現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2008年03月05日

メルマガVol.773「君のためなら千回でも」★★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                    _________
  Vol.773「君のためなら千回でも」★★★★  2008.2.19(火)
 ̄                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   アフガンから移住した若者に、帰還を促す電話が入ってくる。
   そこは少年時代の、消し去りがたい記憶で満ちた場所だった。

  【2】Michelin
   銀座、恵比寿での2館上映。けっこう空いています。

  【3】Review
   話のテンポや構成は甘いが、細かな伏線が泣かせる佳作。

  【4】Column
   人は多くの罪を犯し、償うべき相手とは逢えないことも多い。

____________________________________________The Kite Runner

「ネバーランド」のマーク・フォスター監督による新作は、
アフガニスタンを舞台にした感動物語。原作はベストセラー。
内容的には、子ども時代の想い出を切なく描く物語でありつつ、
アフガニスタンの厳しい現実も直視した、若者の波乱の半生記。

<オフィシャルサイト>
http://eiga.com/official/kimisen/


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃ STORY (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アフガンから移住した若者に、故国から帰還を促す電話が入る。
少年時代、そこでは召使いの息子が、たった1人の親友だった。
しかし彼は、ある挫折をきっかけにして、彼と疎遠になっていく。
その後、時代に翻弄された2人が出逢うことは、なかったが…。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃ 上映館ミシュラン (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

シネスイッチ銀座、恵比寿ガーデンシネマでの2館上映。
まだ公開直後なのに、けっこう空いていますねえ。
シネスイッチ銀座のレディースデーは金曜なので、お間違えなく。

▼銀座 シネスイッチ銀座
11:10/13:50/16:30/19:15〜21:35(終)

▼恵比寿 恵比寿ガーデンシネマ
11:00/13:40/16:20/19:00〜21:25(終)

▼東武練馬 ワーナー・マイカル・シネマズ板橋
〜2/22(金) 10:50/13:35/18:55〜21:15(終)
2/23(土)〜 時間は直接劇場へお問い合わせ下さい


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃ Review (観おわったあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ポイント】★★★★

<内訳>
テーマ   :★★★
ストーリー :★★★★★
キャスト  :★★★
スタッフ  :★★★

>テーマ ★★★<
若者の半生記だが、少年時代の友情、難民としての移住、家族、
アフガンの現実と、いろいろテーマがあるのに絞りきれない。

>ストーリー ★★★★★<
演出が半端だが、物語そのものは、さまざまな伏線をおいて、
実際に良くできていると思う。涙もろい人は、号泣必死のはず。

>キャスト ★★★<
演出がボケても、演技で引っ張れたりすればいいのだが、主役も、
脇役も、子役も、そこまでのインパクトは残していない。

>スタッフ ★★★<
どこに焦点を当てて盛り上げるのかが見えず、だらだらしている。
原作物にありがちなミス。最後のアフガンでの展開は本当に必要?

>総評 ★★★★<
すごい悩みましたが、4つ星をつけました。
映画としての、出来はあまりよくありません。

本当は少年時代の、赦されない罪について、
贖罪を求める物語のハズなのに、なぜか、
家族物語や、アフガンの現実まで詰め込まれ。

だいぶ総花的で、焦点が定まらないのは、
映画にした側に問題があるような気がします。

でも原作は、なかなか面白いのでは?
随所に張りめぐらされた伏線と秘密が、
皆さんの涙腺をきちんとゆるめてくれるはず。

もう、家族が死ぬとか、恋人が不治の病だとか、
ワンパターンな感動物語に飽き飽きしてる人には、
充分、新鮮な驚きと感動をもたらしてくれるでしょう。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4┃ Column (観おわったあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

30年も生きていると、人は多くの罪を犯す。
私も多くの罪を犯し、償えないままである。

とりわけ、少年時代の罪は拭いがたい。
幼稚園や小学校の頃の、クラスメイトや、
教師たちを見つけることは、すでに難しい。

あの頃、ずっと永遠だと思っていた仲間たちは、
進学とともに、ひとり、またひとりと消え、
もはや、永遠に逢うことのない者の方が多いだろう。

一方で記憶は、いまもなお遺りつづけている。
忘れてもいいはずの失敗や、後悔だけがなお、
心のどこかで、くすぶっているのを感じる。

それから時が経ち、大人になってみれば、
あの時、何をしていれば良かったかが分かる。
しかし、その時にはすでに子どもには戻れず、
そして、謝るべき仲間たちも、ここにはいない。

