現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2007年07月27日

メルマガVol.700「そして、デブノーの森へ」★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                   _________
  Vol.700「そして、デブノーの森へ」★★  2007.7.5(木)
 ̄                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   ある一流作家が、息子の結婚式に向かった旅先で、行きずり
   の美女と一夜をともにする。しかし、その女の正体は…。

  【2】Michelin
   渋谷シアターイメージフォーラムでの単館上映。やや混み。

  【3】Review
   前半は火曜サスペンス。後半は何とか、それらしくなる。

  【4】Column
   美女たちはなぜ、自らの身体を切り売りしてしまうのか。

___________________________________________Le Prix du desir

また繰り返しますが、決してダイエットの話ではありません。
原題は「色欲の代償」。何とまあ、ありがちなタイトル(笑)。
邦題の方が遥かにいいですね。引っかかる間男には、またも、
ダニエル・オートゥイユ。彼はいつも、誰かに騙されている…。

<オフィシャルサイト>
http://www.at-e.co.jp/soshite/


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃ STORY (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ある一流作家が、息子の結婚式に向かった旅先で、行きずりの
美女と一夜をともにする。しかし、女はその後に意外な正体を
明かし、ミステリアスな素性も明らかになる。彼女は作家の
ある秘密について、核心に迫ろうと狙っているようだったが…。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃ 上映館ミシュラン (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

渋谷シアターイメージフォーラムでの単館上映です。

水曜だからなのか、意外と混んでいました。
確かレディース・デーはなかったはずですが…。
やっぱりフランスの官能映画には、ファンが多い?

▼渋谷 シアター・イメージフォーラム
11:30/14:00/16:30/19:00〜21:05(終)


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃ Review (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ポイント】★★

<内訳>
テーマ   :★★
ストーリー :★★
キャスト  :★★★
スタッフ  :★★

>テーマ ★★<
結局、加害者と被害者のどちらに焦点を当てていくのかが、
最後までハッキリせず、何を訴えたいのかもよく分からない。

>ストーリー ★★<
前半は、とにかく単純に男がのめり込んでしまう火曜サスペンス。
背景が明かされる後半こそまともだが、内容の浅さは否めない。

>キャスト ★★★<
オートゥイユは簡単に騙されすぎて、文学の巨匠とは思えない。
対する女は美人だが、鉛筆みたい…。一番目立ったのは妻役。

>スタッフ ★★<
とにかく、何をやりたいのかが見えなかったことが失敗だろう。
それなりに意味深い背景を設定していたのに、前半が安すぎる。

>総評 ★★<
予告編も、タイトルも、本当に良くできている。
この映画を拾った担当者は、実に才能があると思う。

しかし内容は、陳腐な原題のとおりだった。
特に、色仕掛けにメロメロのオートゥイユが続く前半は、
在りし日の火曜サスペンス劇場を彷彿とさせるような…。

この浅はかな文学の巨匠と、狙いの見えない女と、
2人の主人公の想いが全く見えないのが、さらに痛い。
せっかく最後には、意外な事実を用意してあるのだが、
人物たちの想いが見えてこないので、
このラストも意味不明に思える。残念。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4┃ Column (観おわったあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

女は怖い生き物である。
特に、美女は怖い生き物である。
少なくとも、男にとっては。

自分の美貌を知ってしまった女は、
それをどのように受け止めて生きるのだろう。
大して見てくれもよくない自分は、時々、
そんな分かりもしないことを考えてみる。

その美貌に見合った生活がしたいと思えば、
自らの身体を切り売りして、
金持ちにすり寄ることもいとわないだろうか。

また、この映画に出てくる女のように、
個人的に陥れたい相手のためなら、
自らの身体も、立派な武器にできるだろうか。

よく分からないのは、いくら自分に、
他人にはない「ギフト」が与えられたからといって、
それを単純に安売りするような行為に、
美女たちは身を費やしてしまうものなのだろうか。

果たして、そうまでしなければ、
手に入れられないモノなどあるのだろうか。
「目的」のために誰かに抱かれる気分とは、
それも、自ら率先してその状況に臨むとは、
いったいどういうものなのだろう。

