現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2008年03月03日

メルマガVol.772「歓喜の歌」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_             ________________
  Vol.772「歓喜の歌」★★★         2008.2.15(金)
 ̄              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   小さな町の公営ホールで、大晦日にダブルブッキングが発生。
   いい加減が性分の担当者は、あちこちへと振り回されていく。

  【2】Michelin
   シネカノン有楽町、渋谷、新宿などで上映。やや混み。

  【3】Review
   こぢんまりと良くまとまっているが、何かが足りない。

  【4】Column
   小さな感動が話題を呼び、無意味な競争に価値はないのか。

_______________________________________________かんきのうた

落語家が映画になることはあっても、実際の落語が映画になる、
ってことは少ないです。しかも今回は、立川志の輔の創作落語。
年末になると歌われる恒例の合唱ソングと、会場をめぐって、
七転八倒の大喜劇になっているらしい。落語の笑いが伝わるか?

<オフィシャルサイト>
http://www.kankinouta.com/


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃ STORY (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

小さな町の公営ホールで、大みそかにダブルブッキングが発生。
2つのママさんコーラスは、お互いに時間も日付も譲らないまま。
いい加減が性分の担当者は、個人的なトラブルも抱えながら、
何とか状況を打開すべく、あちこちへと振り回されるのだが…。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃ 上映館ミシュラン (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

有楽町を始め、渋谷、新宿、お台場でやってます。
私は昼過ぎに行きましたが、それなりの入りだったので、
この映画も、週末は少し混むかも知れません。

昨日の本誌でもお伝えしたとおり、
シネカノンの水曜日は、男女ともに1000円なので、
早く行かないと、満席になってしまうかも。

▼有楽町 シネカノン有楽町1丁目
10:45/13:20/16:00/18:40〜20:50(終)

▼渋谷 アミューズCQN
11:15/13:50/16:25/19:00〜21:05(終)

▼新宿 新宿ガーデンシネマ
10:30/13:15/16:00/18:45〜20:55(終)

▼お台場 シネマメディアージュ
〜2/22(金) 15:30〜17:35(終)


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃ Review (観おわったあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ポイント】★★★

<内訳>
テーマ   :★★★
ストーリー :★★★
キャスト  :★★★★
スタッフ  :★★★★

>テーマ ★★★<
よくまとまっているが、笑いを求めるのか、感動を求めるのか、
合唱の魅力を引き出すのか、八方美人の内容にも見えてしまう。

>ストーリー ★★★<
個々の場面、人々のやりとりは、落語のエッセンスが生きるが、
物語のリアルなつながりの意味では、展開が遅く感じてしまう。

>キャスト ★★★★<
いい加減な男が、次第に懸命になっていく様子を小林薫が熱演。
安田成美の明るさや、他にも豪華キャストの魅力が満載である。

>スタッフ ★★★★<
落語の面白さを、うまく映像にしたという点では評価できる。
下手に映像化するだけでは、ボロボロになった可能性もあるので。

>総評 ★★★<
いい映画だと思いました。よくまとまってます。
伏線や小道具が、最後になってつながるあたりも。
落語の笑いも、ちょっとした感動も、実際の合唱も。

しかし振り返ったときに、何の映画だか分からないんだな…。
笑えるけれど、大爆笑でもないし。
感動するけど、ちょっとした話だし。
合唱は迫力があるけど、そこがメインでもない。

落語として観ると、いい話、いい話芸に満足できるはず。
しかし、映画としてみたときには、いささか、
テーマを多く持ちすぎているような気がします。
まあ、面白いから、それでいいといえばいいのですが。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4┃ Column (観おわったあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ウォーターボーイズ」の頃からだろうか、
新しいスポ根ものが、ちょくちょく流行っている。

男子シンクロに始まって、卓球、俳句、
ブラスバンド、合唱、そしてフラダンス。
野球やサッカーのように、メジャーではなく、
地味なところで頑張る人々に、スポットが当たってきた。

甲子園や国立を目指す物語でもなく、
人々が手を取りあう様子に、注目を集める、
そんな新しい「スポ根」がいまの流行りのようだ。

そこで今回は、ママさんコーラスである。
あの、オバチャンたちが集まっている、あれである。
単なる社交の場でもあるようだが、
もちろん懸命に頑張っているところもある。

別に、有閑マダムだけが集まるわけでもなく、
いまのご時世、パートや育児で忙しいなかを、
必死に時間をとって、やってくる主婦もいる。

もちろん、歌声は素人そのものだが、
彼女たちの集まるパワーは、なかなかである。
その努力と迫力が、感動を伝えていくものだ。

地味なママさんコーラスにも、パワーはある。
努力する者たちは、誰もが美しいからだ。
いい加減だった担当者も、その力に押されたのだ。

一方で、競争としてのスポーツや団体競技は、
もはや、あんまり流行らないのだろうか。
競争のために努力することは、古いことなのだろうか。

昔ながらのスポ根であれば、最後は必ず、
主人公が全国大会で優勝したりする。
でも、そんなところにたどり着けるのは、
ほんの一握りだということを、僕らは知ってしまった。

