現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2007年11月20日

メルマガVol.744「once ダブリンの街角で」★★★☆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                     ________
  Vol.744「once ダブリンの街角で」★★★☆ 2007.11.9(金)
 ̄                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   ストリートミュージシャンの男が、自分を気に入ってくれた
   ピアニストの女と出逢い、二人は互いを認めつつ惹かれあう。

  【2】Michelin
   渋谷シネアミューズでの単館上映。とても混んでいる。

  【3】Review
   青春版「9songs」。シンプルだが、爽やかな印象を残す。

  【4】Column
   良い曲には物語がある。誰の胸にも、広がっていくような。

_______________________________________________________ONCE

最近、映画俳優を多く生み出しているアイルランドの音楽映画。
今回は実際にミュージシャンが主演して、全編通して歌いまくる。
今年のサンダンス映画祭では、観客賞を受賞したということで、
誰にでも入りこみやすい、青春と音楽を描いた爽やかな作品です。

<オフィシャルサイト>
http://oncethemovie.jp/


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃ STORY (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ある夜、ストリートミュージシャンの男が弾き語りをしていると、
彼のオリジナルを気に入った女と出逢う。ピアニストの彼女は、
お互いの才能を認め、二人の間には微妙な感情が芽生えていく。
しかし、彼女には恋愛に踏み切れない理由があったのだった…。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃ 上映館ミシュラン (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

渋谷シネアミューズでの単館上映です。

なぜか恐ろしく混んでました。
毎週水曜は男女問わず1000円なので、
混むとは思いますが、ほぼ満席の展開。

週末はもっと混んでいるかも。
整理番号順ですので、水曜と週末はお早めに。

▼渋谷 シネ・アミューズ イースト/ウエスト
11:00/12:45/14:50/16:55/19:00/21:20〜22:50(終)
※11:00・21:20の回は予告編上映なし
※11.10(土)は先着60名にクリームリキュール“ベイリーズ”
 ミニボトルをプレゼント(20歳以上限定)


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃ Review (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ポイント】★★★☆

<内訳>
テーマ   :★★★★
ストーリー :★★
キャスト  :★★★★
スタッフ  :★★★★

>テーマ ★★★★<
シンプルな恋愛物語のなかで、音楽が持っている普遍性と、
力強さを90分にわたって具現しつづける試みは、評価できる。

>ストーリー ★★<
物語そのものには、何のひねりもない。決して結ばれない二人の
厳しい現実と、音楽が紡ぎ出す夢との対比が、繰り返される。

>キャスト ★★★★<
さすがに本物だけあって、主役二人の歌の良さ、力強さは絶品。
男の見た目もドンキホーテのような感じで、日常感が出ている。

>スタッフ ★★★★<
映画のなかで、どのようにして自然に楽曲を挟んでいくか、という
追求が実を結んでいる。どの場面でも歌の存在に違和感がない。

>総評 ★★★☆<
良い映画だと思います。青春版「9songs」という感じ。
全編に渡って、とにかく歌があって歌があって、歌がある。

それも、突然歌い出すわけでもなく、
勝手に背後に流れるわけでもなくて、
自然と物語のなかで、主人公たちが歌う場面を作り出す。

だから主役の二人が、どんな気持ちなのか、
彼らの歌を聴きながら想像することで、
ただのコンサートよりも、想像が膨らんでいく。
彼らの歌声が真に迫ってくるのは、そういう理由があるはず。

とはいえ、物語としてはシンプルな恋愛映画。
互いに厳しい現実に直面しながらも、
歌に希望を見いだし、互いの愛を見いだし、
結ばれない関係も、とてもロマンティックに見えてくる。

それが「9songs」だと、さらに痛切で衝撃を受けるわけですが。
とはいえ、シンプルな展開と歌声の良さで、
この映画は爽やかな後味を残してくれます。佳作。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4┃ Column (観おとわったあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

どんな音楽にも、きっと物語があると思う。

その場限りの流行歌には、どうか分からないが、
ふと口ずさんでしまう、かつての曲には、
きっと、何かしらの物語が潜んでいるんだと思う。

苦しい失恋の想い出が、潜んでいる曲もある。
結婚生活の絶望が、描かれている曲もある。
音楽に夢を賭ける、ミュージシャンの姿が、
そのまんま等身大に伝わってくる曲もある。

それは、きっと作り手の生活のなかから、
自然と、つぶやくようにして生まれてくる。
それは、きっと作り手の一瞬のなかから、
唐突に、ひらめくようにして音符に変わる。

恋人とバスの中で歌ってみたり。
コンビニに買い物した帰りに歌ってみたり。
すがすがしいドライブの最中に、
口ずさんでいるようなこともあれば、
がく然とするような失恋の後に叫んでいることもある。

