vol.794「愛おしき隣人」★★★☆     2008.5.13(火)
 ̄                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   自暴自棄な中年女、孤独な音楽隊の男たちなどを中心に、
   日常生活で悲哀を感じるさまざまな場面を、次々と綴る。

  【2】Michelin
   恵比寿ガーデンシネマでの単館上映。空いてます。

  【3】Review
   まさに鬼才。連続する小さな場面に、笑いと哲学がにじむ。

  【4】Column
   世間の風は今日も冷たく、日常のいたるところで吹き荒れる。

_________________________________________________DU LEVANDE

ウェス、ポール・トーマスときて、今度はロイ・アンダーソン。
この人も北欧の「鬼才」らしい。アンダーソンは鬼才の代名詞?
北欧映画といえばカウリスマキを始め、不思議な笑いが多い傾向。
そしてこの映画も、人生の不条理な局面を集めたおかしな群像劇。

<オフィシャルサイト>
http://kittoshiawase.jp/


続きを読む
posted by Ak. at 14:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

メルマガVol.793「モンテーニュ通りのカフェ」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                     _______
  Vol.793「モンテーニュ通りのカフェ」★★★ 2008.5.9(金)
 ̄                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   芸術の都パリで、ウェイトレスを始めたばかりの若い女が、
   遠い存在だった演劇や音楽の成功者たちに

  【2】Michelin
   渋谷ユーロスペースでの単館上映。意外によく入っている。

  【3】Review
   多くの人々をリズム良く配して、うまく対照させている。

  【4】Column
   映画館と同じく、人生のドラマにもさまざまな席がある。

______________________________________Fauteuils d'orchestre

フランスらしく、気の利いた会話で楽しませるコミカルな群像劇。
コリーヌ・セローやアニエス・ジャウィといった女流監督のように、
シリアスに人生を描きながらも、明るさを忘れないドラマです。
主演のセシル・デュ・フランスも、とってもキュートで魅力的。

<オフィシャルサイト>
http://www.montaignecafe-movie.jp/


続きを読む
posted by Ak. at 12:38| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルマガVol.792「There Will Be Blood」★★☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                   _________
  Vol.792「There Will Be Blood」★★☆   2008.5.6(火)
 ̄                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   20世紀初頭、石油を求めてアメリカ西部で採掘を重ねる男。
   土地を買収し、どんな困難にも彼は不屈の闘志を見せるが…。

  【2】Michelin
   渋谷、日比谷、あとはいくつかのシネコンにて。混んでる。

  【3】Review
   主演男優賞の迫力で突っ走る2時間半。物語よりも人物。

  【4】Column
   全てを投げ打ってでも、金持ちになることが、幸せだろうか。

_____________________________________ゼアウィルビーブラッド

ダニエル・デイ=ルイスの、アカデミー賞主演男優賞受賞作。
監督は「マグノリア」の鬼才、ポール・トーマス・アンダーソン。
この人の映画は長いイメージしかないんですが…前作は違ったか。
しかしこの邦題はひどいなあ。訳すなら「その血は流れる」か。

<オフィシャルサイト>
http://www.movies.co.jp/therewillbeblood/


続きを読む
posted by Ak. at 12:37| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

メルマガVol.791「I'm Not There.」★★☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                _____________
  Vol.791「I'm Not There.」★★☆      2008.5.3(土)
 ̄                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   ギター片手にヒットソングを連発するギタリストたちの、
   社会のレッテルや、ファンの期待への戸惑いなどを描く。

  【2】Michelin
   シネカノン有楽町2丁目、渋谷シネマライズでの2館上映。

  【3】Review
   非常に難解な実験作。名優達がうまく物語を切り分ける。

  【4】Column
   芸術は何を語っているのか。それは誰にも語れないまま。

___________________________________________アイムノットゼア

ボブ・ディランを6人のキャストで多角的に描き出す意欲作。
監督は「ベルベット・ゴールドマイン」のトッド・ヘインズ。
キャストはクリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー、そして、
ケイト・ブランシェットと超豪華。ディランに詳しくなれる?

