現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2008年03月18日

メルマガVol.775「アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生」★★☆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                     ________
  Vol.775「アニー・リーボヴィッツ
        レンズの向こうの人生」★★☆ 2008.2.28(木)
 ̄                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   いまや著名な写真家リーボヴィッツは、音楽誌に関わり、
   さまざまな人々との出逢いを通じて、成長を続けてきた。

  【2】Michelin
   有楽町、渋谷、新宿での上映。そんなに混んではいません。

  【3】Review
   彼女の出世物語は面白いが、その魅力と意味は伝わりにくい。

  【4】Column
   写真は撮るたびに、自分の世界に違う見方を教えてくれる。

______________________Annie Leibovitz --Life through a lens

有名人を次々と撮影してきた、写真家アニー・リーボヴィッツ。
彼女の奔放な人生と、撮影時のパフォーマンス、そのポリシーを、
オノ・ヨーコ、キース・リチャーズら、撮影されてきた人々への
数多くのインタビューを中心にまとめたドキュメンタリー。

<オフィシャルサイト>
http://annie.gyao.jp/

┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃ STORY (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いまや著名な写真家リーボヴィッツは、ファッション誌の撮影に
引っ張りだこ。そんな彼女の始まりは、音楽誌への入社志望から。
数多くの有名バンドを撮影してきた彼女は、さらなる成長のため、
ファッション誌と契約し、新たな師について学びはじめる。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃ 上映館ミシュラン (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

有楽町、渋谷、新宿での3館上映です。
水曜に行きましたが、満席ではなかったので、
恐らく週末も大丈夫?ではないでしょうか。

▼有楽町 シネカノン有楽町2丁目
11:00/13:00/15:05/17:10/19:15/21:20〜23:00(終)

▼渋谷 シネマGAGA!
11:00/12:55/14:50/16:45/18:40/20:35〜22:15(終)

▼新宿(歌舞伎町) 新宿ミラノ
11:40/13:35/15:30/17:25/19:20〜21:00(終)


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃ Review (観おわったあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ポイント】★★☆

<内訳>
テーマ   :★★
ストーリー :★★★
キャスト  :★★★★★
スタッフ  :★★

>テーマ ★★<
リーボヴィッツの半生は分かるが、そのなかで彼女が何を得て、
どのような決意で、どこへ向かっていくのかは、分かりづらい。

>ストーリー ★★★<
出世物語として捉えると、いろんな展開があってなかなか面白い。
時間も1時間半もないので、あっという間に終わってしまう。

>キャスト ★★★★★<
リーボヴィッツの鋭い目線と、ユニークな言動に引き込まれる。
豪華キャストが、珍しい話題を楽しそうに話す姿も興味深い。

>スタッフ ★★<
作り手は親族なのだから、普段着の姿が見えるのは分かるが、
その先に、作り手として追究したい彼女の姿が見えてこない。

>総評 ★★☆<
なかなか面白かったです。
ああ、こんな人が雑誌の表紙を撮っているんだ、と。

でも、この人が写真に賭ける想いは伝わっても、
具体的に、彼女の写真が他とはどう違っていて、
それは彼女のどんな努力の結果なのか?という、
「理由」が、いまいち伝わってこない気がする。

すごい人で、すごい経験をしてきたのは分かる。
その結果が、どのように活きているのか。

「アンリ・カルティエ=ブレッソン 瞬間の記憶」でも、
同じことを思いましたが、そこが素人にも、
ある程度分かると、良かったようにも思うのですが。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4┃ Column (観おわったあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

カメラは楽しい。撮るのは楽しい。
撮られるのは、人によるようだが。

いまだに多くのカメラが電器店に並び、
そのたびに、買う気もないのに眺めてしまう。
カメラは、不思議な魅力を持っている製品だ。

「死ぬまで写真を撮っていたい」
リーボヴィッツは断言している。
自分の大家族を、写真に撮るのが好きで、
それを仕事に、ずっと活躍してきた彼女。

なぜ、そこまでカメラは魅力的なのか?

