現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2008年05月15日

メルマガVol.789「フィクサー」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_               ______________
  Vol.789「フィクサー」★★★        2008.4.22(火)
 ̄                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   弁護士事務所で、大型案件に関わるベテランが奇行に走った。
   急遽トラブル担当が現場に向かったが、事態は深刻だった。

  【2】Michelin
   六本木ヒルズほか、各地のシネコンなどで上映中。空いてる。

  【3】Review
   内容は社会派でシリアスだが、展開としては動きが鈍い。

  【4】Column
   あなたの仕事が、社会に貢献しているか、気になりますか。

____________________________________________Michael Clayton

なぜかティルダ・スウィントンが助演女優賞を受賞した話題作。
彼女のクールな表情は、ちょっと人間離れしていて印象的です。
肝心の内容は、ジョージ・クルーニーが悪事をもみ消す弁護士に。
しかし、次第に巨大な陰謀に巻き込まれていく社会派サスペンス。

<オフィシャルサイト>
http://www.fixer-movie.com/


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃ STORY (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ある弁護士事務所で、大型案件に関わるベテランが奇行に走った。
急遽トラブル担当が現場に向かうが、事態は予想以上に深刻。
案件は不正そのもので、怒ったベテラン弁護士は姿をくらます。
男は何とか彼の身柄を確保し、事務所の面目を保とうとするが…。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃ 上映館ミシュラン (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

六本木ヒルズほか、シネコンで観る方がいいですね。
大きなスクリーンで観たいのであれば、ですが。

相変わらず社会派映画は、空いてますね…。
オスカー受賞とか、関係ないんだろうな。
筆者は六本木ヒルズの朝イチに行ったりして、
見事に貸し切り状態でした。何か豪華な気分?

▼六本木 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
4/23(水) 10:35/13:35/16:20/19:05/21:50〜24:05(終)
4/24(木)〜4/25(金) 10:35/13:35/16:20/19:05/21:50/24:50〜27:05(終)
4/26(土)〜 時間は直接劇場へお問い合わせ下さい

同 プレミアスクリーン
4/23(水) 10:00/12:50/15:45/22:00〜24:15(終)
4/24(木)〜4/25(金) 10:00/12:50/15:45/22:00/25:20〜27:35(終)
4/26(土)〜 時間は直接劇場へお問い合わせ下さい

▼品川 品川プリンスシネマ
4/23(水) 9:45/12:35/15:20/18:40/21:15〜23:25(終)
4/24(木)〜4/25(金) 12:35/15:20/18:40/21:15〜23:25(終)
4/26(土)〜 10:30/16:00/21:00〜23:10(終)

▼豊洲 ユナイテッド・シネマ豊洲
〜4/25(金) 10:45/13:30/16:00/18:30/21:15〜23:25(終)
4/26(土)〜 時間は直接劇場へお問い合わせ下さい

▼お台場 シネマメディアージュ
〜4/25(金) 14:00/16:40/19:30〜21:45(終)
4/26(土) 17:50/20:30/23:10/1:50〜4:05(終)
4/27(日)〜 17:50/20:30〜22:45(終)

▼日比谷 日比谷みゆき座
10:20/13:00/15:40/18:20〜20:35(終)

▼渋谷 渋東シネタワー
〜4/25(金) 20:20〜22:30(終)
4/26(土)〜 時間は直接劇場へお問い合わせ下さい

▼東武練馬 ワーナー・マイカル・シネマズ板橋
〜4/25(金) 11:45/14:20/16:50/21:50〜0:00(終)
4/26(土)〜 時間は直接劇場へお問い合わせ下さい

▼豊島園 ユナイテッド・シネマとしまえん
〜4/25(金) 10:30/13:15/16:00/19:00/21:30〜23:40(終)
4/26(土)〜 時間は直接劇場へお問い合わせ下さい


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃ Review (観おわったあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ポイント】★★★

<内訳>
テーマ   :★★★★
ストーリー :★★
キャスト  :★★★
スタッフ  :★★

>テーマ ★★★★<
個人の仕事と、社会の正義が、いかに両立しづらいものかを、
切々と感じさせる部分は「インサイダー」を思いおこさせる。

>ストーリー ★★<
社会派サスペンスと銘打った割には、全体的な展開は鈍いので、
最後に見どころはあるものの、雰囲気はドキュメンタリー風。

>キャスト ★★★<
出ずっぱりのクルーニーより、壊れ気味に怒り続けるベテランの
トム・ウィルキンソンが奮戦。スウィントンは…出番なさすぎ?

>スタッフ ★★<
ドキュメンタリー風なのに、妙に時間軸をずらし、場面が並行し、
一方で事件の焦点がどこかも定まらず、中途半端が目立つ。

>総評 ★★★<
つまらなくはないですが、ピンとこない映画でした。
もみ消し屋の弁護士が、法知識を片手に大活躍、
ってわけではなく、彼は立派なサラリーマンで。

むしろ事態の展開に、最初から右往左往していて、
カッコイイのは最後だけ、ちょっと期待を外し気味。
だったら最初から、ドキュメンタリーだと思って、
ある弁護士事務所の、キビシイ現実を描けばいいのに。

しかし、ティルダ・スウィントンの受賞は謎だ…。
「L.A.コンフィデンシャル」のキム・ベイシンガー並だ…。
やっぱりクルーニーの組織票って、重いのかな…。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4┃ Column (観おわったあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたの仕事は、社会に貢献していますか。

そんなことを言われても。
単純なコピーとりやお茶くみが、
どれだけ社会に貢献しているだろう?

