現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2008年04月15日

メルマガVol.782「バンテージポイント」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                  ___________
  Vol.782「バンテージポイント」★★★    2008.3.28(金)
 ̄                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   スペインでの会見中に大統領が狙撃される。事件を追う男、
   一般市民、報道カメラ、そして犯人の計画した行動は?

  【2】Michelin
   ルーブル丸の内ほか、各地シネコンで上映中。やや混み。

  【3】Review
   テレビ的展開と映像の迫力で、あっという間に魅せる90分。

  【4】Column
   予期せぬ出来事があると、人々の感情も予期せぬものになる。

______________________________________________Vantage Point

アメリカでも好評らしいサスペンス映画。大統領暗殺事件の捜査を
進めると、目撃者がそれぞれ言い分を言い合って、次第に真実が
分からなくなっていくという推理モノになっているらしい。って、
実際に観てると、むしろ推理というよりアクション映画でしたが。

<オフィシャルサイト>
http://www.sonypictures.jp/movies/vantagepoint/


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃ STORY (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スペインでの会見中に、大統領が狙撃される。すぐさま護衛の
シークレットサービスが捜査を始め、狙撃犯や容疑者を追うが、
一見、無縁の市民や刑事が、それぞれの思惑で行動を始め、
もちろん全てを見とおして、犯人たちは計画を進めていた…。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃ 上映館ミシュラン (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

サロンパスルーブル丸の内他、
いろんなシネコンでやってます。
あっという間に終わるし、ふと帰りに、
シネコンに寄って、ちょっと観るにはとてもいい映画です。

満席になるとは思いませんが、
週末はちょっとくらいは混むのかな?

▼有楽町 サロンパス ルーブル丸の内
11:00/13:00/15:00/17:00/19:00〜20:45(終)

▼新宿 新宿バルト9
〜4/4(金) 10:20/14:55/16:55/19:30/21:35/23:35〜1:15(終)
4/5(土)〜 時間は直接劇場へお問い合わせ下さい

▼豊洲 ユナイテッド・シネマ豊洲
3/29(土) 10:45/12:45/14:45/16:45/18:45/20:45/23:15〜0:55(終)
3/30(日)〜4/4(金) 10:45/12:45/14:45/16:45/18:45/20:45〜22:25(終)
4/5(土)〜 時間は直接劇場へお問い合わせ下さい

▼六本木 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
3/29(土) 10:20/12:35/15:00/17:15/19:35/21:55/24:05/26:15〜28:00(終)
3/30(日) 10:20/12:35/15:00/17:15/19:35/21:55〜23:40(終)
3/31(月) 10:20/12:35/15:00/17:15〜19:00(終)
4/1(火)〜4/2(水) 10:20/12:35/15:00/17:15/19:35/21:55〜23:40(終)
4/3(木) 10:20/12:35/15:00/17:15/19:35/21:55/24:05/26:15〜28:00(終)
4/4(金) 12:35/15:00/17:15/19:35/21:55/24:05/26:15〜28:00(終)
4/5(土)〜 時間は直接劇場へお問い合わせ下さい

▼品川 品川プリンスシネマ プレミアスクリーン
〜4/4(金) 9:50/14:30/16:50/19:10/21:15〜22:55(終)
4/5(土)〜4/6(日) 10:00/14:30/16:50/19:10〜20:50(終)

▼東武練馬 ワーナー・マイカル・シネマズ板橋
〜4/4(金) 12:45/14:50/19:20/21:25〜23:05(終)
4/5(土)〜 時間は直接劇場へお問い合わせ下さい

▼豊島園 ユナイテッド・シネマとしまえん
3/29(土) 17:00/19:45/22:15/0:15〜1:55(終)
3/30(日)〜4/4(金) 17:00/19:45/22:15〜23:55(終)
4/5(土)〜 時間は直接劇場へお問い合わせ下さい

▼お台場 シネマメディアージュ
3/29(土) 13:50/16:00/18:10/20:20/22:30/0:40〜2:20(終)
3/30(日)〜4/4(金) 13:50/16:00/18:10/20:20〜22:00(終)
4/5(土) 16:00/18:10/20:20/22:30/0:40〜2:20(終)
4/6(日)〜 16:00/18:10/20:20〜22:00(終)

▼渋谷 渋谷TOEI2
11:30/13:25/15:20/17:15/19:10〜20:50(終)

▼新宿(歌舞伎町) 新宿ミラノ
11:20/13:20/15:20/17:20/19:20〜21:05(終)


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃ Review (観おわったあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ポイント】★★★

<内訳>
テーマ   :★★
ストーリー :★★★★
キャスト  :★★★★
スタッフ  :★★★

>テーマ ★★<
基本的には娯楽映画なので、何らかの主張があるわけではない。
いろんな人々の行動がつながっているよ、ってことだろうか?

>ストーリー ★★★★<
事件展開を、人物ひとりひとり、時間を巻き戻しながら説明する。
ただし最後は一本調子で、まさにハリウッドな迫力で乗り切る。

>キャスト ★★★★<
冒頭のシガニー・ウィバーを始め、意外と大物俳優が揃っている。
大統領役のウィリアム・ハートにも雰囲気があり、案外いい。

>スタッフ ★★★<
登場人物毎に場面が変わり、そのたびにオチを隠すテレビ的演出。
あとは迫力で逃げ切るんだけど、まあ展開の妙があるからいっか。

>総評 ★★★<
なかなか、面白かったです。娯楽映画として。
90分で、ハラハラさせて、すっきり終わる。
いわゆる「ハリウッドな」映画を求めるなら、ピッタリ。

登場人物が複数出てきて、目撃状況を描くので、
予告に書いたとおり「藪の中」なのかと思ったら、
別に推理劇としては、単に展開を区切っているだけでした。

時間が巻き戻る演出は、「ランローララン」っぽくて、
個人的にはカッコ良かったのですが…それだけかな。
まあ、楽しいアクションが好きな人は、どうぞ。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4┃ Column (観おわったあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