良い曲は、決してスタジオで生まれるわけではない。
良い小説が、パソコンや原稿用紙とにらめっこして、
生まれてくるというわけではないように。

普通に生活しているときに、
その辺に転がっている一瞬から、
音楽は生まれてきているのだ。

その瞬間を切り取ることができたなら。
この映画の意図は、その瞬間を描くことだ。

すると、ほんの数分の音楽にも想像が膨らむ。
ああ、このイヤホンの向こう側では、
こんなことが起きているのかも知れない。
数分の楽曲が、数日、数ヶ月、数年の物語になる。

それは、まるで他人の人生を見ているように。
そして、まるで自分の人生が見えてくるように。
1曲の歌声が、自分の魂から聞こえてくるようだ。

良い曲には、どんなものにも物語が隠れている。
音楽は、単なる音符や記号の集合体ではない。
それは自分たちと同じ人間が、作り出した言葉なのだから。

2007/11/7 渋谷シネアミューズにて。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃5┃ 次回予告 ほか
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その他、筆者からのお知らせなどなど。


★次回予告「ボーン・アルティメイタム」…………………………

いよいよシリーズ完結編。てゆうか、最初からシリーズだったの?
まあ、この手の映画にはよくあることですが、3で終わるらしい。
今回も無表情なマット・デイモンが、最強の暗殺者に大変身!
監督も引き続きポール・グリーングラスなので、安心感はある。

で、次回もお楽しみに。次回は来週火曜の予定。
http://bourne-ultimatum.jp/


★今後の予定など………………………………………………………

来週のもう1本は、女囚が天才ピアニストに生まれ変わる、
というなかなか凝ったドイツ映画「4分間のピアニスト」。
最近は本当に、ドイツ映画が頑張っていますねえ。
http://4minutes.gyao.jp/


さて、今月以降の予定は以下のとおり。
おそらく以下の予定で120本になるので、
今年はこれで終わりになると思います。
いくらか、入替があるかもしれませんが…。

注目は「ボーン・アルティメイタム」や、
フランソワ・オゾンの「エンジェル」でしょうか。
他は、ウィンターボトムの新作「マイティハート」は、
アンジェリーナ・ジョリーの起用で、久々の大作っぽい。

また、スサンネ・ビア監督の「ある愛の風景」も、
もちろん期待できます。3連続5つ星…出るかな?
おそらくこの映画は、本誌のある記念号にする予定ですが…。

><11月><
「カフカ 田舎医者」http://www.shochiku.co.jp/inakaisha/
「ウェイトレス」http://movies.foxjapan.com/waitress/
「呉清源 極みの棋譜」http://www.go-movie.jp/
「マイティハート 愛と絆」http://www.mh-movie.jp/
「アヴリルの恋」http://www.cqn.co.jp/avril/
「愛の予感」http://ainoyokan.com/

><12月><
「サラエボの花」http://www.saraebono-hana.com/
「ある愛の風景」http://aruai.com/
「マリア」http://www.maryandjoseph.jp/
「迷子の警察音楽隊」http://www.maigo-band.jp/
「エンジェル」http://angel-movie.jp/
「アイアムレジェンド」http://www.iamlegend.jp/
「ナショナルトレジャー」http://www.disney.co.jp/movies/nt2/

というわけで、これからもお楽しみに。


★最新情報はブログにて!!…………………………………………

ブログには過去掲載作などがまとめて載っています。
http://filmandlife.seesaa.net/

※ 実はケータイからも同じアドレスでみられます。要Check!

ブログなら、かしこまったメールをすることもなく、
小さなコメントや、筆者へのリクエストを書き込めます。

また、筆者が映画を見終わった直後の感想や、休刊情報、
映画とは全く関係ない筆者の近況まで、いろいろ掲載中。
ぜひぜひアクセスしてください!!


★これまでのバックナンバー…………………………………………

バックナンバー、メルマガの紹介や登録関係などについては、
それぞれ以下のページをご参照くださいませ。

http://www.mag2.com/m/0000197069.html(まぐまぐ)
http://www.melma.com/backnumber_33635/(メルマ)

メルマのバックナンバーは、第1号から掲載されています。
ただし検索機能がついておりませんので、
ここ2年については、ブログの方が探しやすいと思います。
http://filmandlife.seesaa.net/(筆者のブログ)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【映画のなかの人生、映画のような人生。】
 Vol.744 2007年11月9日
 発行者:Ak. http://filmandlife.seesaa.net/
 (C)2001-2007 Ak. All rights reserved.
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎映画のなかの人生、映画のような人生。
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://blog.mag2.com/m/log/0000197069/
posted by Ak. at 17:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。