現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2009年08月12日

Twitterはじめました

ヒwiヒヒerにしか読めない。
iPhoneのアプリに出てきても
「ヒ」って書いてある。
どうしてもヒって名前だと思う。

eigastarをフォローしてね。
iPhone買ったので、
けっこうマメに更新できて、
これなら確かに楽しいね。

PCだけだと、全くつまらんとは思いますが。。。

Ak.
posted by Ak. at 12:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

花粉症?

どうも眠れません。
朝になると鼻水、鼻づまり、
激しい咳に悩まされてます。

これは明らかに花粉症の症状…。
しかし、なぜにいまさら?
ちょっとよく分からない状態です。

週末はずっとこんな状態だったので、
すみませんが、今日は病院に行って、
もうちょっと寝かせてください。

メルマガは明日、頑張りたいと思います。
よろしくお願いします。

Ak.
posted by Ak. at 12:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

眺めのいい部屋★★★★

yakei.JPG

映画の話ではありませんので、念のため。

ちょっとお休みを頂いてしまいましたが、
無事、引越を完了することができました。





続きを読む
posted by Ak. at 12:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

新たなる希望を探して

何だかこの国には希望がもてないなあ。
いろんなニュースを聞いても、下り坂だよねえ。

10年前、学生の時もそう思っていたけど、
あの頃よりも、さらに悪くなっている気がする。
そんな悪いニュースが次々と流れることに、
徐々に慣らされていってしまっている気がする。

次の総理候補も、ひどいもんだなあ。
前回は「凡人、軍人、変人」だったけど、
今回は「プリンス、チンピラ、サラリーマン」だもんなあ。

漢字がカタカナに変わっただけのようでも、
何だか今回には本当に魅力がないなあ。
この人たちはいったい、何をもたらそうとしてるんだろう。

続きを読む
posted by Ak. at 12:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

PSUやってます

つながらないと評判のPSUオンライン。
む。PSUにはオンラインをつけると変なのか?

長身のビーストでハンターやってるんですが、
しかしまあ、今回はどこで待ち合わせー、とか。
そういうのが分かりづらいから、落ち合えないですなあ。

ま、私の名前が現れたら、仲良くしてやってください。
あ、ちなみに当分はワールド2にいます。
ワールド1なんて、永遠に入れなさそうですから(笑)。

てゆうか同時ログイン数10万人のシステムを作って、
見事に転けたセガ・ソニックチームにお悔やみ申し上げたい。
そんなもん…どれだけサーバが必要か分からんよなあ。


でも、いきなり初回稼働から10万ユーザなんて、これは、
ユーザの増やし方にそもそも問題があったんじゃないかな?
徐々に徐々に、ユーザ数を増やして行列待ちしてもらった方が、
全然良かったと思うけど。3月には基本的にできていたんだし。

ま、そうなるとがっかりした人たちがゲームを買わない、
というわけで売上に響くことを考えたんだろうけど。。。

というわけで、ガーディアンズコロニーでお待ちしてます。
映画の話も歓迎、ってわけで。
でわまた。

Ak.
posted by Ak. at 12:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

4/21(金)日本へ生還!!

大変遅くなりましたが、先日のロンドン日記。
ちゃんと完結させたかったので書きました。
あともう1本、写真とまとめ編を掲載予定。


>以下本文−−−−−−−−−−−−−−−


いよいよ今日で、このホテルともお別れである。
最後の朝食も、イングリッシュでお願いする。
4ポンド付けなくても、関係ないこの制度…。

荷物をまとめ、さっさとチェックアウト。
ここで、何とも後味の悪い事件が発生。
フロントで、クレジットカードが使えない、
とパキスタン系の男に突っ返されたのだ。

そんなはずはない、来たときもチェックしたし、
昨日も大英博物館やセルフリッジで使えたわけで。
いきなり利用停止になるわけないのである。

「他のカードか現金で」
と、対応はまるで素っ気ない。
仕方ないから、近くで現金を下ろし、
ほとんどぶん投げてやった。ふざけている。

続きを読む
posted by Ak. at 17:57| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/20(木)シャーロックホームズに会おう!

