現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2005年09月24日

メルマガVol.482「NOTHING」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                ____________
  Vol.482「NOTHING」★★★     2005.9.23(金)
 ̄                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   幼なじみでルームメイトの、引きこもりの男と自己中の男。
   不運が連続したある日、突然、家の外から世界が消える。

  【2】Michelin
   シネセゾン渋谷での単館上映。やや混み。予告編は長い。

  【3】Review
   完全にアイディア先行の駄作を、魅せるナタリはさすが!

  【4】Column
   見たくないものを見ない世界で、必要なものは意志だ。

____________________________________________________Nothing

「CUBE」「カンパニーマン」と、デビューから傑作を撮り続ける
天才監督、ヴィンチェンゾ・ナタリの新作はSF、何とコメディ。
自分以外の世の中全体が次第に消えていく、という仕掛けの妙が、
果たしてどれだけ物語として昇華しているかが、ポイントです。

<オフィシャルサイト>
http://www.klockworx.com/nothing/


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃ STORY (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引きこもりの男と、自己中の男は、幼なじみだったこともあり、
うまく性格もかみ合って、ルームメイトとして暮らしていた。
が、不運が立て続けに二人を襲ったある日、二人の家の外から、
あらゆる世界が真っ白に吹き飛んでしまっていた…。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃ 上映館ミシュラン (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

シネセゾン渋谷での単館上映です。
スカスカとは言わないまでも、
そんなに混んでるわけではありません。

相変わらず予告編も長いし、
本編の前に、あまり関係ない短編映画を、
15分もやるので、ちょっと萎えます。
併映する映画は5分が限界と思うのですが…。

なので30分くらい後で入っても、実は全然問題ない。
と言ったら、怒られてしまうかな?

▼渋谷 シネセゾン渋谷 上映中
11:45/14:10/16:35/19:00
※本編前に短編「ライアン」(15分)の併映あり。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃ Review (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ポイント】★★★

<内訳>
テーマ   :★
ストーリー :★
キャスト  :★★★
スタッフ  :★★★★

この映画は、予想どおりとはいえ、
あまりにもアイディア先行の映画だと思います。

自分たちの住んでいる世界以外のものが、
いきなり消えてしまったら、いったいどうなる?
確かにその発想は、ちょっと面白いんですが、
それをどのように映画に仕立てるかが、ほとんどない。

「なぜそうなるのか?」という理由にアイディアもないし。
それが、人間心理のアナをついて、
最終的にとんでもない結末になるわけでもないし、
人間同士の深層心理に深く踏み込んでいくわけでもない。

冒頭の30分を除けば、あとは二人のママゴトのような世界を、
観客はずっと外側から除いているだけで、
こんな真っ白で何もないスクリーンを、
真剣に観客が見つめている事実の方が、よっぽど滑稽。

しかし、ナタリがすごいと思うのは、
そんな内容でも、何とか1時間引っ張ってしまう点。

「消したいものが消えてしまう」という前提だけで、
さまざまなアイディアを生みだし、旅に出たり、
テレビゲームに燃えたり、嫌がらせに腐心したりと、
2人が次々と何か新しいことをしでかすので、
何となく観客も引っ張られて、何とか退屈はせずにすみます。

でもまあ、映画としては…面白いものではないかな。
ナタリはいくつか短編やドキュメンタリーなどの後、
次回作として「ネクロポリス(仮)」に取り組んでいるそうで、
こちらはまっとうなサスペンスのようですから、
期待はそちらまで、とっておくことにいたしましょう…。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4┃ Column (観おわったあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

見たくないものを、見ないですむ世界が現実化している。

見たくないものは、予期できない世界だ。
予期できない世界は、時として不幸をもたらす。
特に人間は、世界で最も予想できない生き物だ。
彼らは平気で人を傷つけ、笑い、出し物にする。

そんな人間たちが行きかう外の世界では、
とんでもない災難が、自分のことを待っている。
いつ何時たりとも、ひどい事件が起きないとは限らない。
心配性の男にとっては、たまらない世界だ。

だから、彼はいつも扉を閉ざす。
家の中で、ずっとじっとしている。
そこには親友の男以外に、誰もいない。
あるのはモノというだけのモノばかり。
どれもが、「予期できる」動きをするものばかりだ。

それでも、意外と生活できてしまう。
それが現代社会の恐ろしいところだ。
外から食料だって調達できてしまう。
TVやゲームがあれば、刺激も適当に加わり、
誰もいない世界でも、退屈することはないのだ。

