現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2007年05月04日

2007シーズン浦和レッズの展望(その1)

ようやく時間もとれたし、チームの状況も分かったので、
とりあえず、いま考えられることだけまとめておきます。


(その1) フロントはJリーグを面白くした

今シーズンの浦和レッズ。
初戦を終えたとき、頭をよぎったのは、
「今シーズンは降格争いをするかもしれない」。

この印象は、結局いまも変わっていない。
正直言って、いまの浦和には戦術のカケラもない。
選手たちは、ピッチの上で個人での判断しかしていない。

オーストリア遠征、ゼロックス杯までは、
まだ大目に見るとしても、初戦もひどかった。
ボランチに入った阿部は、存在感ゼロ。
機能しない中盤は、みるみる最終ラインに吸い込まれ、
前線は孤立し、カウンターは中央突破ばかりだ。

監督は、結果が出ないのをいいことに、
4バックへの変更を指示したようなのだが、
選手からすれば、無計画な4バックよりも、
やり慣れている3バックがいいに決まっている。

ところが、この3バックは守りには強いが、
攻撃する局面においては、去年と較べても機能しない。
なぜなら今年は、前に進めるサイドアタッカーが、
ついに一人もいなくなったために、3バックでは、
逆に手も足も出ない、もしくは中央一辺倒になる。

今シーズンの補強すべきポイントは、
「明らかに不足しているサイドアタッカー」であり、
「明らかに不足している点取り屋」だったのだが、
フロントはどちらも無視して、酒井が冷や飯を食う、
中盤の底がメインの阿部、1枚しか獲らなかった。

その結果がワシントンのワントップであり、
ズラリとボランチが並んだ中盤であり、
いまだに3か4か分からない最終ラインだ。
その上、監督にオジェックを選んできたフロントは、
よっぽどJリーグを面白くしたかったに違いない。

次回はそのオジェックの采配について考えよう。

(つづく)
posted by Ak. at 21:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。