大変遅くなりましたが、先日のロンドン日記。
ちゃんと完結させたかったので書きました。
あともう1本、写真とまとめ編を掲載予定。


>以下本文−−−−−−−−−−−−−−−


朝起きて、ぐったりと疲れた。
いよいよ、のんびりできるのは今日で最後だ。
喉も痛いし、ゆっくり観光するか…。

と思って、バスを乗り継ぎ、
初めてのノースロンドンへ回る。
途中、カメラのメモリースティックを忘れて、
いったんホテルまで戻ったりもしたが(苦笑)…。

問題はそれよりも、マダムタッソー館の行列!
みんな、蝋人形を観るためだけに、
こんなにも並ぶとは…すごい観光名所なんだな。

オンライン予約も当日は受け付けない、
ということは分かっていたんだけれども、
さすがに、これに並ぶのはバカバカしい。
しようがないからパス。

もちろん、ベイカー街まで来た目的は、
別に蝋人形だけではないワケです。
そうです、ベイカー街といえばやはりここ。
私の小学生以来の愛読書、ホームズさんのお家ですよ!

続きを読む
posted by Ak. at 17:56| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

風邪ひいた…

変な風邪じゃなければいいのですが(笑)。

昨日、ベイカーストリートまで行って、
シャーロック・ホームズを気取った上に、
近いからとアビーロードまで観てきましたが、
何やら悪い風に吹かれてしまったようです。

飛行機で悪化しないことを祈りつつ…。
この時間帯にメルマガを書こうと思っていましたが、
ちょっと難しいので、土曜になると思います。
日記も土曜にまとめてつけます。
みなさん、ごめんなさい。

そうそう、代わりにといっては何ですが、
いままで撮っているけど掲載していない、
写真をいくつか載せておきます。
あとで整理しますが。

Ak.


london4011.jpglondon4008.jpglondon4007.jpglondon4002.jpglondon4000.jpg
posted by Ak. at 14:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

4/19(水)最初で最後のハイバリー!

いよいよである。決戦の時は来た。
今晩である。チャンピオンズリーグである。
しかも準決勝。その舞台にアーセナルが!!

昼間はできるだけ、休養に充てようと検討。
今晩はロンドンで初めての、夜間外出になるわけで。
そのためにも、近場で適当に過ごすのがいいな。

朝食は、また狭いバーの方に案内されて、
こちらに来ると、まともなものが食えなくなる。
レストランに案内されても、こちらに案内されても、
値段は変わらず、コンチネンタルのままらしいんだが…

請求書を見ても、イングリッシュになってはいないらしい。
…コンチネンタルとイングリッシュ、いったい違いは何?
きっとお客さんの区別を、あまりしていないに違いない。
明日の朝は絶対にイングリッシュにしてみよう。うむ。

そして昼間は、歩いて5分の大英博物館へ。
本当に近い。のんびり散歩しに行くイメージ。
ラッセルスクエアを抜けると、リスがエサを探している。
平和だ。こんな公園が日本にも近くにあればいいねえ。

続きを読む
posted by Ak. at 16:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/18(火)ロンドンを真面目に観光!!

朝食を終え、今日はロンドン観光の日。
目玉のひとつとして、観覧車に乗る予定。
並ぶらしいというから、サイトであらかじめ勉強。
ふむふむ、事前にネットから予約できて、
しかもネット予約の方が、けっこう安いのか…。

ちょっと怖かったが、やってみることに。
乗る時間をあらかじめ決めるのは難だが、しようがない。
観覧車の切符を買うのに、なぜか住所まで訊かれるが、
まあ、正直に入力すると、予約番号とメールが来る。
これで決済できたのか?ちょっと不安だが、行くしかない。

朝からピカデリーサーカスへ。
そして観光客だけがたむろしている、
というトラファルガー広場へ。

続きを読む
posted by Ak. at 16:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

4/17(月)ホワイトハートレーン!

朝食はまた違う場所になった。
今度はちゃんとしたレストランの一角。
しかしまあ、このホテルの1階は、
飛んでもない天井の高さと装飾だ…。

朝からチケットショップへ。
と思ったら、枕元にチップを置き忘れた。
どうしようか思案したが、ここは戻る。

これって置き忘れるとどうなるんだろう?
ちょっと素朴な疑問だけど、
部屋を荒らされたりしたらイヤだからね…。

というわけで、チケットショップへ。
まだ引取時間には早かったので、
リージェントSt.のユニクロをのぞいてみた。

おー。ほとんど日本と同じだぜ。
日本人のスタッフとかもいるぜ。
日本人の買い物にも全く困らないぜ。
でも違うのは…。

高い!いくら為替差益があるとはいえ、
こんなに値段が変わるモノか?
日本人にとっては、ここで買うのは、
だいぶ損した気分になるだろう。
まあ、現地価格ではこんなもんだろうけど…。