ならば、予期できないモノは、見なければいい。
そうすれば、安定した幸せな世界がやってくる。
自分と家と、親友以外に何もない世界。
NOTHINGのなかで、人は生きていける。

唯一怖いのは、親友の存在だ。
この世界で、たった1人の他人である人間。
彼が何を考えているのか?それは分からない。
分からない不安が、相手を消し去りたい欲望に走らせる。

でも、それは相手も同じ、お互い様。
分からない相手が、人間が不安だからといって、
傷つけ合っていたら、この世界で得る物は一つもない。

見たくないものだけど、分からない相手だけど、
予期できない生き物だけど、信頼するしかない。
その割り切りができれば、世界はかたちを取りもどすはずだ。

信頼できる相手を見つけられない会社でも。
信頼できる隣国を見つけられない国家でも。
怖がって、相手を消し去ろうとしたってしようがない。
見たくないモノを見ないですむ世界は、現実には存在しない。

だから、人々には意志が求められているのだ。
見たくない現実を、目を見開いて見つめる勇気を。
触れられたくない過去や歴史を直視した上で、
相手を怖がらず、信頼する勇気が必要なのだ。

2005/9/23 シネセゾン渋谷にて。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃5┃ 次回予告 ほか
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その他、筆者からのお知らせなどなど。


★次回予告「ルパン」…………………………………………………

ルパンの小説刊行から100年、本国フランスで製作された大作映画。
もちろん推理小説がベースなのですが、映画にするからには、
ロマンティックな部分とアクションを全開にして、さまざまな
エピソードを織り交ぜまくる必要があり、手を焼きそうですね。

で、次回もお楽しみに。次回は明日。
http://www.arsene-lupin.jp/


★今後の予定など………………………………………………………

来週もまだまだ仕事が忙しく、とりあえず予定としては、
明後日の日曜に「四月の雪」、来週金曜に「SHINOBI」。

・「四月の雪」もはや説明するまでもないペの主演映画
  http://www.aprilsnow.jp/top.html
・「SHINOBI」オダギリジョー、仲間由紀恵の忍者モノ
  http://www.shinobi-movie.com/

再来週は、以下の3本をお届けできる、はずです。
今後ともお楽しみに!!

・「アバウトラブ」 「藍色夏恋」監督の新作を含むオムニバス
  http://www.aboutlove-movie.com/
・「深紅」筆者も敬愛する野沢尚の遺作、本人の脚本で映画化
  http://www.shinku.jp/
・「シンシティ」ロバートロドリゲスと豪華キャストの暴力活劇
  http://www.sincity.jp/


★最新情報はブログにて!!…………………………………………

↓↓↓NewBlog↓↓↓
http://filmandlife.seesaa.net/

※ 実はケータイからも同じアドレスでみられます。要Check!

ブログなら、かしこまったメールをすることもなく、
小さなコメントや、筆者へのリクエストを書き込めます。

また、筆者が映画を見終わった直後の感想や、休刊情報、
映画とは全く関係ない筆者の近況まで、いろいろ掲載中。
ぜひぜひアクセスしてください!!


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【映画のなかの人生、映画のような人生。】
 Vol.482 2005年9月23日
 発行者:Ak. espoir@lares.dti.ne.jp
 (C)2001-2005 Ak. All rights reserved.
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
posted by Ak. at 00:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

NOTHING
Excerpt: 一昨日渋谷で「NOTHING」を見てきました。 2003年に公開されたカナダ映画。 ヴィンチェンゾ・ナタリ監督が送る斬新な映像マジックとしかいいようがない映画。 主演にはデビッド・ヒューレットとアン..
Weblog: ナナシ的エンタメすたいるNet
Tracked: 2005-09-25 02:36

NOTHING (ナタリ監督)の感想 (ネタばれあるかも)
Excerpt: 映画「NOTHING」を観ました。 昨日は、あらすじを書きませんでしたが、 今日はここから、観た感想を書きますので、 ネタばれ嫌いな方、まだ見てない方、 飛ばしちゃってください。 ..
Weblog: 森についてもっと知りたい
Tracked: 2005-09-27 01:32

ナッシング
Excerpt: 私が名作の一つだと思っている「CUBE」の監督の作品。 「CUBE」に出演している2人の役者が主演です。 期待が高まりますね。 映画館で鑑賞。 性格が全く異なるデイブとアンドリューは9歳の..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2006-03-18 01:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。