現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2007年05月08日

2007シーズンの浦和レッズ展望(その3)

さて、三都主がいなくなり、
達也も再びリハビリに挑むことになったのに、
フォワードもサイドアタッカーも獲得せず、
覇道を知る監督すら連れてこなかったフロントの無策と、

そのオジェックによる「前線」「中盤」「最終ライン」が、
当初からバラバラに動いているシステムについて振り返った。
今回は、この過酷な状況を強いられているなかで、
選手たちがどれだけ健闘しているか、考えてみよう。


「降格争いをしかねない」と思った最初の印象だが、
それでも、浦和は今年も優勝争いに踏みとどまっている。

その背景には、間違いなく選手たちの地力と成長がある。
何だかんだといって、代表メンバーが勢揃いしたチームは、
Jリーグのなかでも実力はナンバーワン、いや、抜きんでている。

阿部が入ったことによる、セットプレーの強さも大きい。
流れのなかでの得点が、全く期待できないチームのなかで、
ヘディングの選択肢がさらに増えたことは、非常に価値がある。

なおかつ、近年は優勝争いを続けてきたこともあり、
選手たちのメンタリティは、着実に成長を遂げている。
正月の天皇杯決勝や、先日の鹿島戦でも守りきったあたりは、
ギドが植えつけたゲルマン魂が、根づいたことの証だろう。

ここにきて、さらに選手たちは自分たちでシステムを変え、
坪井まで前線に攻め上がり、クロスを上げたりするようになった。
無能な監督を完全に無視し、ピッチは選手に任されたかのようだ。
阿部もようやく流動的に動きだし、啓太のアシストも感慨深い。
もはや、監督なしでこのチームは、方向性を探しはじめている。


しかし、この状況もまた、どこまで続けられるだろう。

いまは勝っているから、2位にいるから、まだいいのだ。
勝ち続けることは、どんなチームにも最大の良薬。
どんな不満も、勝っているときには噴出しないから。

だが、どんなチームもいつかは負けはじめる。
あのチェルシーだって、シーズン終盤には足が止まるのだ。
調子が落ちたとき、コンディションが悪くなったとき、
どうやってチームで戦略を練り、互いを補うことで、
着実に勝ち点を獲っていくのか、それが王者の必要条件だ。

ベンチワークが全く機能していない今シーズン、
固定されたスタメン、遠征も含めた連戦が続き、
この時期、例年よりもさらに疲労は溜まっている。

特に、前線の運動量は、このシステムでは尋常ではない。
千葉戦で、ハーフタイムになると同時に闘莉王が、
ポンテとずっと口論をしていたのを、ずっと眺めていた。

恐らく、3バックになったので前線の運動量が必要だ、
と闘莉王は言うのだろうが、ポンテだって人間である。
永井も後半には次第に消えてしまい、前述のような、
3−4−3でサイドも受け持つ3トップは機能しなかった。

そして、まさにそうした状況だからこそ、
監督の必要性が、ここに来て浮き彫りになるのである。
闘莉王とポンテの中に入って、どういう選択をするのか?
それが監督の決断であり、戦略であり、見せ場なのだ。

選手たちが互いに意見を持つことは、もちろんいいことだ。
自主的にピッチで動けるのも、当然あるべき姿である。
しかし、彼らの意見が食い違ったとき、どうするか。
そこで、チームとして何を優先すべきかを判断する、
監督の力量が問われ、そこにチームの方針とスタイルが現れる。
それに対する理解こそが、選手たちの「理解力」なのだ。

残念ながら、闘莉王とポンテの口論は、
後半に再びピッチに出てきても、まだ続いていた。
ポンテを見るなり、闘莉王はまたも食ってかかった。
ハーフタイムに、互いの言い分をきちんと聞いて、
監督が判断を下す、そんなことはなかったようだ。

この試合後、小野が不満をまくし立てたという話もある。
これも、現状ではあり得べきことである。
そして敗戦が続けば、それが日常茶飯事になる。
立ち直れなくなり、連敗が続いていく。

J2の名門チームが連敗していった様子を、
ミドリムシだ、などと笑っては居られない。
明日は我が身である。決して対岸の火事ではない。
立派な選手を並べたチームは、バラバラになりやすい。

名選手にはプライドがある。瓦解は簡単に起きるのだ。
次回は、あんまり考えたくない未来について考えて、
とりあえず今年の展望を終えることにする。

つづく。
posted by Ak. at 11:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。