これならユニクロが英国で出店しまくれば、
もっと儲かるんじゃないか?とさえ思える。
まあ、GAPという強敵がすでにあるわけだけどね。

チケットショップへ。
昨日のお兄ちゃんの姿はなく、
今度は見るからに禿頭のオッチャン。
カウンターでは知り合い?らしい、
同じように恰幅のいいオッチャンが、
何やら親しげに話し込んでいる。

続きを読む
posted by Ak. at 15:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

4/16(日)イースターサンデーはお休み!

※ 写真は重いので、後からUPします…。

窓を見やれば、朝から晴れている。
しかし、ここの青空は信用できない。
そう思っておくべきだ、と教本にあった。

朝食は、なぜか昨日とは違ってホールに。
何だよ、ちゃんとしたものがあるんじゃん。
昨日はどうやら、客も少なかったので、
さっさと片づけてしまったかららしい。

続きを読む
posted by Ak. at 15:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

4/15(土) プレミアリーグ初観戦!

英国のホテルでは、朝食もキナイ食である。
もちろん、「キたいできナイ食」である。
でもまあ、このホテルの朝食は、
レストランが奥過ぎて、発見に手間取ったものの、
紅茶はおいしいし、パンも食べられるものだったし、
量とバリエイションはないけど、まあ1週間耐えられそう。

地下鉄に乗る。
イースターの土曜日の朝、
窓口はとんでもなく混雑している。

仕方なく並んで、7日間乗り放題チケットを購入。
だいたい4500円くらいなんだけれども、
この国の交通機関の、標準値段を考えれば、
まあ、だいぶお得になるんじゃないの??

しかもこのチケット、東京のSuicaと同様に、
非接触式のICカードになっているので便利。
これを手に入れれば、わざわざ乗車のたびに、
あの行列に悩まされずに済むのだから優れものだ。

ちなみに後で気づいたことだけれども、
地下鉄に乗ってる間は、有効期限などに気づかないが、
バスに乗ると、このカードの残金や有効期限などを表示できる。
ICカード(オイスターカードという。ソースっぽい名前)
は導入したものの、改札機の導入と変更は進んでないようだ。

ピカデリーサーカスへ。
今度の月曜日の試合のチケットがないので、
チケットショップを探して、歩きまくる。

…ナイ!見つからない。
劇場のチケットショップは山ほどあれど、
サッカーの試合を扱ってるところは少ないようだ。
いったいどこにあるんだろう…知ってる人、教えて!
マヂで困ってます。明日は、本当に探さないと…。。。
この記事のコメントまで、よろしくお願いです。
london007.jpg
スタバもマクドも、いまじゃロンドンを占領です…。

仕方ないので、さっさとスタジアムへ向かう。
事前調査の結果、フルハムの試合には当日券があるらしい。
朝のスカイスポーツニュースで、情報も入手できたので。

私の生涯初!となるプレミアリーグの試合は、
このフルハムVSチャールトンのロンドンダービー。

ロンドンには6つのプレミアリーグクラブがあるけれど、
30通りのロンドンダービーの組み合わせの中で、
この組み合わせはおそらく、最も地味で順位は低い。

でも、フルハムの本拠地であるクレイヴンコテージは、
めちゃくちゃ古くて、だからこそこぢんまりといいところ。
昔ながらのイングランドのクラブらしいスタジアムなので、
最初に行って、雰囲気を味わうには良さそうだな、と。

地下鉄を乗り継いで、Putney bridgeにて下車。
途中の乗換駅、Earl's Courtに降りた瞬間、
「ここはエントラップメントに出た駅だ!」と発見。
ショーン・コネリーとキャサリン・ゼタのラストシーン、
確か、ここでした。確かにサイバーな雰囲気があっていい駅。
london010.jpg


