現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2007年11月16日

メルマガVol.730「さらば、ベルリン」★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                ____________
  Vol.730「さらば、ベルリン」★★     2007.9.28(金)
 ̄                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   終戦直後のベルリンに来た、ジャーナリストの軍人が、
   かつて愛したドイツ人と再会し、何とか助けようとする。

  【2】Michelin
   TOHOシネマズ六本木ヒルズでの単館上映。空いている。

  【3】Review
   よくできている。しかし、物語が分かりづらくてつまらない。

  【4】Column
   きっと誰もが、自分の生きた時代を最高だと思っている。

____________________________________________The Good German

いつも実験映画を作るのが大好きな、ソダーバーグ監督の最新作。
今回は白黒映画にして、古い時代を舞台にしたサスペンスらしい。
盟友ジョージ・クルーニーの他、ケイト・ブランシェットなど、
キャストは相変わらず豪華なんですが、問題は実験の成果か。

<オフィシャルサイト>
http://www.saraba-berlin.jp/


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃ STORY (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

終戦直後のベルリン。ポツダム会談を取材に来たジャーナリスト
出身の軍人が、かつて同僚かつ愛人だったドイツ人と再会する。
彼女は売春婦として、ポン引き同然の軍人と同居していたが、
その上、彼女の夫を米ソ両軍がなぜか探していたのだった…。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃ 上映館ミシュラン (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

TOHOシネマズ六本木ヒルズでの単館上映です。
そんなに混んでいませんでした。詳細はサイトへ。
http://www.tohotheater.jp/theater/roppongi/

ちなみに、上映前のマナーに関する鷹の爪団の短編が、
いつのまにか新作に変わっていたので驚きました。
今回も面白い!前作を知っていれば、さらに面白いかも。

▼六本木 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
9/29(土) 16:50/19:20/21:50/24:20/26:50〜28:50(終)
9/30(日)〜10/3(水) 16:50/19:20/21:50〜23:50(終)
10/4(木)〜10/5(金) 16:50/19:20/21:50/24:20/26:50〜28:50(終)
10/6(土)〜 時間は直接劇場へお問い合わせ下さい


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃ Review (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ポイント】★★

<内訳>
テーマ   :★★
ストーリー :★
キャスト  :★★★★
スタッフ  :★★★

>テーマ ★★<
内容として何を描きたいのかは、最後まで結局、判然としない。
映画そのものの「クラシック」というコンセプトは明確なのだが。

>ストーリー ★<
いろんな仕掛けはきちんとしているのに、なぜ捜査しているのか、
なぜ彼女が謎を隠すのか、「理由」が分からないからつまらない。

>キャスト ★★★★<
何といっても、ケイト・ブランシェットが演技で謎めいている。
物語や背景をすっ飛ばして存在できるので、何とか飽きずに済む。

>スタッフ ★★★<
クラシックな雰囲気を映画全体に出そう、という軸は明確だ。
もっとも、そこに観客の存在は薄いように感じるのだが…。

>総評 ★★<
とてもよくできている映画だと感じました。
でも、同時に何にも面白くない映画だと思いました。

やりたいことは明白で、クラシック映画を、
新作として、現代の映画館に復活させたいわけです。
白黒で、ちょっと色あせた、ノイズの入った映像と、
カツカツとした画面の切替、音楽、どれも実にクラシック。

役者も、謎の女であるケイト・ブランシェットが、
演技だけで、謎と興味を保ち続けるので、飽きずに済む。
いちおう物語としても、いろんな秘密は用意している。

…でも、面白くない。
だって、犯人が謎を持つ理由も、男が捜査する理由も、
人々がこの事件に関わる「理由」が判然としないから。

映画として、斬新さを追求する実験映画は分かるんですが、
やっぱり映画には、観客も参加しないといけないのでは。
これは、どこかでお客さんを置き去りにしている気がする…。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4┃ Column (観おとわったあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「あの頃の音楽は良かった」
という、年配の方がいる。
同時に「最近の音楽はどうも」とも言う。

きっと、この人に言わせれば、
自分が若い頃に聴いた音楽が最高で、
最近の音楽は、ちゃらちゃらしていたつまらない、
だから私は聴かないのだ、ということなのだろう。

映画に関しても、同じことが言えるだろう。
自分が若い頃に観た映画が、最高だと言う人は多い。
確かに、私も「ナウシカ」に感銘を受けたし、
ウォン・カーウァイやペーターゼンにしびれたりもした。

では、いまの映画なんてとっぱらって、
昔と同じように、映画を作ってみたらどうか?
あの頃の、あの最高の映画を作れるのではないか?