<オフィシャルサイト>
http://www.imnotthere.jp/


続きを読む
posted by Ak. at 13:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルマガVol.790「譜めくりの女」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_               ______________
  Vol.790「譜めくりの女」★★★       2008.5.1(木)
 ̄                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   あるピアニストの下に、臨時の子守として雇われた若い女。
   彼女は気に入られるが、その背後には不気味な感情があった。

  【2】Michelin
   シネスイッチ銀座、渋谷シネアミューズでの2館上映。

  【3】Review
   軽やかなピアノが奏でる、密やかな愛憎劇と鮮やかな復讐。

  【4】Column
   子ども時代の怨恨は、純粋な心に、深く刻まれてしまう。

______________________________________La Tourneuse de pages

最近、日本での公開作が多いカトリーヌ・フロですが、今回は、
ピアニストになるそうで。ピアニストの横には譜めくりがいます。
そう言われてみれば、テレビでもたまに見かけたりしますよね。
あの人はどんな人なんだろう…その謎が、謎を呼ぶサスペンス。

<オフィシャルサイト>
http://piano.cinemacafe.net/


続きを読む
posted by Ak. at 09:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

メルマガVol.789「フィクサー」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_               ______________
  Vol.789「フィクサー」★★★        2008.4.22(火)
 ̄                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   弁護士事務所で、大型案件に関わるベテランが奇行に走った。
   急遽トラブル担当が現場に向かったが、事態は深刻だった。

  【2】Michelin
   六本木ヒルズほか、各地のシネコンなどで上映中。空いてる。

  【3】Review
   内容は社会派でシリアスだが、展開としては動きが鈍い。

  【4】Column
   あなたの仕事が、社会に貢献しているか、気になりますか。

____________________________________________Michael Clayton

なぜかティルダ・スウィントンが助演女優賞を受賞した話題作。
彼女のクールな表情は、ちょっと人間離れしていて印象的です。
肝心の内容は、ジョージ・クルーニーが悪事をもみ消す弁護士に。
しかし、次第に巨大な陰謀に巻き込まれていく社会派サスペンス。

<オフィシャルサイト>
http://www.fixer-movie.com/


続きを読む
posted by Ak. at 11:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

花粉症?

どうも眠れません。
朝になると鼻水、鼻づまり、
激しい咳に悩まされてます。

これは明らかに花粉症の症状…。
しかし、なぜにいまさら?
ちょっとよく分からない状態です。

週末はずっとこんな状態だったので、
すみませんが、今日は病院に行って、
もうちょっと寝かせてください。

メルマガは明日、頑張りたいと思います。
よろしくお願いします。

Ak.
posted by Ak. at 12:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

メルマガVol.788「つぐない」★★★★☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_               ______________
  Vol.788「つぐない」★★★★☆       2008.4.19(土)
 ̄                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   使用人の青年に片想いの少女が、姉と彼の関係に気づき、
   ある許しがたい嘘をついた結果、二人は悲劇に落ちていく。

  【2】Michelin
   新宿テアトルタイムズスクエアなど。週末はほぼ満席か。

  【3】Review
   後半は難だが、離別する人々の悲しみが全体にみなぎる。

  【4】Column
   真実は、物語ではない。真実ではないから、物語は価値がある。

__________________________________________________Atonement

キーラ・ナイトレイが、「プライドと偏見」の監督と再び組み、
ベストセラーを映画化、オスカー7部門にノミネートされた作品。
しかし、ほぼ全滅でしたが…何がいけなかったんでしょうか。
実際に観ると、「ノーカントリー」よりは分かりやすいんですが。

<オフィシャルサイト>
http://www.tsugunai.com/


続きを読む
posted by Ak. at 12:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

メルマガVol.787「王妃の紋章」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_              _______________
  Vol.787「王妃の紋章」★★★        2008.4.16(水)
 ̄               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   辺境から王宮に皇帝と息子が帰ってきた。王妃は病に瀕し、
   後妻である自分に悩み、絶望のなか、ある計画を建てていた。

  【2】Michelin
   東劇ほか、シネコンで観てください。混んでません。

  【3】Review
   歴史大作に名を借りた、暗黙の独裁体制批判。難しい。

  【4】Column
   いつの時代においても、言説は美しく、現実はおぞましい。

_____________________________________________満城尽帯黄金甲

チャン・イーモウ監督の最新作は、今回も歴史ものの超大作。
主役にチョウ・ユンファとコン・リーという、これまた大御所を
配して、五代十国時代の絢爛豪華な貴族社会を描くものだという。
そろそろ彼にも、こぢんまりとした映画に戻ってきてほしいが…。

<オフィシャルサイト>
http://wwws.warnerbros.co.jp/ouhi/


続きを読む
posted by Ak. at 12:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。