現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2008年04月21日

メルマガVol.786「ランジェ公爵夫人」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                 ____________
  Vol.786「ランジェ公爵夫人」★★★     2008.4.14(月)
 ̄                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   社交界の華、ランジェ公爵夫人が、武骨な軍人の男を見初め、
   恋の駆け引きを始めるのだが、男はずっと一直線なまま。

  【2】Michelin
   岩波ホールでの単館上映。朝昼はけっこう混んでいる模様。

  【3】Review
   正面切って古めかしい恋愛ゲームを描かれると、逆に新鮮。

  【4】Column
   恋はシナリオである。それは、ある狭い世界のなかでは。

____________________________________Ne touchez pas la hache

バルザック原作の文藝映画。監督は80歳のジャック・リヴェット。
「美しき諍い女」から、もう17年ですか。誰もが年をとるわけだ。
キャストも20代の人はいません。まさに成熟した大人の映画です。
やっぱり、周りの客層も成熟した方々ばかりでした。そりゃあね。

<オフィシャルサイト>
http://www.cetera.co.jp/Lange/

┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃ STORY (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社交界の華、ランジェ公爵夫人が、舞踏会で明らかに浮いている
武骨な将軍を見初め、からかうように恋の駆け引きを始める。
しかし勇猛でなる将軍は、一歩も引かず、一直線なまま、やがて
意味深な言葉を残して、公爵夫人の下を立ち去るのだった…。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃ 上映館ミシュラン (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

岩波ホールでの単館上映です。

客層を考えても、夜より朝が混むようで…。
初回は満席に近いようです。
混雑を避けるには、最終回がいちばん。

ここは相変わらずスクリーンは小さいですから、
3列目くらいでも、充分いい大きさです。
しかし2時間以上座ると、この椅子は腰が痛い…。

▼神保町 岩波ホール
11:30/14:40/18:30〜終20:40
※ 土日祝および大型連休中は18:30の回が17:50に変更


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃ Review (観おわったあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ポイント】★★★

<内訳>
テーマ   :★★★
ストーリー :★★
キャスト  :★★★
スタッフ  :★★★

>テーマ ★★★<
恋の駆け引きに焦点を絞って、恋人のことを想う微妙な焦燥感が、
映画全体に立ちこめ、メロドラマ主流の現在からすると懐かしい。

>ストーリー ★★<
起承転結がハッキリとしている一方で、ひとつひとつの場面は、
主役の心を汲み取るように静かに描かれており、いささか眠い。

>キャスト ★★★<
ジャンヌ・バリバール、ギョーム・ドパルデューというメインが、
恋の天秤の傾き加減を、それぞれにそつなく演じている。

>スタッフ ★★★<
二人の男女の揺れる心を、暗い画面のなかで静かに描いていく。
別に豪奢な貴族社会の耽美な世界、ではないので、あしからず。

>総評 ★★★<
意外とシンプルな恋愛映画でしたが、
逆に新鮮な印象を受けました。

最近、どうも恋愛映画は誰かが死んだり、
もう逢えないとか、そんなことばっかりで、
なぜだか恋愛とお涙頂戴の境が見えませんでしたが、
本来は、こういう駆け引きを楽しむドラマだったなあ、と。

しかし、本当にこの映画はシンプルにそれだけ。
別に絢爛豪華でもなく、大人の恋愛でもなく、
フランスのエスプリというより、ただ駆け引きだけ。
その結末に何を見いだすかは、人それぞれだろうなあ。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4┃ Column (観おわったあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

恋とはシナリオである。
人生という舞台での、重要な一幕である。

シナリオには書き手がいて、演じ手がいる。
この幕では、誰もが書き手になりたがり、
誰もが、その主役を演じようとする。

社交界で、数多くの駆け引きを知り、
そして自らも演じてきたであろう、
美しき、ランジェ公爵夫人。

百戦錬磨のシナリオライターは、
アフリカ帰りの勇猛果敢な将軍という、
出逢ったこともないような「俳優」を見て、
きっと、新たなる創造意欲が湧いたのだろう。

興味を示し、自邸に招き入れるが、
ひとしきり話を聴いたところで、
連れない素振りで、おいとまを告げる。

時には夫がいるからと言い、
時には神父に告解をしたり、
公爵夫人は、将軍に気があるようで、
いつも、それを否定するかのように振る舞う。

振り回されれば、振り回されるほど、
将軍は悩み、どうすればいいのかと、
時には夫人に当たり、時には帰ろうとする。

それこそが、夫人のシナリオなのだ。
将軍が、忘れようとすればするほど、
彼女のことを忘れられなくなるのである。

果たして、将軍がどのように演じるのか。
単純な男は、予想どおりに手のひらの上で踊り、
哀れにも愛を懇願し、夫人には痛快であった。

しかし、ここで演じ手は意外なアドリブを入れる。
「斧に触れるな」と言い残し、彼は舞台を降りる。
そして、二度と戻ることはなかった。

そんなことはないと、夫人はシナリオを読みかえす。
将軍の手紙を破り捨て、そして口づけをする。
気がつけば、舞台の上にいるのは自分だった。
そして、私はひとり芝居をしているだけだった。

