現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2008年03月24日

メルマガVol.778「ライラの冒険」★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_              _______________
  Vol.778「ライラの冒険」★★        2008.3.11(火)
 ̄               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   孤児のライラは、叔父や校長からの厳しい教育に不満気味。
   ある日、美しい夫人に付いて、ついに学校を抜け出すが…。

  【2】Michelin
   丸の内ピカデリーほか、各地のシネコンで上映中。空いてる。

  【3】Review
   ハリポタ風の紙芝居。超大作ファンタジーの典型的失敗例。

  【4】Column
   ファンタジーの力は、知らない世界を受け入れる力である。

_________________________________________The Golden Compass

昨年からずっと予告編を流している、流行のファンタジー超大作。
キャストはニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグなど、
とにかく超豪華で、映像もふんだんなCGを用いてスケール大。
…まあ、だからといって、面白いとは限らないのが映画ですが。

<オフィシャルサイト>
http://lyra.gyao.jp/



┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃ STORY (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

学校で寮生活を送る孤児のライラは、厳しい教育に不満気味。
ある日、叔父や校長が不思議な研究をしているのを目撃して、
興味が湧いた彼女は、怪しい夫人に付いてついに学校を抜け出す。
しかし、彼女を待ち受けていたのは、意外な出逢いばかりだった。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃ 上映館ミシュラン (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

丸の内ピカデリーほか、各地のシネコンでやってます。
大きな画面じゃないと、つまらないでしょうねえ…。
そんなに混んでません。ぜひシネコンへどうぞ。

▼有楽町 丸の内ピカデリー1
〜3/14(金) 10:50/13:30/16:10/18:50〜20:55(終)
3/15(土)〜 時間は直接劇場へお問い合わせ下さい

▼新宿 新宿バルト9
〜3/13(木) 12:10/14:35/17:05/19:35/21:55/0:15〜2:20(終)
3/14(金)〜 時間は直接劇場へお問い合わせ下さい

▼新宿(歌舞伎町) 新宿ミラノ
14:10/16:35/19:00〜21:10(終)

▼池袋 池袋HUMAXシネマズ4
〜3/14(金) 10:15/12:45/15:15/17:45/20:10〜22:10(終)
3/15(土)〜 時間は直接劇場へお問い合わせ下さい

▼品川 品川プリンスシネマ
3/12(水) 10:15/12:30/12:50/15:00/15:25/17:45/18:10/20:15/20:40〜
22:45(終)
3/13(木) 12:30/12:50/15:00/15:25/17:45/18:10/20:15/20:40〜22:45(終)
3/14(金) 12:50/15:00/15:25/17:45/18:10/20:15/20:40〜22:45(終)
3/15(土)〜3/16(日) 10:15/12:50/15:00/15:25/17:45/18:10/20:15/20:40〜22:45(終)

▼豊洲 ユナイテッド・シネマ豊洲
〜3/13(木) 10:45/13:15/14:30/15:45/18:15/20:45/21:00〜23:05(終)
3/14(金) 10:45/13:15/15:45/16:45/18:15/19:15/20:45/21:45〜23:50(終)
3/15(土)〜 時間は直接劇場へお問い合わせ下さい

▼六本木 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
3/12(水) 10:10/11:05/12:45/13:40/15:25/16:15/18:05/18:50/20:45
/21:25〜23:35(終)
3/13(木) 10:10/11:05/12:45/13:40/15:25/16:15/18:05/20:45/21:25/24:00/24:10/26:35/26:45〜28:55(終)
3/14(金) 10:25/13:00/15:40/18:20/21:25/24:00/26:35〜28:45(終)
3/15(土)〜 時間は直接劇場へお問い合わせ下さい

▼東武練馬 ワーナー・マイカル・シネマズ板橋
〜3/14(金) 10:50/13:25/16:00/19:05/21:40〜23:45(終)
3/15(土)〜 時間は直接劇場へお問い合わせ下さい

▼豊島園 ユナイテッド・シネマとしまえん
〜3/14(金) 9:15/11:45/14:15/16:45/19:15/21:45〜23:48(終)
3/15(土)〜 時間は直接劇場へお問い合わせ下さい

▼お台場 シネマメディアージュ
〜3/14(金) 11:50/14:20/15:50/16:50/18:20/19:20/20:50〜22:55(終)
3/15(土) 11:50/14:20/15:50/16:50/18:20/19:20/20:50/21:50/23:20/0:20/1:50〜3:55(終)
3/16(日)〜 11:50/14:20/15:50/16:50/18:20/19:20/20:50〜22:55(終)

▼渋谷 渋谷ピカデリー
〜3/14(金) 11:00/13:40/16:20/19:00〜21:10(終)
3/15(土)〜 時間は直接劇場へお問い合わせ下さい


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃ Review (観おわったあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ポイント】★★

<内訳>
テーマ   :★
ストーリー :★★
キャスト  :★★★
スタッフ  :★★★★

>テーマ ★<
3部作とはいえ、何で主人公が戦っているのかが分かりづらい。
目的が見えないまま、全体的にはイライラの冒険である。

>ストーリー ★★<
個々の場面では、ちょっとしたエピソードも光ったりはするが、
全体を通して物語に統一感がなくもたつくのはハリポタと同じ。

>キャスト ★★★<
主人公はともかく、キッドマンは見るなりに怪しく、クレイグは
見るなりにカッコイイ。ファンタジーとしての人物像は良い。

>スタッフ ★★★★<
これだけのCGと世界観を、ちゃんと作り上げたのは凄いと思う。
もちろん、それを活かす物語があっての映画では、ありますが。

>総評 ★★<
全体的に、ハリポタの主人公が女の子に変わっただけの印象。

昔、ハリポタのレビューでも書いたように、
ファンタジーの本を映画にするに当たって、
「2時間」という枠で、何を訴えるか?
というテーマがないと、映画として生きてこない。