日々のレポート作成や、お店での留守番や、
ビラ配りや、工場の流れ作業や、ウェイターが、
社会に貢献しているかなんて、普段は考えない。

社会どころか、自分の会社のために、
誰かのためになっているのかさえ、
時として分からずに、無我夢中の時もある。

本当は、自分がしていることが、
誰かのためになっているから、
自分にお金が入ってくるはずなのに。

しかし、実際にそうかどうかは分からない。
何かを作ったり、実際のサービスをしているなら、
まだ誰かのためになっていると、思えるかもしれないが。

だが、弁護士ともなると、そんな現場は遥か遠く。
自分たちが弁護している企業が、
いったいどんな企業かさえ気にしない。

頼まれた依頼を受け、法廷を有利に導く。
不都合な事実を消し、企業の論理を立てる。
例えそれが、社会のためであろうと、なかろうと。

だってそれが、日々の糧になるのだから。
高給取りの月給を、支えているのだから。
彼らにも家族と、守るべき生活があるのだから。

やれ、と言われたことをやる。
やるな、と言われたことをやらない。
弁護士も、サラリーマンも、最後はそうなる。

人はそうやって、組織に慣らされていく。
社会がどうか、ということに目をつぶり、
自分の生活しか、見えなくなっていく。

やがて企業は暴走し、時に甚大な被害をもたらす。
牛肉じゃない牛肉を、作ったりする。
新しくない、出来たての商品が出回る。
返せるはずのない人に、無理矢理借金をさせ、
根拠のない債権で、銀行が買い物したりする。

誰のためにもならない仕事が、増えてしまうから。
不祥事を起こした会社の社員は、本当に無罪だろうか。
そして、不祥事を起こしていないいまの自分も、
本当に無罪のままで、いられるだろうか?

本当にいまの仕事は、誰かのためになっているか。
確かめながら仕事をすることは、とても難しい。
しかし、日々の生活と引き換えに良心を売り渡せば、
最後にとばっちりを受けるのは、きっと自分だろう。

2008/4/22 TOHOシネマズ六本木ヒルズにて。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃6┃ 次回予告 ほか
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その他、筆者からのお知らせなどなど。


★次回予告「譜めくりの女」……………………………………………

最近、日本での公開作が多いカトリーヌ・フロですが、今回は、
ピアニストになるそうで。ピアニストの横には譜めくりがいます。
そう言われてみれば、テレビでもたまに見かけたりしますよね。
あの人はどんな人なんだろう…その謎が、謎を呼ぶサスペンス。

で、次回もお楽しみに。次回は金曜の予定。
http://piano.cinemacafe.net/


★今後の予定など………………………………………………………

さて、そろそろゴールデンウィークですね。
皆さんのご予定はいかがでしょうか。
筆者は特に何もなく、映画館に行く時間がとれる…?

というわけで、ゴールデンウィーク公開映画が、
いろいろ待ちかまえております。
最大の話題作は「There Will Be Blood」でしょうね。
ダニエル・デイ=ルイスの、主演男優賞受賞作です。

でも個人的には「I'm not there」に期待だな。
クリスチャン・ベイルやケイト・ブランシェットら、
実力派俳優がボブ・ディランを交互に演じるのが面白そう。

というわけで、これからもお楽しみに。

「I'm not there」http://www.imnotthere.jp/
「紀元前1万年」http://wwws.warnerbros.co.jp/10000bc/
「There Will Be Blood」http://www.movies.co.jp/therewillbeblood/


★最新情報はブログにて!!…………………………………………

ブログには過去掲載作などがまとめて載っています。
http://filmandlife.seesaa.net/

※ 実はケータイからも同じアドレスでみられます。要Check!

ブログなら、かしこまったメールをすることもなく、
小さなコメントや、筆者へのリクエストを書き込めます。

また、筆者が映画を見終わった直後の感想や、休刊情報、
映画とは全く関係ない筆者の近況まで、いろいろ掲載中。
ぜひぜひアクセスしてください!!


★これまでのバックナンバー…………………………………………

バックナンバー、メルマガの紹介や登録関係などについては、
それぞれ以下のページをご参照くださいませ。

http://www.mag2.com/m/0000197069.html(まぐまぐ)
http://www.melma.com/backnumber_33635/(メルマ)

メルマのバックナンバーは、第1号から掲載されています。
ただし検索機能がついておりませんので、
ここ2年については、ブログの方が探しやすいと思います。
http://filmandlife.seesaa.net/(筆者のブログ)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【映画のなかの人生、映画のような人生。】
 Vol.789 2008年4月22日
 発行者:Ak. http://filmandlife.seesaa.net/
 (C)2001-2008 Ak. All rights reserved.
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎映画のなかの人生、映画のような人生。
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000197069/index.html
posted by Ak. at 11:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。