現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2007年05月04日

2007シーズンの浦和レッズ展望(その2)

オジェックの考えているチーム像は、
最初の数試合を見ていると、こうだっただろう。

・前線は3人で、流動的にサイドに流れて点を獲る
・中盤は4人で、とにかくガンガン潰しにかかる
・守備は3人で、中盤を助けるためにラインを上げる

仮に、中盤が機能してボールを獲ったとする。
すると、永井かポンテがサイドに流れて受ける。
ところがこの後、ゴール前にはワシントンしかいない。

このシステムの肝は、中盤はボールを奪う以外にも、
自在にゴール前に飛び出して、得点を狙うことにある。
サイドをFWに任せる以上は、それが重要なのだが、
困ったことに、中盤ではエリア内に強い選手がいない。
一番強そうなのは阿部なのだが、困ったことに、
彼は新チームを見きわめたいのか、上がってこない。

結局、人数の揃わないゴール前にクロスが上がるか、
ミドルを狙う中盤に預けるかする頃には、
相手も守備を固めているので、チャンスはほぼない。
これで、「ワシントンは点が取れない」とは可哀想だ。

そうなると、次第に前線が疲れてきて、
(このシステムでの前線の運動量は半端ない)
フォアチェックがなくなり、中盤が下がり、
ずるずると最終ラインに吸い込まれていく。

結果的に、終盤には跳ね返すのが精いっぱいで、
追いつかれたり、無駄な失点が増えたりしていた。


次に、オジェックは4バックを採用した。
これにより、サイドの役割はサイドバックが担う。
その結果、前線の負担がだいぶ軽減されて、
クロスが上がるときには、エリア内の選手も増えた。

ところが、問題はサイドバックの適任者探しだ。
平川は守備に難があるので、スタメンは難しい。
暢久は逆に、どうもサイドバックだと攻め上がらない。
左サイドバックに至っては、任せられる人がなく、
仕方がないので阿部に任せたが、ほとんど機能しなかった。

たまに、暢久が右サイドを駆け上がってくるとき、
このシステムは非常に良く機能していて良かったが、
結局は、最終ラインの人数が1人増えたようなもので、
逆に1枚欠いた中盤が、早い時間から後ろに下がりだし、
最終的には、3−4−3と同じような状況に陥るのだった。


結局、監督の無能ぶりに業を煮やした(と思われる)
選手たちは、自分たちで3バックと4バックを切替はじめた。
シドニー戦での4バック、鹿島戦での3バックなどは、
確かに臨機応変で、適切に対処することができたのだが。

先日の千葉戦では、攻める局面でも3バックのままで、
サイドがいつまでも機能せず、ワンパターンな中央突破が続き、
最後には選手たちも、何が何だか分からなかったのではないか。

いままでの試合の内容を、振り返ってみるにつけ、
何がオカシイかと思えば、システムがあまりにも、
「前線」「中盤」「最終ライン」で分断されていることだ。

前線のなかでの動き、中盤のなかでの動き、
最終ラインのマーキングやカバーリングはできていても、
「前線を助ける中盤の動き」や、
「中盤を助けるラインの押し上げ」などが、
全く機能していないので、最後にはシステムが壊れるのだ。

確かに3つのポジションの役割分担は完璧だ。
オジェックには、それぞれが役割をこなせれば、
システムが機能する、という固定的観念があるのだろう。

ところが残念ながら、サッカーは完璧ではないスポーツだ。
10人でピッチを完璧に支配することは、できないのだ。
だからこそ、システムはベースであり、選手たちは、
互いに補い合い、スペースを埋め合い、奪い合うことで、
ゲームを進めるのであって、役割に固執するのは愚かである。

そしてそれこそが、現在の代表監督オシムのサッカーであり、
恐らく、オジェックのサッカーは、その対極にあるようだ。
激しいスペースの奪い合いが求められる現代サッカーにおいて、
どちらが果たして適しているのか、答えは無論、言うべくもない。

しかし、こんなちぐはぐなサッカーをしているのに、
浦和は、いまだに首位争いに踏みとどまっている。
次回は、その理由として選手たちの「個の力」を考えよう。

つづく。
posted by Ak. at 21:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。