そう思う人がいるのも、無理はなかろう。
ソダーバーグはこの映画で、それを再現したかったのか。
あの頃の、良き時代の映画を、自分自身で復活させて、
当時の自分の驚きと、喜びを、現代に復活させたかったのか。

最初にでかでかと現れる、シンプルなタイトルや、
白黒の画面に、これ見よがしの音響とともに、
展開されるサスペンスフルな事件の展開。

題材は、当然のように第二次大戦が舞台となり、
混乱のさなかで、苦しむ人々が生きる様子や、
悪が善を駆逐する様子を、つぶさに描きとっていく。

さて、ではこの映画を持って、
あの頃の新鮮さは本当に甦っただろうか。

そんなことは、ないんじゃないかと思う。
どんな人にとっても、最初に音楽に触れた瞬間がある。
誰にでも、最初に映画を観たときの感動がある。

その時の「最初である」という感動に対して、
後の作品ではどうしても、比べることができなくなる。
自分が、夢中だった頃にひたすら聴いた音楽や、
感銘を受けた映像に、新しいものは及ばないのだ。

だから、その人が「最近の映画はどうも」というのは、
単に、新鮮さが失われたものに対して、
自分が興味を失ったことに対するエクスキューズに思える。

かくいう私も、新しい音楽にさっぱり興味はない。
いまだネットワークウォークマンには、
高校生の頃から同じようなラインナップが入っているだけ。

人はそうして、エンターテイメントにふれ、
そうして、いつかはエンターテイメントを卒業するのだろうか。
誰もが、自分の聴いていた、見ていた、触れていたモノを、
「あれは最高の代物だった」と信じて。

2007/9/28 TOHOシネマズ六本木ヒルズにて。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃5┃ 次回予告 ほか
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その他、筆者からのお知らせなどなど。


★次回予告「エディット・ピアフ 愛の讃歌」……………………

最高峰のシャンソン歌手のひとり、エディット・ピアフですが、
今の若い人は、彼女の生涯も、存在すら知らない人も多いかも。
その伝説を演じるのは、フランスきっての若手女優、マリオン・
コティヤール。果たして、あの波瀾万丈の生涯を演じきれるのか。

で、次回もお楽しみに。次回は火曜の予定。
http://www.piaf.jp/


★今後の予定など………………………………………………………

来週は、行定勲監督の原作物「クローズド・ノート」と、
ハル・ベリーが主演で、絶対に途中で犯人が分からない、
と豪語するサスペンス、「パーフェクトストレンジャー」の予定。

「クローズド・ノート」http://closed-note.com/
「パーフェクト・ストレンジャー」
http://www.movies.co.jp/perfectstranger/


さて、来月の注目作は、いまのところ以下のとおり。

最大の注目作は「アフターウェディング」。
傑作「しあわせな孤独」に続く、最新作がいよいよ上陸。
さらに11月には前作にあたる「ある愛の風景」も公開に。

監督スサンネ・ビアは、ラース・フォン・トリアーなんて
目じゃない、北欧最高峰の監督として進化を続けているはず。
本誌の読者の皆さんには、ぜひとも期待してほしい方です。

「アフターウェディング」http://www.after-wedding.com/
「サウスバウンド」http://southbound-movie.com/
「ローグアサシン」http://www.rogue-assassin.com/
「大統領暗殺」http://www.20071019.jp/
「キングダム 見えざる敵」http://www.kingdom-movie.jp/
「クワイエットルームにようこそ」http://www.quietroom-movie.com/
「グッドシェパード」http://www.goodshepherd.jp/
「自虐の詩」http://www.jigyaku.com/

というわけで、これからもお楽しみに。


★最新情報はブログにて!!…………………………………………

ブログには過去掲載作などがまとめて載っています。
http://filmandlife.seesaa.net/

※ 実はケータイからも同じアドレスでみられます。要Check!

ブログなら、かしこまったメールをすることもなく、
小さなコメントや、筆者へのリクエストを書き込めます。

また、筆者が映画を見終わった直後の感想や、休刊情報、
映画とは全く関係ない筆者の近況まで、いろいろ掲載中。
ぜひぜひアクセスしてください!!


★これまでのバックナンバー…………………………………………

バックナンバー、メルマガの紹介や登録関係などについては、
それぞれ以下のページをご参照くださいませ。

http://www.mag2.com/m/0000197069.html(まぐまぐ)
http://www.melma.com/backnumber_33635/(メルマ)

メルマのバックナンバーは、第1号から掲載されています。
ただし検索機能がついておりませんので、
ここ2年については、ブログの方が探しやすいと思います。
http://filmandlife.seesaa.net/(筆者のブログ)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【映画のなかの人生、映画のような人生。】
 Vol.730 2007年9月28日
 発行者:Ak. http://filmandlife.seesaa.net/
 (C)2001-2007 Ak. All rights reserved.
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎映画のなかの人生、映画のような人生。
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://blog.mag2.com/m/log/0000197069/
posted by Ak. at 12:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。