現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2007年12月18日

メルマガVol.752「サラエボの花」★★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                _____________
  Vol.752「サラエボの花」★★★★      2007.12.8(土)
 ̄                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   一人娘と二人暮らしの女は、娘の修学旅行代を払うために、
   仕事と金策に明け暮れる。娘は次第に家庭に居づらくなり…。

  【2】Michelin
   岩波ホールでの単館上映。週末はそれなりに混んでいる。

  【3】Review
   戦争が心に残した傷跡を巧みに描き、全編を通し胸が詰まる。

  【4】Column
   戦争は秘密を作り出し、平和な生活に壁を作ってしまう。

___________________________________________________Grbavica

昨年のベルリン金熊賞を獲得した旧ユーゴスラヴィアの映画。
サラエボと言えば、多くの監督が戦争映画の舞台にしましたが、
今回は、現地のボスニア人の手によって作られているもの。
戦争そのものよりも、現地の人に大切なのは現在ですよね。

<オフィシャルサイト>
http://www.saraebono-hana.com/


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃ STORY (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一人娘と二人で暮らす女は、愛する娘の修学旅行代を払うために、
夜の仕事に就き、逢う人に次々と金策を図る。困憊する母を見て、
娘も反抗的になっていくが、父親が戦死者の場合は旅行代が免除
されると聞く。しかし、母は戦史証明書をずっと示そうとしない。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃ 上映館ミシュラン (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

岩波ホールでの単館上映です。

いつのまにか、座布団がついてました。
ここはスクリーンがとても奥で、小さいです。
2−3列目でも、筆者はちょうどいいくらい。

段差も少ないので、前に大きな人が座ると、
とても見づらいことになるので、ご注意を。
逆に、空いているときであれば、
後ろに人がいない席に座るように心がけて頂きたく。

週末はそれなりに混んでいましたが、
来年には空くのではないでしょうか。
平日なら、大丈夫だと思います。
http://www.iwanami-hall.com/

▼神保町 岩波ホール
11:30/14:30/18:30〜20:05(終)
※土日祝は18:30の回を17:30に繰り上げ


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃ Review (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ポイント】★★★★

<内訳>
テーマ   :★★★★★
ストーリー :★★★
キャスト  :★★★★
スタッフ  :★★★★

>テーマ ★★★★★<
戦争が終わってからの悲劇と絶望をテーマに、愛する娘のために
必死で生きる母親の姿が、最後まで通して、胸を締めつける。

>ストーリー ★★★<
半分ほどしても、いささか展開しない状況に苛立っては来るが、
その絶望こそ真実なのかも。ラストはもう少し詳しくても??

>キャスト ★★★★<
悲劇的な過去を抱えながら、懸命に生きる母親の姿が胸に迫る。
つらい記憶を堪える様子も、金策の失敗も、同情を禁じえない。

>スタッフ ★★★★<
最後まで、ほとんど横道にそれずに母子の姿を丹念に見つめ、
お互いの心境を余すところなく描ききった演出は、堅実である。

>総評 ★★★★<
戦争の傷跡を、再び切り開いてみせる人間ドラマです。

内容的には、私生児をめぐる母の秘密という意味で、
ボスニア版の「秘密と嘘」ですが、その事実を作ったのが、
戦争だという点が、リアリティと恐怖感を増しています。

また、懸命に生きる母親にスポットを当てており、
女性として、過去に絶望と苦悩を抱えながらも、
人生を捨てられない女性の強い決意が、ひしひしと伝わる。

おかげで全編を通して、胸が押しつぶされそうなほど、
苦しく、暗い映画ですが、見ごたえがあるのも事実です。
元気なときに、行くことをオススメします。
涙もろい人は、号泣必死。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4┃ Column (観おとわったあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

戦争は、ただ人々を殺すだけではない。
生き残った多くの人々に対しても、
人生のなかに、「秘密」を作り出すものだ。

誰にも伝えたくない、
自分でも思い出したくない、
哀しい過去が、人々の心に突き刺さる。

普通に生きていれば、忘れてしまうが、
ふとした拍子に、この秘密は震えだし、
心に刺さったその棘の存在を思い出させる。

普段は、気の良い母親として生きていても。
ちょっとした他人の振るまい、他人の匂い。
着ている服や、態度が、忌まわしい記憶を呼び戻す。

戦争の時に受けた、悲惨な傷跡。
彼女は、もはや女としての自分を捨てた。
そして、捨てなければならなかったのだ。

もう自分は、二度と男を愛することはない。
例え、自分を愛する男がいたとしても、
私は、異性と恋に落ちることはできないのだ。

その分、すべての愛を、残された娘に注ごう。
自らの秘密を隠したまま、彼女は娘を愛する。
たった1人の愛する者のためなら、金策も、
忌まわしい記憶も、疲れも、乗り越えていけるのだ。

しかし、どんなに秘密にしていても。
どんなに明るく振る舞ったとしても。

身近にいる人は、秘密に気づくものである。
家族であれば、なおさらである。

娘でれば、母の苦労に気づいている。
母がどれだけ金策で苦労し、疲れているか。
母がどれだけ仕事をして、苦しんでいるか。
母がそれでも家事をして、自分を助けてくれているか。

分かっている。分かっているからこそ、
そういうときに、家にいるのは心苦しいものだ。
母を苦しめているのは、他ならぬ自分なのだ。
どうしてその場で、明るく振る舞うことができよう?

