現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2008年02月12日

メルマガVol.767「ハーフェズ ペルシャの詩」★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                    _________
  Vol.767「ハーフェズ ペルシャの詩」★★  2008.1.31(木)
 ̄                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   経典の暗唱者=ハーフェズが、大師の娘に惹かれていくが、
   それは罪であり、彼は罰を受け、やがて旅に出ることに。

  【2】Michelin
   東京都写真美術館ホールでの単館上映。それなりの混雑。

  【3】Review
   教義を知らないと分かりづらい?旅映画としては興味深い。

  【4】Column
   意味の分からない言葉も、人生とともに理由が見つかる。

______________________________________________________Hafez

先ごろ結婚を発表した、麻生久美子の海外初進出作品。めでたい!
しかし海外と言ってもイラン、というわけで、英語ではなく。
セリフとかどうなるんだろう、と不安はあったわけですが。
監督はけっこうイランでも有名らしく、多くの映画祭に出品中。

<オフィシャルサイト>
http://www.bitters.co.jp/hafez/


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃ STORY (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

詩人にして、経典の暗唱者=ハーフェズとなった男が、ある日、
大師の娘に音読を教えに行く。その美しさに惹かれてしまい、
彼は自らを戒めようとするが、その後も不運が重なった挙げ句、
彼は地位も名誉も家族も奪われ、やがて放浪の旅に出て行く。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃ 上映館ミシュラン (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東京都写真美術館ホールでの単館上映です。
意外と入っていましたから、直前になると、
好きな席には座れないかも、といった具合。

ここは月曜が休館なので、お忘れなく。

▼恵比寿 東京都写真美術館ホール
10:20/12:30/14:40/16:50/19:00〜20:48(終)
※ 月曜休館


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃ Review (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ポイント】★★

<内訳>
テーマ   :★★
ストーリー :★
キャスト  :★★★
スタッフ  :★★★

>テーマ ★★<
きっとクルアーンと教義に絡む何らかのことを訴えているのだが、
イスラム教と関わりのない人には、何の話だか最後まで意味不明。

>ストーリー ★<
物語は前半こそカタチを成しているが、後半に進むに従って、
次第に支離滅裂になり、ラストに至っては全く理解できない。

>キャスト ★★★<
主人公のハーフェズは、まるでメシアのように無言で苦難を負い、
痛々しいのが逆に怖いほど。麻生久美子は、ちょい役でした…。

>スタッフ ★★★<
内容はともかく、イラン辺境部の現状を美しく描きながらも、
宗教による支配を、少し皮肉りながら捉えているのは興味深い。

>総評 ★★<
イスラム教バージョンの「パッション」に見えました。
厳格な宗教統制下にある社会のなかで、愛を求め、
罪を宣告され、罰を受け、救いを求め旅する男。

途中で雨を降らせたり、パンを与えたりと、
まるで新約聖書のような物語が展開されます。
物語はやがて破綻していきますが、何やら意味深です。

舞台となるのは都市ではなく、イランの辺境部。
どこまでも続く高原と砂漠、土作りの簡素な住宅、
そこでの貧しい暮らしと、人々の姿が興味深いです。

物語はさておき、イランをまるで旅した気分になります。
しかし肝心の麻生さんがちょい役なのは、
詐欺というか、偽装だと思いますが…


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4┃ Column (観おとわったあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

