現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2008年03月20日

新・浦和レッズ、開幕!

今日のナビ杯、浦和VS神戸戦。
放送が見られない人も多いでしょうから、
久しぶりに、真面目な観戦記を。


最初に言っておきますが、
悲観すべき結果ではないと思う。

ようやくフロントが決断をして、
エンゲルスが監督になりました。
開幕を風邪で休んだ私にとっても、
この試合が、本当の開幕ですね。

前半は、ひどいもんでした。
エンゲルスが選んだのは3トップ。
しかし実際の布陣を見ていると、
両サイドは張り出しっぱなしで、
3トップは2シャドウ気味。

つまり、中盤には2人しかいない。
どっちかというと、これは3−2−5。
5トップです。10人の半分は攻撃に。
前線はまるで守備ラインみたい(笑)。

ところが、神戸はどんどん前に出てくる。
すると、中盤2人が完全に孤立。
左右を見ても、暢久か細貝しかいない。
仕方なく後ろに戻すと、そこが狙われる。

堤はもちろん、坪井だって、
こんなプレッシャーのなかで、
いままでボール回したことないはず。
浦和の守備ラインは、いつも低かったわけで。

完全に、5人攻撃と5人守備が分断され、
混乱するディフェンスのさらなる問題は、
絶対的なコミュニケイションの不足。

「後ろ来てるぞ」とか「フリーだぞ」、
といった声が、きっと出ていないので、
無駄なクリアや、無理なキープが目立ち、
次々とボールを失って、ピンチの連続。

でもまあ、やったことのない組織だし。
新しいメンバーも多いので、仕方ない。
1失点目は、レアンドロのマークが外れ、
見事なドライブをかけられたので、やむなし。

0−1でハーフタイムに。
修正すべき点は、以下のとおり。

1.長いパスをつなぐこと
 いままでは、ずっと個人技に頼ったなかで、
 近視眼的なパス回ししか、必要なかった。
 状況を打開するのは、ポンテの役目だったし。

 しかし、これだけ前線に人が集まり、
 5人も横に並んでいるわけですから、
 中盤を細かく構成するパスは、必要ない。
 てゆうか、そんなことしてたら危険極まりない。

 だから、1人飛ばしたロングパスを、
 タテはもちろん、横にもどんどん展開する。
 それがこの組織で、必要なやり方のはず。
 頻繁なサイドチェンジ。うーん、見たことない(笑)。

2.両サイドの動き
 とはいえ、5トップでずっとやる、
 てのは、どだい無理な話です。
 3バックは、ただでさえサイドに弱いのに、
 その前に2人しか中盤がいないわけで。

 ということは、やっぱり両サイド、
 平川と相馬は、柔軟に上下動が必要になる。
 時には、中盤を助けてサイドチェンジを行い、
 時には、最終ラインで攻撃を受け止めないと。

 この組織でやる以上、両サイドは、
 サイドに貼りつくだけじゃダメです。
 そんな動きが、できるかなあ…。

3.中盤の役割分担
 中盤ったって、2人しかいないんですが。
 細貝と暢久、どうみてもカブってるんだな。
 どっちが上がって、どっちが下がるとか、
 そういう役割意識が、まだできてないわけで。

 そのくせ、いままで通りに中盤で、
 パスを回そうとするので、二人が寄ってくる。
 するとますます地域が狭くなり、ボールを奪われ…。
 目も当てられない。それが前半だったわけです。


ところが、注目は後半の入り。
おぉ。何と、この修正点が、
全てクリアされてるじゃないですか?!

選手たちは、積極的にサイドチェンジを使う。
両サイドは、上下動以外にも、
だいぶ自由な動きを取りもどしました。

何よりも、選手たちが走りはじめた。
最終ラインがだいぶコンパクトになり、
堤や坪井が攻撃参加して、無理なパスして、
失笑を誘う場面さえある。やればできるじゃん!

大きなパスが、一発でチャンスを生み出す。
平川から相馬。梅崎から永井へ。
そしてクロスが上がるときには、
ゴール前に3人も人がいるなんて!

…こんなサッカー、いままでの浦和で、
全然観たこと、ありませんでした。
あとはフィニッシュさえ決まれば、
完璧だったんですけどねー。


結果は残念なものではありましたが、
内容は、決して悲観するものではなく。
浦和は、新しいチームに生まれ変わりました。
全く新しい目標に、新しいメンバーが挑戦する。

3トップ。ワイドな攻撃。
高崎やセルヒオにも出番がある。
面白かったですよ、高崎。ヘッドは強いし。
18歳で活躍って、世界的にはフツーだし。

すぐには結果が出ないかも知れません。
でも、1週間でこれだけできたわけで。
もちろん、前半に失点していなければ、
後半から、あんなに捨て鉢な変化は、
できなかったかもしれませんが…。

でも、この内容なら我慢できます。
アーセナルだって、強くなるまで、
私が、どれだけ我慢したことか。
センデロスやクリシの凡ミスに、
どれだけ煮え湯を飲まされてきたことか(笑)。

でも、我慢したからこそ、いまの強さがある。
選手が成長し、コンビネーションが生まれ、
ちょっとやそっとじゃ真似できない、
新しいフットボールが、生まれるわけで。

最近のスター集め、個人技中心の流れのなかで、
じっくりチームを作るということは、
なかなか難しいことですが、今年の浦和は、
そんなチーム作りに挑戦することになりそうです。

いやー、こんなチームを応援したかったんだ(笑)。
勝敗が全てじゃない、ってこういうことだよ。
頑張れ、エンゲルス。頑張れ、浦和レッズ!
久々にアウェイも行く気に、なってきたぞー。


今日の観戦は寒かったけどね…(涙)
Ak.



posted by Ak. at 20:52| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90261463
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。