数少ない成功として、指輪物語には、
やはり強烈な「指輪」の存在と、
それを捨てるという最大の目的があり、
そこに向かって、人々のドラマが動く。

そういうものがないと、本としてはともかく、
映画としては難しい。ハリポタも、ナルニアも。
本作も同じ。ま、とはいえそういう世界観が好き、
という人がいることは否定しませんので、お好きであれば。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4┃ Column (観おわったあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

子どもの頃は、世界は広くて、
世の中は不思議なことばかりだった。

自分の世界は、いつも限られた家の中。
学校と、家と、いくつかの買い物先。
点と点を結ぶ線のようなものでしかなかった。

いつか、違うところへ行ってみたい。
その先には、いったい何があるんだろう。

それが、ファンタジーの原点なんだと思う。
ライラが寮から飛び出し、世界の果てに向かう。
そこでは、誰も知らない不思議な存在、
「ダスト」の謎が、彼女を待っている。

一方で、彼女を追う「教権」の存在もある。
世界を飛び出ることで、彼女はまた、
この社会を支配する人間たちの構造に気づき、
その奥にある、人間たちの悪意にも気がついていく。

真実を教えるゴールデンコンパスを、
人は誰もが、手にしていたのだろう。
だからいま、こうして世の中に根ざし、
オトナになって、人は生活を切り盛りしていける。

真実を何も知らないまま、
オトナになってしまうほど、
不幸な出来事はないはずだ。

真実を知らなければ、他人が分からない。
真実を知らなければ、他人を愛せない。
自分だけの思いこみで生きていくことは、
本人も、何よりも近くの人々も、簡単に傷つけてしまう。

しかし、最近のニュースを聴いていると、
そんな大人たちが、いかに多いことか。
彼らはきっと、こんなファンタジーの世界を、
通りすぎないままに、オトナになったのかもしれない。

自分たちの、知らない世界へ飛び出していく。
知らない世界を、受け入れていく。
物語には、その大切さを伝える力がある。

例え、映画としてはイマイチでも、
子どもの時には、見るべき物語は違うのかも。
きっとそうなんだろう。そういうことにしておこう。

2008/3/7 ヒューマックスシネマズ池袋にて。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃6┃ 次回予告 ほか
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その他、筆者からのお知らせなどなど。


★次回予告「ペネロピ」………………………………………………

すっかり汚れ役が板に付いてきたクリスティーナ・リッチですが、
今回はついに、豚さんになってしまいました…。というのも、
恵まれない容姿に悩むお嬢様が、自分探しの旅に出るという、
ファンタジックなラブコメディ、なんだそうで。どうなのかなあ。

で、次回もお楽しみに。次回は木曜の予定。
http://www.penelope-movie.com/


★今後の予定など………………………………………………………

来週以降は、とりあえず以下のような予定。
お気づきのとおり、例によってこの時期は忙しく、
あまり映画を観る時間がないのですが、話題作はいっぱい!

何てったって、ウォン・カーウァイ監督の新作、
「マイ・ブルーベリー・ナイツ」が公開されます!
アメリカでの撮影!主演はノラ・ジョーンズ!
新たなるウォン・カーウァイの挑戦が楽しみです。

他にも、コーエン兄弟がまたも殺人鬼を描いて、
見事にオスカーを受賞した「ノーカントリー」や、
スサンヌ・ベアがついにアメリカで撮影したという、
「悲しみが乾くまで」など、面白そうな映画だらけ。

というわけで、これからもお楽しみに。

「アメリカを売った男」http://www.breach-movie.jp/
「ノーカントリー」http://www.nocountry.jp/
「ジェリーフィッシュ」http://www.jellyfish-movie.com/
「マイ・ブルーベリー・ナイツ」
http://www.blueberry-movie.com/
「悲しみが乾くまで」
http://www.kadokawa-pictures.co.jp/official/things_we_lost_in_the_fire/


★最新情報はブログにて!!…………………………………………

ブログには過去掲載作などがまとめて載っています。
http://filmandlife.seesaa.net/

※ 実はケータイからも同じアドレスでみられます。要Check!

ブログなら、かしこまったメールをすることもなく、
小さなコメントや、筆者へのリクエストを書き込めます。

また、筆者が映画を見終わった直後の感想や、休刊情報、
映画とは全く関係ない筆者の近況まで、いろいろ掲載中。
ぜひぜひアクセスしてください!!


★これまでのバックナンバー…………………………………………

バックナンバー、メルマガの紹介や登録関係などについては、
それぞれ以下のページをご参照くださいませ。

http://www.mag2.com/m/0000197069.html(まぐまぐ)
http://www.melma.com/backnumber_33635/(メルマ)

メルマのバックナンバーは、第1号から掲載されています。
ただし検索機能がついておりませんので、
ここ2年については、ブログの方が探しやすいと思います。
http://filmandlife.seesaa.net/(筆者のブログ)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【映画のなかの人生、映画のような人生。】
 Vol.778 2008年3月11日
 発行者:Ak. http://filmandlife.seesaa.net/
 (C)2001-2008 Ak. All rights reserved.
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎映画のなかの人生、映画のような人生。
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000197069/index.html
posted by Ak. at 11:13| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。