国語の教科書には、詩のページがある。
書いてある内容は、さっぱり分からない。

しかし、当時に暗唱させられた内容は、
たまに脳裏によみがえり、口ずさむことがある。

すると、意外に内容が分かるときがある。
ふるさとを思う気持ち、母を思う気持ち、
そして、愛する人との恋を願う気持ち。

人生を歩んでみたときに、初めて、
詩というものは、意味が分かり、
価値を生むものなのだろう。

この映画で、男が丸暗記していた、
イスラム教の経典も、同じだろうか。

ただ、覚えているだけでは意味がない。
教えに従っているだけでは意味がない。
愛する人を守るため、生きるために、
それは使わなければ、ならないのだろう。

祝宴でも酒が禁じられ、密告がなされ、
次々と人々が陥れられている社会。
宗教の権威者たちばかりが偉くなり、
一般の人々の身動きがとれない世界。

丸暗記だけだったハーフェズの言葉に、
彼は詩人として、意味を見いだし、
最後にはその言葉の価値を探し出す。

鏡の中に、さまざまな人々を映しながら、
その人のために、何が出来るのかを問う。
教えのために、愛を捨てるのではなく、
愛のために、教えはあるはずだと気づく。

意味が分からなかった言葉の羅列に、
初めて意味があると分かるのは、
人生をある程度、歩んでからである。

だから、覚えさせられたんだなあ。
何にも知らなかった頃のことが懐かしく、
そして月日の流れを、感じる瞬間である。

2008/1/31 東京都写真美術館ホールにて。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃6┃ 次回予告 ほか
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その他、筆者からのお知らせなどなど。


★次回予告「フローズンタイム」……………………………………

イングランドのファッション写真家だったショーン・エリスが、
4年前に短編映画を作成したところ、絶賛を受け、長編作品に。
それがこの映画、ということで、どちらかというと芸術系の内容、
そしてイングランドっぽく皮肉めいたラブストーリー、らしい。

で、次回もお楽しみに。次回は明日金曜の予定。
http://www.frozen-time.jp/


★今後の予定など………………………………………………………

さて2月は、以下のような予定。
オスカーのノミネート作品が増えましたね。

しかし、オスカー俳優揃い踏みの
「アメリカン・ギャングスター」は、
ほとんどかすりもしませんでした。
まあ、常連ばかりだからかなあ。

「潜水服は蝶の夢を見る」はフランスの代表作品。
いろんなところでこの映画は評判が高い。

また「エリザベス・ゴールデンエイジ」は、
前作がケイト・ブランシェットの出世作であり、
今回もオスカーにノミネートされています。

「ラスト・コーション」はアン・リー監督の、
カンヌ受賞作なわけですが、話題の「官能的な演出」が、
果たしてどこまで中国で実現したのか、気になりますね。

というわけで、これからもお楽しみに。

「アメリカンギャングスター」http://americangangster.jp/
「ラスト・コーション」http://www.wisepolicy.com/lust_caution/
「ミスターロンリー」http://misterlonely.gyao.jp/

「歓喜の歌」http://www.kankinouta.com/
「潜水服は蝶の夢を見る」http://chou-no-yume.com/

「君のためなら千回でも」http://eiga.com/official/kimisen/
「エリザベス・ゴールデンエイジ」http://www.elizabeth-goldenage.jp/


★最新情報はブログにて!!…………………………………………

ブログには過去掲載作などがまとめて載っています。
http://filmandlife.seesaa.net/

※ 実はケータイからも同じアドレスでみられます。要Check!

ブログなら、かしこまったメールをすることもなく、
小さなコメントや、筆者へのリクエストを書き込めます。

また、筆者が映画を見終わった直後の感想や、休刊情報、
映画とは全く関係ない筆者の近況まで、いろいろ掲載中。
ぜひぜひアクセスしてください!!


★これまでのバックナンバー…………………………………………

バックナンバー、メルマガの紹介や登録関係などについては、
それぞれ以下のページをご参照くださいませ。

http://www.mag2.com/m/0000197069.html(まぐまぐ)
http://www.melma.com/backnumber_33635/(メルマ)

メルマのバックナンバーは、第1号から掲載されています。
ただし検索機能がついておりませんので、
ここ2年については、ブログの方が探しやすいと思います。
http://filmandlife.seesaa.net/(筆者のブログ)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【映画のなかの人生、映画のような人生。】
 Vol.767 2008年1月31日
 発行者:Ak. http://filmandlife.seesaa.net/
 (C)2001-2008 Ak. All rights reserved.
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎映画のなかの人生、映画のような人生。
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000197069/index.html
このメールに返信すれば、発行者さんへ感想を送れます
posted by Ak. at 13:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。