リーボヴィッツの活躍は、ある音楽誌に始まる。
ストーンズも、ジョン・レノンも、
彼女は全てを撮影してきた。

被写体に密着し、被写体とともに暮らし、
被写体と撮影者の境界線がおぼろになる。
被写体は、写されることを意識しなくなり、
自分を「見せる」ことをしなくなっていく。

その瞬間に、写された写真には、
誰も知らなかった本質があるという。
見えてこなかった事実が見えるという。

私たちが、知っていたはずのミュージシャンが、
実は、裏側ではこんな表情をしているのだ。
私たちが、よく知っているはずの舞台劇でも、
実は、踊り手がこんなにも疲れていたりするのだ。

鋭いナイフで、抜き取られた真実。
見ていたはずの風景に、写された見えないもの。
そこから想像できる、新しい日常の風景。

そんな、ありふれた日常を壊すような何かが、
現像するたびに浮かび上がってくる。
デジカメの再生ボタンを押すたびに、
よく見た光景の意外な姿が浮かび上がる。

それが、きっとカメラの魅力なのだろう。
アンリ・カルティエ=ブレッソンの話では、
絵画は瞑想であり、写真はナイフだという。

絵は、じっくりと頭で考えた世界が、
具体的なイメージになっていくのだが、
写真は、考えたこともないような世界が、
突然、イメージとして生まれてしまうのだ。

そういう日常の新たな焼き直しを、
自らの手で、進めていきたい。
いつも新鮮な世界で、自分は生きていたい。

つねに発見を生み出す魔法の装置、
カメラの魅力と価値は、
その永遠の新鮮さにあるのだろう。
うーん、私も新しいカメラ、買おうかな。

2008/2/27 渋谷シネマGAGA!にて。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃6┃ 次回予告 ほか
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その他、筆者からのお知らせなどなど。


★次回予告「いつか眠りにつく前に」………………………………

やたらと豪華キャストを揃えた感涙系映画。メリル・ストリープ、
グレン・クローズ、トニ・コレットなど、往年の名女優まで集結。
死の直前に回想する恋の記憶が、次々と人生訓につながっていき、
女性陣の涙腺をどんどん緩ませる、という映画になっている模様。

で、次回もお楽しみに。次回は明日の予定。
http://www.itsunemu.jp/


★今後の予定など………………………………………………………

来週以降は、とりあえず以下のような予定。
お気づきのとおり、例によってこの時期は忙しく、
あまり映画を観る時間がないのですが、話題作はいっぱい!

何てったって、ウォン・カーウァイ監督の新作、
「マイ・ブルーベリー・ナイツ」が公開されます!
アメリカでの撮影!主演はノラ・ジョーンズ!
新たなるウォン・カーウァイの挑戦が楽しみです。

他にも、コーエン兄弟がまたも殺人鬼を描いて、
オスカー戦線に生き残っている「ノーカントリー」や、
スサンヌ・ベアがついにアメリカで撮影したという、
「悲しみが乾くまで」など、面白そうな映画だらけ。

というわけで、これからもお楽しみに。

「地上5センチの恋心」http://www.chijou.jp/
「4ヶ月、3週と2日」http://www.432film.jp/
「ライラの冒険」http://lyra.gyao.jp/
「スルース」http://www.sleuth.jp/
「ノーカントリー」http://www.nocountry.jp/
「ジェリーフィッシュ」http://www.jellyfish-movie.com/
「マイ・ブルーベリー・ナイツ」
http://www.blueberry-movie.com/
「悲しみが乾くまで」
http://www.kadokawa-pictures.co.jp/official/things_we_lost_in_the_fire/


★最新情報はブログにて!!…………………………………………

ブログには過去掲載作などがまとめて載っています。
http://filmandlife.seesaa.net/

※ 実はケータイからも同じアドレスでみられます。要Check!

ブログなら、かしこまったメールをすることもなく、
小さなコメントや、筆者へのリクエストを書き込めます。

また、筆者が映画を見終わった直後の感想や、休刊情報、
映画とは全く関係ない筆者の近況まで、いろいろ掲載中。
ぜひぜひアクセスしてください!!


★これまでのバックナンバー…………………………………………

バックナンバー、メルマガの紹介や登録関係などについては、
それぞれ以下のページをご参照くださいませ。

http://www.mag2.com/m/0000197069.html(まぐまぐ)
http://www.melma.com/backnumber_33635/(メルマ)

メルマのバックナンバーは、第1号から掲載されています。
ただし検索機能がついておりませんので、
ここ2年については、ブログの方が探しやすいと思います。
http://filmandlife.seesaa.net/(筆者のブログ)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【映画のなかの人生、映画のような人生。】
 Vol.775 2008年2月28日
 発行者:Ak. http://filmandlife.seesaa.net/
 (C)2001-2008 Ak. All rights reserved.
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎映画のなかの人生、映画のような人生。
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000197069/index.html
posted by Ak. at 12:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。