駅を降りて、クレイヴンコテージがどこかも知らず、
とりあえず地図を眺めていると、呼び止める声が。
「スタジアムへ行くのか」
オジサンと言うにはやや若い、デニムな服の男。
「そうだよ」
「あっちの方だぜ。まっすぐ行くんだ」
 親切だな、と従っていく。
「で、チケットはあるのか」
「あー、買いに行くんだけど」
「いい席があるんだぜー」
 やっぱり。
「これとかオススメ。ゴール裏だぜ!」
 チケットを見せてくれる。
 大人、日付、対戦相手、どうやら本物らしい。
「そうなんだ。へー」
「40ポンドでどうかな」
「ふーん」
「分かった、35でいいよ」
「ふーん」
「他にもあるんだけど、こっちがオススメ」
 他のチケットも見せてくれる。
「なんで」
「サイドラインなんだよ」
「そっちの方がいいじゃん」
「え?サイドラインがいいの?」
「そう思わない?」
 どうもかみ合わないオッチャンだったが、
 まあいいや、とサイドラインを渡してくれた。
「こっちの方が値段も張るわけだから、
 ゴール裏の方が、迫力満点なんだけどなー」
 ぶつぶつごねていたが、そこは趣味の問題である。

結局40ポンドでサイドラインの席を買うことにした。
事前調査では、フルハム公式サイトのオンラインだと、
既にサイドラインは完売で、当日券はゴール裏しかなかったし。
それに当日券は、いつまで売っているかも分からないので、
ここでチケットを手に入れて、とりあえず安心できるのもいいか。

売買成立後、オッチャンは親切に説明までくれた。
「試合は3時からだぜ。それまで時間もあるから、
 途中でメシを食うのもいいし、公式ショップもあるからよー。
 まっすぐ行けばクレイヴンコテージだから、楽しんでけ」

確かに、まっすぐ行けばクレイヴンコテージだった。
しかし、そこはフルハムロードを30分近く歩いた。
バス停2つ分だし、日本の感覚で大丈夫そうだな、
なんて思った自分が間違っていた…大変にお疲れ。
london012.jpg


しかも当日券を確実に入手しようと、
スタジアムに着いたのはゲームの2時間半前。
当然のようにゲートも開いてなくて、手持ちぶさた。
腹減ったし、することないし、スタジアムのショップで、
ちょっと帽子なんて買い物したり…くらいで時間はつぶせない!!
london014.jpg

と悔やんでいると、意外といいこともあったりする。
向こうにいるのは…マクブライド!
フルハムのエースストライカーじゃありませんか!!
london015.jpg

そーなんです。みんな「入り待ち」してるんです。
そして選手もそれを知ってて、サインをしてくれる。
このフレンドリーな感じがまた、プレミアの特徴の1つ。

その後、ゲームメーカーのマルブランクも登場。
さらには監督のクリス・コールマンや、
相手チームのチャールトンのバスが到着したりで、
なかなか飽きずに、開門時刻を待てました。ラッキー!
london016.jpg
london022.jpg


さて、せまーい木戸をくぐると、
(絶対に一人ずつしか通れない仕組みらしい)
london025.jpg
ごつい黒人の警備員たちに案内されつつ、
そこはもう、プレミアリーグの本物の舞台。
いやー、感動だなあ。ついにここまで来たぜ!
席は意外といい席で、上層だけど前から3列目でした。
london028.jpg

クレイヴンコテージは、噂のとおり、
こぢんまりとしていて、そして古いスタジアム。
私の座ったバックスタンドの上層部は、
いまだに古い木の椅子のままで、だいぶボロい。
ホカロンの座布団を用意していて良かったー(笑)。
london029.jpg


腹減ったので、スタジアムで簡単に食事。
ビールは先頃、解禁になったらしいので、
買ってみたものの、スタンドに戻ろうとすると、
「ここから先アルコール禁止」の文字が。
なあんだ、そういうことなのね…。
ビールはあくまで、ショップの前で飲むしかないのだ。

それに、特に手荷物検査もないくせに、
ショップではペットボトルのふたを渡してくれない。
どこまで人を信用してるんだか、してないんだか…。

食事ですか?まあ、英国ですから。
チーズバーガーっていうのは、
チーズと肉をパンで挟んだ物です。
ハイ、その通りですね、って代物ばかり…。

london031.jpg
london030.jpg


london033.jpg
とにかく腹を無理矢理満たすと、
ピッチではスプリンクラーが回ってる。
雨も降りそうだというのに、まだ水かよ!
選手たちが滑ってこけるのも、これじゃあ当然である。