この映画では、そんな女に、
ひょいひょいと女に引っかかった愚かな文豪が、
最後にはようやく、大人物らしい側面を見せる。

彼は、そんな女を哀れんでいた。
だから彼女の思い通りにしてやったのだ。
そんなことをして、自らと交換にしてまで、
手に入れるべき復讐など、この世にないのだ。

その憐れみを知った女は、怒り狂っただろう。
ただでさえ、空虚さを感じていたところだったのに。

美貌は、確かに人生の選択肢を広げるだろう。
しかし、それだけでは人生を実らせることはない。
個人的な想いを、満たすことはできないだろう。
まして、つまらないカネや名誉だなんて。

それでも、世の中にはそんな人たちもいる。
私には、よく分からない世界だが、仕方がない。
人間の情欲とは、割り切って逃れられるものでは、
ないのだろう。

2007/7/4 渋谷シアターイメージフォーラムにて。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃5┃ 次回予告 ほか
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その他、筆者からのお知らせなどなど。


★次回予告「ハリウッドランド」……………………………………

だいぶ公開から日が経ってしまいましたが、これを観てきます。
エイドリアン・ブロディ、ベン・アフレック、ダイアン・レイン。
これまた、かなりくどいメンツのミステリー映画ですね…。
内容は事実に基づき、ハリウッドの舞台裏を描くという問題作。

で、次回もお楽しみに。次回は来週火曜の予定。
http://www.movies.co.jp/hollywoodland/


★今後の予定など………………………………………………………

来週は、あと以下の2本の予定。

まず、諏訪敦彦監督の「不完全なふたり」。
新作はたぶん、「M/OTHER」以来ではないでしょうか?
主演はヴァレリア・ブルーニ=テデスキ。
最近のフランソワ・オゾンがお気に入りの女優さん。
http://www.bitters.co.jp/fukanzen/

そして「ボルベール<帰郷>」はアルモドバル監督の新作。
何か、また同じようなパターンに見えてしまうのですが…。
カンヌでは脚本賞を取った他、主演のペネロペ・クルスは、
主演女優賞を獲った勢いで、オスカーにまでノミネート。
「ボルベール<帰郷>」http://volver.gyao.jp/


これ以降の予定は、とりあえず以下のとおり。
注目しているのは、カウリスマキとアロノフスキー。
この2人の監督が久々に新作を公開するので、とても楽しみです。

「傷だらけの男たち」http://www.drywhisky.com/
「街のあかり」http://www.machino-akari.com/
「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」http://www.funuke.com/
「ファウンテン永遠に続く愛」http://movies.foxjapan.com/fountain/
「魔笛」http://mateki.jp/
「フリーダムライターズ」http://www.fw-movie.jp/
「レミーのおいしいレストラン」http://remy.jp/
「リトルチルドレン」http://www.little-children.net/
「河童のクゥと夏休み」http://www.kappa-coo.com/

というわけで、これからもお楽しみに。


★最新情報はブログにて!!…………………………………………

ブログには過去掲載作などがまとめて載っています。
http://filmandlife.seesaa.net/

※ 実はケータイからも同じアドレスでみられます。要Check!

ブログなら、かしこまったメールをすることもなく、
小さなコメントや、筆者へのリクエストを書き込めます。

また、筆者が映画を見終わった直後の感想や、休刊情報、
映画とは全く関係ない筆者の近況まで、いろいろ掲載中。
ぜひぜひアクセスしてください!!


★これまでのバックナンバー…………………………………………

バックナンバー、メルマガの紹介や登録関係などについては、
それぞれ以下のページをご参照くださいませ。

http://www.mag2.com/m/0000197069.html(まぐまぐ)
http://www.melma.com/backnumber_33635/(メルマ)

メルマのバックナンバーは、第1号から掲載されています。
ただし検索機能がついておりませんので、
ここ2年については、ブログの方が探しやすいと思います。
http://filmandlife.seesaa.net/(筆者のブログ)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【映画のなかの人生、映画のような人生。】
 Vol.700 2007年7月5日
 発行者:Ak. http://filmandlife.seesaa.net/
 (C)2001-2007 Ak. All rights reserved.
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎映画のなかの人生、映画のような人生。
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://blog.mag2.com/m/log/0000197069/
posted by Ak. at 15:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。