努力すれば、幸せになれるという言葉が、
せせら笑われる時代になってしまった。
いい学校、いい会社、努力すれば出世する。
そんな古い考えは、バブルとともに弾けていった。

努力したって、勝てないことは分かっている。
だったら、その努力は無駄なんだろうか。
競争すること自体も、本当に無駄なんだろうか。

この映画は、合唱で人々が集まる感動を描く。
もちろん、それもいいな、と思う。いい話だ。
いい話は何度観ても、やっぱりいいと思う。

一方で、捨てられてしまった競争の姿を想う。
世界新記録なんて、絶対出せないと分かっているのに、
なぜかひたすら泳いでいた、自分の高校時代を想う。

母校の水泳部も、志望者が減ってジリ貧状態。
徒競走で、全員に1位をあげる小学校もあるそうな。
小さな感動の物語が、話題を呼んでいく一方で、
忘れられていく何かに、時として僕は哀愁を感じるのだ。

2008/2/15 シネカノン有楽町1丁目にて。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃6┃ 次回予告 ほか
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その他、筆者からのお知らせなどなど。


★次回予告「君のためなら千回でも」………………………………

「ネバーランド」のマーク・フォスター監督による新作は、
アフガニスタンを舞台にした感動物語。原作はベストセラー。
内容的には、子ども時代の想い出を描く物語でありながら、
アフガニスタンの厳しい現実も直視した、ヒューマンストーリー。

で、次回もお楽しみに。次回は来週火曜の予定。
http://eiga.com/official/kimisen/


★今後の予定など………………………………………………………

来週のもう1本は、「エリザベス・ゴールデンエイジ」。
前作はケイト・ブランシェットの出世作であり、
今回も同じ監督、同じキャストで撮影した続編。
そして本作でも、彼女はオスカーにノミネートされています。
http://www.elizabeth-goldenage.jp/


以降は、とりあえず以下のような予定。
お気づきのとおり、例によってこの時期は忙しく、
あまり映画を観る時間がないのですが、話題作はいっぱい!

何てったって、ウォン・カーウァイ監督の新作、
「マイ・ブルーベリー・ナイツ」が公開されます!
アメリカでの撮影!主演はノラ・ジョーンズ!
新たなるウォン・カーウァイの挑戦が楽しみです。

他にも、コーエン兄弟がまたも殺人鬼を描いて、
オスカー戦線に生き残っている「ノーカントリー」や、
スサンヌ・ベアがついにアメリカで撮影したという、
「悲しみが乾くまで」など、面白そうな映画だらけ。

というわけで、これからもお楽しみに。

「いつか眠りにつく前に」http://www.itsunemu.jp/
「アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生」
http://annie.gyao.jp/
「地上5センチの恋心」http://www.chijou.jp/
「4ヶ月、3週と2日」http://www.432film.jp/
「ライラの冒険」http://lyra.gyao.jp/
「スルース」http://www.sleuth.jp/
「ノーカントリー」http://www.nocountry.jp/
「ジェリーフィッシュ」http://www.jellyfish-movie.com/
「マイ・ブルーベリー・ナイツ」
http://www.blueberry-movie.com/
「悲しみが乾くまで」
http://www.kadokawa-pictures.co.jp/official/things_we_lost_in_the_fire/


★最新情報はブログにて!!…………………………………………

ブログには過去掲載作などがまとめて載っています。
http://filmandlife.seesaa.net/

※ 実はケータイからも同じアドレスでみられます。要Check!

ブログなら、かしこまったメールをすることもなく、
小さなコメントや、筆者へのリクエストを書き込めます。

また、筆者が映画を見終わった直後の感想や、休刊情報、
映画とは全く関係ない筆者の近況まで、いろいろ掲載中。
ぜひぜひアクセスしてください!!


★これまでのバックナンバー…………………………………………

バックナンバー、メルマガの紹介や登録関係などについては、
それぞれ以下のページをご参照くださいませ。

http://www.mag2.com/m/0000197069.html(まぐまぐ)
http://www.melma.com/backnumber_33635/(メルマ)

メルマのバックナンバーは、第1号から掲載されています。
ただし検索機能がついておりませんので、
ここ2年については、ブログの方が探しやすいと思います。
http://filmandlife.seesaa.net/(筆者のブログ)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【映画のなかの人生、映画のような人生。】
 Vol.772 2008年2月15日
 発行者:Ak. http://filmandlife.seesaa.net/
 (C)2001-2008 Ak. All rights reserved.
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎映画のなかの人生、映画のような人生。
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000197069/index.html
posted by Ak. at 14:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。