london036.jpg
アップで選手たちが入場してくる。
先ほどのマルブランクも登場。
入退場口に近い席だったので、みんながよく見えます。

london042.jpg
そして試合は、みんな熱く観戦してる。
最初の1点目も2点目も、目の前で見られました。
この日はボアモルチが、やたらと絶好調で、
みんなも彼の歌を歌って、盛り上がってます。

london045.jpg
2点目の後。チャールトン、がっくり。

きちんと点を取りあう激しい内容になり、
次々とタックルが入って、ボールを奪い合う。
いやあ、プレミアはやっぱり、レベルが高いわ。

何てったって、人々の動き出しがJリーグと違う。
パスが来たとき、受け手の選手が走り出すと、
それに応じるように次の受け手がすでに走ってる。
この部分が、あまりにもJリーグと違うんですね。

Jだと、1つパスが通ったときに、
次のパスを出すのは、パスを受けた人間の役目。
でも、ここではパスをもらった人間の選択肢は、
もらった時点で、あらかじめ決まっているんです。
探す必要がない。これがプレミアの速さ、なんだなあ。

前半は2−1で終了。
お客さんたちも満足した様子。
彼らの動向と来たら、本当に拍手の量が違う。

この日は2万人しかいなかったんだけど、
浦和レッズの応援と最も違うのは、
「拍手しない人は、ほぼいない」ということ。

いいプレーに拍手、悪いプレーにブーイング、
審判の妙なジャッジに罵声を浴びせ、
ゴールの場面では必ず総立ち、大歓声。

london041.jpg
片隅のチャールトンサポーターも盛り上がる。
アウェイ、だからこその盛り上がり?

これがプレミアとJリーグの客層の違い。
Jだと、指定席に行けば、みんな拍手しないもの。
達観してるオジサンとかも、本当に多い。
何だか、自分のなかだけでしか試合を消化できていない。

でも、ここではスタジアム全体が一緒になって、
試合を楽しみ、選手をけなし、感動を共有しようとしている。
この部分が、決定的に日本と違うんじゃないかな。
まだ1試合だけど、観た感想はそんなところ。

london046.jpg
なぜかハーフタイムには小学生のPK合戦や、
チアガールのイマイチなショーなどがある。

試合内容は、後半に入って次第に沈滞。
フルハムは最初こそ、攻め込んだものの、
ある程度したらクリスタンヴァルを投入し、
リードを守ろうと、引き気味に布陣する。

スペースを消されたチャールトンは、
高速ドリブルの2人のベントの良さがなくなり、
ボールは持っても、なかなか展開できない。
しようがなく、ポストになるボスロイドを入れるが、
彼は受け手になるほどの強さも見せず、時も既に遅し。

とはいえ最後の10分くらいになって、
雨も降り出し、お客さんたちも絶叫を始め、
ピンチのたびに、歓声がスタジアムに響く。

私の座っていた席の後ろには、
5人くらいの子どもがいたんだけど、
途中で味方がシュートを空振りした場面では、
「ププ」と片手で口を押さえたりと、いいリアクション。
子どものころからここに来ては、こんなことしてるんだもの、
そりゃあ真剣なファンの大人になってしまうのも、当然か。

最後のパワープレイも何とかしのいで、結果はフルハム勝利。
いやはや、良かった。みんな挨拶とかに来るかな…?
なんて思ってたら、ホイッスルがなると、選手は即退場。

でも、マルブランクは両手を挙げてアピールして帰り、
コールマン監督も親指を立てて、早足で帰ってました。
みんな、アドレナリンが出過ぎていて凄いなあ。
挨拶がないのは残念だったけど、それもプレミアかな。

帰りは雨も降っていたので、バスに乗り駅へ。
大混雑の地下鉄から、途中でハロッズに寄る。

london047.jpg
イースターを前に、ここは飛んでもない大混雑。
日本人も多くて、多国籍なお客様が、狭い入口から、
波打つように入っていくんだから、もう大変。

london048.jpgしかも夕食のテイクアウトを考えていたんだけれども、
ここでも、あんまりおいしそうなものがないねー。
適当に中華系で、野菜がたっぷりのものを選び、
買い物して帰宅することに。

まあ、脂っこいものばかりでしたが、
とりあえずは野菜を食べられて満足です。
というわけで、だいぶ遅くなりましたね。

そろそろ寝ます。明日は何もない日。
どこへ行こうかなー。お休みなさい。

Ak.
posted by Ak. at 06:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/14(金) ロンドンに到着!