思い返せば、本当に恋はシナリオなのか。
将軍は、本当に舞台で恋を演じていたのか。
私は何を楽しみにシナリオを書き、
彼を踊らせて、喜んでいたのだろうか。

社交界という狭い世界の外には、
全く違う考え方と、全く違う人々がいる。

そんな彼らを、恋の舞台に上げたところで、
彼らは自分の人生を演じているだけで、
決められたセリフを読んでいるわけではない。

将軍は真っ直ぐな男で、プライドも高く、
自分が手なずけているようでも、本当は、
公爵夫人とは全く遠いところにいたのである。

ルールの違う人々と出逢ったとき、
自らのルールを押しつけてはならない。
勝手に処刑人の斧に触れてはいけないように。

異なる文明、異なる信仰、異なる価値観が、
互いを押しつけようとしたときには、
結末にはいつも悲劇が、待っているだけである。

2008/4/12 岩波ホールにて。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃6┃ 次回予告 ほか
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その他、筆者からのお知らせなどなど。


★次回予告「王妃の紋章」……………………………………………

チャン・イーモウ監督の最新作は、今回も歴史系超大作らしい。
主役にチョウ・ユンファとコン・リーという、これまた大御所を
配して、五代十国時代の絢爛豪華な貴族社会を描くものだという。
そろそろ彼にも、こぢんまりとした映画に戻ってきてほしいが…。

で、次回もお楽しみに。次回は水曜の予定。
http://wwws.warnerbros.co.jp/ouhi/


★今後の予定など………………………………………………………

さて、4月は毎年オスカー候補作が目白押しです。
まあ、忘れられないうちに公開したいですもんね。

「つぐない」はキーラ・ナイトレイが、
「プライドと偏見」の監督と再び組んで、
かなり多くの部門でノミネートされていた作品です。
結果的に、あまり目立ちませんでしたが…。

「フィクサー」もそうですね。
ティルダ・スウィントンが助演女優賞を獲りました。
彼女は「コンスタンティン」でも「ナルニア…」でも、
いつも「人間じゃない」雰囲気があって(?)、
個人的に好きな女優さんだったので、ちょっと嬉しかったのですが。

というわけで、これからもお楽しみに。

「つぐない」http://www.tsugunai.com/
「フィクサー」http://www.fixer-movie.com/
「ジェイン・オースティンの読書会」
http://www.sonypictures.jp/movies/janeaustenbookclub/
「ファクトリーガール」http://www.factorygirl.jp/
「ラフマニノフ ある愛の調べ」http://rachmaninoff.gyao.jp/

★最新情報はブログにて!!…………………………………………

ブログには過去掲載作などがまとめて載っています。
http://filmandlife.seesaa.net/

※ 実はケータイからも同じアドレスでみられます。要Check!

ブログなら、かしこまったメールをすることもなく、
小さなコメントや、筆者へのリクエストを書き込めます。

また、筆者が映画を見終わった直後の感想や、休刊情報、
映画とは全く関係ない筆者の近況まで、いろいろ掲載中。
ぜひぜひアクセスしてください!!


★これまでのバックナンバー…………………………………………

バックナンバー、メルマガの紹介や登録関係などについては、
それぞれ以下のページをご参照くださいませ。

http://www.mag2.com/m/0000197069.html(まぐまぐ)
http://www.melma.com/backnumber_33635/(メルマ)

メルマのバックナンバーは、第1号から掲載されています。
ただし検索機能がついておりませんので、
ここ2年については、ブログの方が探しやすいと思います。
http://filmandlife.seesaa.net/(筆者のブログ)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【映画のなかの人生、映画のような人生。】
 Vol.786 2008年4月14日
 発行者:Ak. http://filmandlife.seesaa.net/
 (C)2001-2008 Ak. All rights reserved.
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎映画のなかの人生、映画のような人生。
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000197069/index.html
posted by Ak. at 12:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。