サイレンが鳴る。警察が来る。
そして群衆が集まってくる。

ある事件の現場というのは、奇妙な体験である。
それまで、何の変哲もない日常だった空間が、
突然、その時間から特別な場所に変わるのだ。

あの、テレビの中にあった世界が、
いま、目の前にあるのだという感覚。
いつも遠い世界に見えていた出来事が、
唐突に自分を包んでいく違和感である。

私が高校時代に、ある関係者が逮捕されたことがある。
授業を待っているはずのクラスが、
少しずつ違和感を覚えはじめ、やがて、
真実が告げられると、妙な緊張が走り出した。

これから、予期せぬことが起きるんだ。
日常が壊れていくことに、ちょっとした満足。
そして、どうなるのか分からない未来への不安。

それは、きっと自分ひとりではなく、
その場にいる、誰もが共有している緊張であり、
待ち望んでいたスリルであり、意図せぬ恐怖である。

予想もしない事態に、ないまぜの感情でそこにいる。
恐怖に従い、その場から逃げるか。
それとも好奇心に従い、行動するのか。
どのように対処するかで、その人の真価が問われる。

もちろん、大統領暗殺の現場では、
シークレットサービスは犯人を追うだろう。
犯人は、全く別の意図で行動しているだろう。
一般市民の大半は恐怖で逃げ出し、しかし、
限られた誰かは、何かの行動をするかもしれない。

人々はバラバラに動き、目的もバラバラに生きる。
全ての入り乱れた行動が、事件を難しくするし、
一方で手がかりを与えたり、誤解をもたらすこともある。

ただひとつ、確かなことは、きっと。
誰も未来は、予想できないということだ。
完全に計画された犯罪も、小さな誰かの行動で、
ひょっとすると壊れたり、防げたりするかもしれない。

ひとりひとりの人生はバラバラだが、
一方で、全ての人生が絡み合って社会はある。
予想できない事態に陥った人々は、必ず、
予想できない行動を起こすものだから。

予想できないからこそ、人生は面白く、
悪党の計画は挫折し、世界はいつも緊張している。
たまにそんなこともめぐってくるから、
人々は平凡な日常の、平凡さに気づいて、
そこに安心を覚え、つまらないと思ったりもするのである。

2008/3/27 ユナイテッドシネマズとしまえんにて。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃6┃ 次回予告 ほか
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その他、筆者からのお知らせなどなど。


★次回予告「悲しみが乾くまで」……………………………………

「しあわせな孤独」「アフターウェディング」と、次々とすごい
映画を撮ってくるスサンヌ・ビア監督が、ついにアメリカへ進出。
主演はハル・ベリーとベニチオ・デル・トロ。アメリカ基準での
環境が整ったとはいえ、ハリウッド進出=成功ではないからなあ。

で、次回もお楽しみに。次回は来週火曜の予定。
http://www.kadokawa-pictures.co.jp/official/things_we_lost_in_the_fire/


★今後の予定など………………………………………………………

さて来月以降は、とりあえず以下のような予定。
4月は毎年、オスカー候補作が目白押しです。
まあ、忘れられないうちに公開したいですもんね。

「つぐない」はキーラ・ナイトレイが、
「プライドと偏見」の監督と再び組んで、
かなり多くの部門でノミネートされていた作品です。

「フィクサー」もそうですね。
ティルダ・スウィントンが助演女優賞を獲りました。
「モンゴル」は浅野忠信が主演の映画で、
外国語映画部門でノミネートされていたカザフスタン映画。

というわけで、これからもお楽しみに。

「ジェリーフィッシュ」http://www.jellyfish-movie.com/
「モンゴル」http://www.mongol-movie.jp/
「ランジェ公爵夫人」http://www.cetera.co.jp/Lange/
「王妃の紋章」http://wwws.warnerbros.co.jp/ouhi/
「つぐない」http://www.tsugunai.com/
「フィクサー」http://www.fixer-movie.com/
「ジェイン・オースティンの読書会」
http://www.sonypictures.jp/movies/janeaustenbookclub/
「ファクトリーガール」http://www.factorygirl.jp/
「ラフマニノフ ある愛の調べ」http://rachmaninoff.gyao.jp/

★最新情報はブログにて!!…………………………………………

ブログには過去掲載作などがまとめて載っています。
http://filmandlife.seesaa.net/

※ 実はケータイからも同じアドレスでみられます。要Check!

ブログなら、かしこまったメールをすることもなく、
小さなコメントや、筆者へのリクエストを書き込めます。

また、筆者が映画を見終わった直後の感想や、休刊情報、
映画とは全く関係ない筆者の近況まで、いろいろ掲載中。
ぜひぜひアクセスしてください!!


★これまでのバックナンバー…………………………………………

バックナンバー、メルマガの紹介や登録関係などについては、
それぞれ以下のページをご参照くださいませ。

http://www.mag2.com/m/0000197069.html(まぐまぐ)
http://www.melma.com/backnumber_33635/(メルマ)

メルマのバックナンバーは、第1号から掲載されています。
ただし検索機能がついておりませんので、
ここ2年については、ブログの方が探しやすいと思います。
http://filmandlife.seesaa.net/(筆者のブログ)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【映画のなかの人生、映画のような人生。】
 Vol.782 2008年3月28日
 発行者:Ak. http://filmandlife.seesaa.net/
 (C)2001-2008 Ak. All rights reserved.
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎映画のなかの人生、映画のような人生。
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000197069/index.html
posted by Ak. at 12:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。