4/14(金)の続き

えーっと、どこまで書いたかな。
そうか、飛行機か。
この後、飛行機ではなかなか寝られず、
「イーオンフラックス」なんか観たぞ。

前半はアホすぎて、笑ってしまう。
侵入場面は、敵の数があまりに少なく、
どうみても公園で練習してる、
新体操の選手が二人、って感じ。

あまりにバカらしかったので、
日本語版ではなく英語版を観て、
個人的にヒアリングの練習をした。
うーん、後半は難しい話が多くなって、
やっぱ、分かんないところもあったかな。

そうこうしてるうちに、さらに食事が来た。
おーい。もうないと思っていたから、
バタピーなんて、食べてたのに…。

無理矢理、お腹に詰め込んで、
ぐったりしたところで、ようやく到着。
入国審査もすんなり通って、
カバンも簡単に見つかって、
長い長いトンネルを抜けて、地下鉄に乗車。

噂には聞いていたけど、みんな券売機に並んでる。
窓口にはもっと並んでる。なぜ?
券売機の数が少なすぎるのは分かるが…。

タッチスクリーン券売機では、
日本語が出るから、とっても便利。
でも、クレジットカードを入れるところが分からず、
無理矢理入れようとしてたら、券売機に怒られた。
よくよく見ると、女王の顔が描いてあったから、
あそこには紙幣を入れるんだったのか。失敗。

地下鉄に乗ると、地下からはあっさり抜け、
のんびりとした田園風景が続いている。
見わたすかぎり、芝生の緑…ゴルフ場だった。
住宅地に入れば、次々と横の家につながった煉瓦の家。
横に隣家をつなげるのは、壁の数を減らすため?なの?
ビルなんてほとんどない、奇妙な光景に目をこらす。

一方で、車内に目をもどせば、そこは意外と狭く、
それでも乗客はけっこう多くて、大きな荷物が2つもあると、
向かい合った座席の間は、人も通れなくなるほど狭い。

よく大柄な英国人が、この狭い地下鉄に乗れるものだ。
しかもこの地下鉄、遅れて来ないのは当たり前、
途中で突然止まったり、運行停止になったりしたりする。
その上、券売機の数は少なくて窓口にも並ばされ、
なのに、毎年1月に必ず値上げされる、っておい!
早く民営化した方がいいんじゃないのか…?おかしいぜ。

しかも途中で、さっそく帰国の連絡なのか、
べらべらケータイでしゃべり出す女もいる。
画面をじっと眺めている(メールか?)男もいる。

車内広告は少ないながらも、ケータイの広告は目立つ。
やはりこの国でも、ケータイ文化は確実に浸透してるらしい。
もっとも、マナーについてはまだまだなわけで、
甲高い声で笑う女を、その横でガルブレイスを読んでる、
メガネのオバサンが、憎々しげに眺めたのが印象的だった。

london002.jpg
1時間ほど地下鉄に乗り、ホテルに到着。
チェックイン。英語は半分以上は分かる。
でも、いくつか聞き取れない。難しいねえ…。
こっちの意志を伝えることは、簡単にできる。
でも、相手の話を聞き取れないのは困るよねえ。

ホテルの室内は、サイトにあったとおりで、
なかなか清潔。広くはないが、天井が高い。
さすが100年以上の建築物である。

しかし1週間もいるのに、内向きの部屋とは…。
せっかく窓からラッセルスクエアが見えるのに、
景色のない部屋ってのは、ちょっと寂しいね。

london001.jpg
しかし、シャワールームの前にベッドがあると、
シャワールームの電気を点けっぱなしにすると、
まぶしくて眠れない、ってわけだ…お馬鹿な設計。

で、ネットが1分100円なのは説明したとおり。
1日4000円で使い放題だなんて、
1週間いたら3万円だ。やってられない。
ちびちび使うしかない。不便だなあ。

そういえば、このレベルのホテルでは、
バスタブはおろか、バスローブも、
スリッパもないことを、すっかり忘れてた。
パジャマとスリッパは、買ってこないとな…。

寝る。英国時間の20時だけど。
とにかく48時間で2時間も寝てない。
というわけで、寝まくった…。

london000.jpg
エビアンとビールは、旅先で欠かせない(笑)。

つづく。

Ak.
posted by Ak. at 05:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

4/14(金)ロンドンへ出発!