道を外れていく彼女は、秘密に気づいていた。
母は自分に、何かを隠して生きているのだ。
父親は誰なのか。どうして何も言わないのか。
それは、私の父に関する話でもあるのに!

戦争の傷跡は、誰にも話せない秘密として残る。
それは、親子だからこそ、話せないものにもなる。
そして、親子だからこそ、乗り越えなければならなくなる。

いったい、どれだけ多くの人々が、
その傷跡に、これまで直面しただろうか。
紛争が止んで10年。街は復興したかもしれない。

しかし、人々の心の傷跡は今も癒えていない。
サッカーの記事を読んでいると、前代表監督への質問で、
何度も旧ユーゴに関する因縁に対して、記者から質問がある。

そのたびに、オシム氏はかわしてきた。
「私は生き残った。それだけのことだ」
彼もまた、秘密を抱えていまも生きているのだ。
オシム氏も含め、サラエボの全ての人々のご回復を祈るばかりだ。

2007/12/8 岩波ホールにて。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃5┃ 次回予告 ほか
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その他、筆者からのお知らせなどなど。


★次回予告「ある愛の風景」…………………………………………

今月の注目作は、「しあわせな孤独」「アフターウェディング」
と完璧な映画作りをしてきたスサンネ・ビア監督の新作です。
最も、「アフターウェディング」の前に作られたこの映画は、
いよいよ3連続で5つ星をとれるかどうかの、快挙に挑みます。

で、次回もお楽しみに。次回は来週月曜の予定。
http://aruai.com/

なお、次々回予定の「エンジェル」の出来次第では、
差し替えの予定がありますので、ご了承下さい。


★今後の予定など………………………………………………………

さて、来週のもう1本は、全編英語で原作物に挑戦する、
フランソワ・オゾン監督の新作「エンジェル」。
果たして、英語にしても彼の厳しい眼差しは活きるのかな?
http://angel-movie.jp/


以降は、とりあえず以下の5本を予定。

「モンスーン・ウェディング」のミラ・ナイール監督が、
アメリカを舞台にした家族ドラマ「その名にちなんで」。
そしてカンヌの審査員賞を受賞したフランスアニメ、
「ペルセポリス」など、小粒な話題作が多いです。

ハリウッドの年末大作は「アイアムレジェンド」ですね。
これって「28日後…」と同じですよね?違うの?
よく分からないんだよね、最近のハリウッド映画って、
オリジナルなのか、リヴァイヴァルなのか、何なのかも…。

「マリア」http://www.maryandjoseph.jp/
「ペルセポリス」http://persepolis-movie.jp/
「その名にちなんで」http://movies.foxjapan.com/sononani-chinande/
「アイアムレジェンド」http://www.iamlegend.jp/
「迷子の警察音楽隊」http://www.maigo-band.jp/

というわけで、これからもお楽しみに。


★最新情報はブログにて!!…………………………………………

ブログには過去掲載作などがまとめて載っています。
http://filmandlife.seesaa.net/

※ 実はケータイからも同じアドレスでみられます。要Check!

ブログなら、かしこまったメールをすることもなく、
小さなコメントや、筆者へのリクエストを書き込めます。

また、筆者が映画を見終わった直後の感想や、休刊情報、
映画とは全く関係ない筆者の近況まで、いろいろ掲載中。
ぜひぜひアクセスしてください!!


★これまでのバックナンバー…………………………………………

バックナンバー、メルマガの紹介や登録関係などについては、
それぞれ以下のページをご参照くださいませ。

http://www.mag2.com/m/0000197069.html(まぐまぐ)
http://www.melma.com/backnumber_33635/(メルマ)

メルマのバックナンバーは、第1号から掲載されています。
ただし検索機能がついておりませんので、
ここ2年については、ブログの方が探しやすいと思います。
http://filmandlife.seesaa.net/(筆者のブログ)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【映画のなかの人生、映画のような人生。】
 Vol.752 2007年12月8日
 発行者:Ak. http://filmandlife.seesaa.net/
 (C)2001-2007 Ak. All rights reserved.
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎映画のなかの人生、映画のような人生。
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://blog.mag2.com/m/log/0000197069/
posted by Ak. at 11:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。