現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2006年11月26日

レッズ優勝へのカウント1!

いやー。
今日は勝てる気がしないなぁ(笑)。

もちろんそんなことじゃいけないんだが。
2ndステージ優勝の時も負けて決まりだったので…。
どうも今回も、同じようなオチのニオイがする…。

何で心配しているかというと、冷静に考えて、
甲府戦の前半は惨憺たるものだったんだよ。
みんな、結果と目の前の優勝に気をとられているけど、
あの前半は何だったのか?もう一度考えないと。

ワシンdがPKをハズしたことも、ともかくとして。
他にどれだけパスミスがあったか、覚えてる?
みんながサイドを使わずに、真ん中に入ったことや。
DFがどんなにミスして相手にボールを渡したか。

タケシ監督(甲府)が言ってたことは真実。
「10人じゃなかったなら、勝てる相手だった」
いまのうちは、ハッキリ言って強くないよ。

なぜならみんな「ガチガチ」だもの。
やっぱり、優勝経験者がいないチーム、って感じ。
未知のタイトルに、みんなが挑む、って感じだ。
ワシンdだって、ナショナルリーグでの優勝はないらしいし。

こういうときこそ、落ち着いて、
冷静にプレイする選手が必要なんだなあ。
今シーズンの最初にも書いたけれど、
うちはそういうベテラン選手がいないんだ。
暢久も、最近は見違えるようなんだけれど、
甲府戦のゴールはともかく、前半のプレイは…。

今年こそ、きっちり優勝することで、
みんながこういうときに、どうなってしまうか、
どういうプレイを逆に心がけたらいいかを、
きちんと考えていけるように、なってほしいなぁ。

みんな考えれば、きっとできるはずなんだ。
岡野だって、最近のプレイスタイルは実にクレバーだ。
選手は学べば、どんどん変わる。
何年も同じ選手をピッチで観てると、よく分かったよ。

そのためにも優勝しなきゃいけない。
今日は、決まらないかも知れない。
そこでジタバタしたら、最終節に逆転されるよ。
落ち着いて、冷静にプレーできるようになれば、
いよいよ王者の風格と、アジアや連覇も見えてくる。

今日のプレイスタイルは、非常に楽しみだ。
是非、私をいい意味で選手たちが裏切って欲しい。
そのためならいくらでも声を出して応援するよ!

では、味の素でも買いに行ってきますか!!

Ak.
posted by Ak. at 10:13| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ま、あんまりにも予想どおりで笑った(笑)。
おいおい選手たち、口先だけじゃイカンよ。
「硬くなってはいない」っていうのは、
まずプレイで証明するもんだ。

どうしてワシンdしかいない場所に、
深くえぐる前から、放り込むんだろうね。
どうして相手があんなにいるセンターに、
何度も突破を仕掛けに行くんだろうね。

そりゃあボールもとられるだろうし、
ミスが次々と出るのも当然だろうさ。
「自分たちのサッカーをする」
それを自分たちで裏切っちゃいけない。

ベンチの采配もなお良くない。
ギドはうちをドイツ代表だと思ってるんじゃないのか?
相手の結果に合わせてゲーム内容を組み替えるなんて、
そんな器用な芸当がうちらにできるわけがないじゃないか。

ある時は勝ちに行き、ある時は引き分けを狙い…。
そんなことができるのは、
名門、王者と呼べるチームだけだよ。

そしてうちはまだ、名門じゃない。
そこに手を伸ばすためには、
もっと遮二無二努力する姿勢がないと。
それを教えてあげる有能な指導者がいないと。

次節はやられるかもしれないぞ。
坪井が戻ってこないと、DFはガタガタ。
3点差で負けなければいいだなんて、
この試合に勝つよりも難しいと思うけど?

厳しい試合になりそうだな…。

Ak.
Posted by Ak. at 2006年11月28日 14:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。