早朝5時には目覚める。
2時間あまりしか寝ていないが、
まあ、しようがない。
あらかじめ時差調整をしているつもり。

そそくさと荷物を確認して出かけるが、
考えてみると、いろいろと忘れ物をしている。
いったい昨晩の確認は何だったんだ?と思う。
旅先には、必ず何かを忘れるものだと思う。
まあ、それはそれで哀しくも楽しい想い出になる。

遅くなったので、タクシーで新宿へ出る。
ここなら1本後の成田エキスプレスがある。
そう思って、窓口で特急券を買うと、
駅員が不思議そうにチケットを渡してくれた。

ホームで気づいた。
乗ろうと思っていた1本前の電車が、
まだ新宿には着いていなかったのだった。
何だよ、言ってくれよ、JRのオジサン。
民営化されて随分経つのに、まだサービス悪いのか。

呆然と1本やり過ごしてから、次のNEXに乗車。
ちょい寝して、空港に着き、カウンターに行くと、
そこにはもう、長蛇の列が!!おい!!!

出発定刻の2時間以上前に着いたというのに、
結局、航空券をもらったのは1時間ちょっと前。
朝食で日本を堪能してから、飛行機に乗るはずが、
結局、堪能したのはロビーの不味いオニギリだけ…。

まあ、現地ではこれよりひどい、
「食べられない」ものが出現するらしいから、
それを考えれば、これもまあないよりマシか。

飛行機に乗り込む。滑走路へ入る。
この飛び立つ順番待ちの緊張感がイヤである。
ベルカンプを敬愛する飛行機嫌いの私が、
いちばんイヤな瞬間はここ。
飛ぶぞ、飛ぶぞ、って、だったら早く飛べ!!

ところが、飛ばない。
それはもっと困る。
機長の怪しいアナウンスが入る。
全部英語だが、簡単なので聞き取れた。
「不具合のため、ターミナルに戻ります…」

下手するといったん、降りないとダメかも、
なんて弱気な機長発言もあったなかで、
みんなイライラしながらも、1時間ディレイで出発。
子どもだけが大声で「何で飛ばないのー。ひどいよー」
と叫んだりして、周囲の失笑を浴びていた。

特に眠くもなくなってしまったので、
ヴァージンならではの座席テレビで映画を観る。
「カポーティ」やってるじゃん!しかも字幕付!
秋公開になっちゃう理由って、何?

というわけで見てしまうが、問題は環境。
画面が小さいのはもちろんのことだけど、
途中で飲み物は来るわ、機内食は来るわ、
隣の人は話しかけるわで、全く集中できない。

何だか映画を観たのか観てないのか、
分からない気分のまま、何となく終了。
内容は悪くなかった。確かに主演男優賞は彼のものかも。
さて、この映画のメルマガはどうするかな…。
自分もいま書いて、秋に公開する?何か変だ。

キナイ食は、「期待できない食」の略だそうで、
まあ、レンジものよりもひどいカツ丼を食べた。
てゆうかカツ丼にチョコレートケーキは付かないだろ。
何でパンとクラッカーなんだ。オレにどうしろというんだ。ええ?

とはいえ、周囲では和食もイマイチだったらしく、
まあ、期待していなかったからいいか、という雰囲気のなか、
適当に水や飴やガムで、味覚を調整して終了。

ここでまだ4時間しか経過していない。
というわけで、メルマガを執筆。
立喰師列伝。映画をまねて論文調で書いてみよう…。

終了。おいおい。もう終わったぞ。
しかもまだあと6時間もある。
何て状況で、これを書いてまーす。
続きは、ホテルに帰ってからだな、こりゃ。

Ak.


p.s.
ただいまホテルです。
このネット、ホテルからつないでるんだけど、
1分100円なんです…(涙)。
満足にネットもできないんです。
さすが英国。1日使い放題は4000円だそうです。

あーあ、日本はブロードバンド天国だなあ…。
というわけで、細かいことはじっくり書いてから、
またちょびっとだけつないで上げます。ご容赦を。
posted by Ak. at 03:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

ロンドン紀行をはじめます

というわけで、明朝(もう今朝か)から旅に出ます。
行き先はロンドン。ヴァージン航空で12時間の旅。

だいたい1週間ほど現地にいて、
試合を3試合ほど観る予定です、
って、おいおい、目的はそれだけか…。

そうです。私にとって海外旅行は、
サッカーを観にいくためのものです(?)。
そして今回はアーセナルの本拠地が移転するので、
現在の本拠地ハイバリーを堪能するためには、
何としてでも今年でなければなりませんでした。