主人公の男が振り返る、大きな後悔。
守るべき親友を、守れなかった屈辱。
どうしてあの時、自分は逃げてしまったのか。

より後悔すべきなのは、その屈辱を、
見なかったことにしようと、記憶はおろか、
屈辱を想い起こさせる親友まで遠ざけたこと。

どうして、あのとき素直に謝れなかったのか。
どうして、あのとき友だちに戻れなかったのか。

不可解な結末に、狼狽する父の姿も。
去り際の彼の、あの哀しそうな顔も。
何もかもが、彼の少年期に暗い烙印を押す。

そしていつしか、故国アフガンそのものが、
彼のなかで、忌まわしいものになっていた。
誇り高き父と、何も出来なかった自分。
ソ連から、敵から、罪から、自分は逃げてきた。
アフガンにあるのは絶望だけ。そうして忘れてきた。

それから、幾年もの時が流れ。
彼は再び、その罪に直面する。
あの時、逃げ出した想い出に直面する。
あれから、見たくなかった記憶が甦る。

そこにいたのは、文字どおり絶望的な故国と。
遥かに恵まれ、幸せだった自分の存在と。
自分と同じように罪を犯してきた父の姿と。
そして何より、忘れがたい友情の存在だった。

あの時、きっと謝っていたならば。
彼は、私を赦していたに違いない。
なぜならそれが、彼の友情だからだ。

あの時、どうして友を信じられなかったのか。
せめてもの贖罪を果たして、彼は戻ってくる。
そして、ひとまわり大きくなって、彼は戻る。

人間が試されるのは、誰もが触れたくない、
忌まわしい過去や、悲劇に直面した瞬間である。
彼は、その瞬間と向き合い、そして試練に勝った。

例え、赦しを請うべき相手に、もう逢えないとしても。
自らの過ちを認めることで、
人は新たな一歩を踏み出すことができる。
彼はようやく、その新たな一歩を、踏み出したのだ。

2008/2/18 シネスイッチ銀座にて。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃6┃ 次回予告 ほか
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その他、筆者からのお知らせなどなど。


★次回予告「エリザベス・ゴールデンエイジ」……………………

ケイト・ブランシェットの出世作といえば、やはり「エリザベス」。
絶対国王にして1人の女性という、究極の矛盾と苦しみを演じ、
彼女は「恋に落ちたシェイクスピア」とオスカーを争いました。
今回はその続編で、監督も主演も引き続きなので、期待できそう。

で、次回もお楽しみに。次回は金曜の予定。
http://www.elizabeth-goldenage.jp/


★今後の予定など………………………………………………………

来週以降は、とりあえず以下のような予定。
お気づきのとおり、例によってこの時期は忙しく、
あまり映画を観る時間がないのですが、話題作はいっぱい!

何てったって、ウォン・カーウァイ監督の新作、
「マイ・ブルーベリー・ナイツ」が公開されます!
アメリカでの撮影!主演はノラ・ジョーンズ!
新たなるウォン・カーウァイの挑戦が楽しみです。

他にも、コーエン兄弟がまたも殺人鬼を描いて、
オスカー戦線に生き残っている「ノーカントリー」や、
スサンヌ・ベアがついにアメリカで撮影したという、
「悲しみが乾くまで」など、面白そうな映画だらけ。

というわけで、これからもお楽しみに。

「いつか眠りにつく前に」http://www.itsunemu.jp/
「アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生」
http://annie.gyao.jp/
「地上5センチの恋心」http://www.chijou.jp/
「4ヶ月、3週と2日」http://www.432film.jp/
「ライラの冒険」http://lyra.gyao.jp/
「スルース」http://www.sleuth.jp/
「ノーカントリー」http://www.nocountry.jp/
「ジェリーフィッシュ」http://www.jellyfish-movie.com/
「マイ・ブルーベリー・ナイツ」
http://www.blueberry-movie.com/
「悲しみが乾くまで」
http://www.kadokawa-pictures.co.jp/official/things_we_lost_in_the_fire/


★最新情報はブログにて!!…………………………………………

ブログには過去掲載作などがまとめて載っています。
http://filmandlife.seesaa.net/

※ 実はケータイからも同じアドレスでみられます。要Check!

ブログなら、かしこまったメールをすることもなく、
小さなコメントや、筆者へのリクエストを書き込めます。

また、筆者が映画を見終わった直後の感想や、休刊情報、
映画とは全く関係ない筆者の近況まで、いろいろ掲載中。
ぜひぜひアクセスしてください!!


★これまでのバックナンバー…………………………………………

バックナンバー、メルマガの紹介や登録関係などについては、
それぞれ以下のページをご参照くださいませ。

http://www.mag2.com/m/0000197069.html(まぐまぐ)
http://www.melma.com/backnumber_33635/(メルマ)

メルマのバックナンバーは、第1号から掲載されています。
ただし検索機能がついておりませんので、
ここ2年については、ブログの方が探しやすいと思います。
http://filmandlife.seesaa.net/(筆者のブログ)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【映画のなかの人生、映画のような人生。】
 Vol.773 2008年2月19日
 発行者:Ak. http://filmandlife.seesaa.net/
 (C)2001-2008 Ak. All rights reserved.
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎映画のなかの人生、映画のような人生。
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000197069/index.html
posted by Ak. at 11:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。