さらにさらに、アーセナルはCL準決勝進出!
というわけで、悲願のビッグイヤーに向け、
私も声高らかに応援してきます、ってなわけで。

いまのところ、アーセナルVSウェストブロム、
トッテナムVSマンチェスターユナイテッド、
そしてアーセナルVSヴィジャレアルの観戦予定。
うーむ豪華だ。どうなっているんだ。

ただ、現地のネット環境がどうなるかは未定。
いちおうホテルには回線があるらしいんですが…。
通信料が高いらしいんだよ。マジで。
一日2000円以上したりするらしい。


しかし、つながないことにはメルマガも更新できません。
なので是が非でもつないで、メルマガはもちろん、
他の現地レポートなんかをお伝えしていく予定です。
いちおう計画では毎日更新予定。他にすることないし。

というわけで来週いっぱい、お楽しみに!!

Ak.

posted by Ak. at 02:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

カーリングが面白い

トリノオリンピックはほとんど興味がないけれど、
(そんなことよりも来週水曜のチャンピオンズリーグが重要)
数少ない、興味ある競技がカーリング。

ビリヤードが好きだったこともあり、
こういう知的な側面を兼ねそなえたゲームが好きだ。
早速自分でやってみたい、と思ったりもしたけれど、
東京都には場所が少なくて、大変みたいだね…。

昨日、神宮で20年ぶりにスケートした。
久々過ぎて、滑れるかどうか不安だったけど、
意外と昔打った篠塚(昔取った杵柄)で、
それなりには前に進むことができた。転けずに。

何となく身体は滑れたことを覚えているんだなあ…。
しかしスケートは靴が小さくて足が痛くなるから嫌いだ。
別にマイシューズを買うつもりにもならないし。

さて、今日はカーリングの最終日なんだね。
みんな出身は違うけれども、
練習場所は故郷のチームだし、頑張ってほしい。
青森、ケッパレ!!

Ak.
posted by Ak. at 17:27| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

当たり!

今年は当たり年らしい。

何が当たりかって、食あたり。
ぜんぜん当たってほしくないんだけど。

昨日もまた食あたりを起こして、
熱を出して、下痢と吐き気がひどくなった。
疑っているのは、昼間に食べたうどん屋の玉子。

とろろと玉子をうどんにかけるんだけど、
この玉子が、「もともと割ってある黄身」から、
すくい上げているのを見たので、イヤな予感はしたんだよ。

あの店で他にも同じ被害に遭ってる人がいるのでは…。
とにかく今日も朦朧と仕事しています。
今年は30日まで仕事を続けねばならん。。。

というわけでメルマガは明日になりそうです…。
てゆうか明日も書けるか分かりませんが。。。
また連絡します。すみません。。。


Ak.


posted by Ak. at 18:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

うーむ。

やっぱり今年も落ちてしまったか。

まあ、締め切り日翌日の午前0時に、
郵便局を拝み倒して消印押してもらったものが、
1次を通過しただけでもよしとしよう…。

大変だったんだよね、最後はほとんど徹夜続きで、
よくもまあ3日で200枚も原稿を埋めたもので(苦笑)。。。

今度はちゃんと〆切に間に合うように、
最後を駆け足にしないよう、マジメに書くよ。
てゆうか年内に書かないとね(笑)。

500枚以内の新作か…何を書こうかなぁ。
ファンタジックなものは、まあいいや。
どうかなぁ。やっぱアクションかな??


本当はビジネス小説書きたいんだが。
Ak.
posted by Ak. at 01:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

すごいねえ、ブログって。

開設日だけでも、100人以上のユニークユーザ。
これって、いままでのウェブサイトだったら、
あんまり考えられないような数字なんだよねぇ。

たまにGoogleのてっぺんにのっかるような、
映画記事を書くと、もう少し行くんだけれど、
こんな数字は、メルマガで宣伝したとはいえ、
あんまり見ないような数なんだよな。

それというのも、トラックバックとか、
そういういろんなお便利機能のおかげだよね。
うーむ。個人ページにこれだけ閲覧が増えるのか。
確かにインターネットの革命と言われるわけだ。

今後も頑張ろうっと。


Ak.@仕事もなー

posted by Ak. at 11:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。