現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2006年07月07日

メルマガVol.580「レイヤーケーキ」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                ____________
  Vol.580「レイヤーケーキ」★★★     2006.7.5(水)
 ̄                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   引退を決めていた麻薬ディーラーが、ボスに別件を頼まれ、
   ヤバいブツの処理では殺人も起き、一転して大ピンチに。

  【2】Michelin
   渋谷ユーロスペースでの単館上映。パラパラ入っている。

  【3】Review
   ドタバタ劇を無理矢理ハードボイルドに。微妙な違和感。

  【4】Column
   人間は引き際が肝心だ。権力の甘い罠に、陥れられる前に。

_________________________________________________Layer Cake

「シルヴィア」「Jの悲劇」「ミュンヘン」と出演作が目白押し、
新007の前に、充分名前を売っているダニエル・クレイグ。
こちらは同じアクション映画でも、「ロックストック…」や、
「スナッチ」のプロデューサーによる英国製のハードボイルド。

<オフィシャルサイト>
http://www.sonypictures.jp/movies/layercake/


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃ STORY (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

資金を貯め、引退を決めていた麻薬ディーラーがボスに呼ばれる。
大量のブツが入ったが、実は盗品だと分かって暗殺者に狙われる。
さらに、友人から頼まれた人捜しにもウラがあり、引退どころか、
命すら危うくなってきた彼の人生、果たして逃げ切れるのか?


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃ 上映館ミシュラン (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

渋谷ユーロスペースでの単館上映です。
そんなに混んでませんでしたね…予告も観た覚えがないし。
もうちょっと露出すれば、人は来る映画のような気がしますが。
ハードボイルドアクション、好きな人はいると思うけどな。

▼渋谷 ユーロスペース 7/1(土)より
12:00/14:15/16:30/18:45〜終20:45


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃ Review (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ポイント】★★★

<内訳>
テーマ   :★★★★
ストーリー :★★★
キャスト  :★★★
スタッフ  :★★★

うーん。この映画はもったいない。
これは監督が、何かを勘違いしてしまっている。

本来、この脚本はハードボイルドになりえない。
なぜなら、主人公は明らかに素人だから。
「ロックストック…」や「スナッチ」と同様に、
素人が、プロたちの大きなヤマに巻き込まれて、
凡ミスを連発、ドタバタを繰り返すコメディなのだ。

でも、この映画はカッコつけている。
しかも主役はダニエル・クレイグである。
この時点では007に決まってはいなかったとしても、
とはいえ彼は、実際にカッコイイのだから困ったものだ。

その彼が、風貌の通りにハードボイルドに振る舞い、
クールなコメントを吐き、颯爽と街を闊歩する…
…のに、一方で凡ミスを連発して自らピンチを招き、
仲間に睨まれ、しどろもどろになるのは違和感ありすぎ。

この監督は、ガイ・リッチー映画のプロデューサーで、
自分がメガホンをとったら違う路線をやりたい!
という気持ちは分かるものの、これはちょっと変だ。

だったら主人公も敵も、冷静なプロに入れ替えて、
そして百戦錬磨の敵と、駆け引きするのが本筋だと思う。
でなきゃダニエルもハードボイルドも捨てないとダメでしょう。

と、ここまで苦言を並べてみたものの、
それくらい、クライムムービーとしては良く出来ているのだ。
ちょっと展開がゴチャゴチャと入り乱れてはいるものの、
単純な取引の上にウラがあり、またウラがあり、ウラがある。

そういう悪党世界の「レイヤーケーキ(階層構造)」を、
この映画は下っ端の一人になりきって、一気に堪能できる。
最後にはきちんと、一発逆転のアイディアも練ってあって、
最近のこの手の映画では、ほぼ二重丸の出来なんですよね。
「ジャケット」や「インサイドマン」より、正統派の良さがある。

だから、2時間が楽しいは楽しいのですが…。
口笛吹いてる暗殺者や、変な女の話はやめて、
本当にハードボイルドに徹していたら、4つ星だったなあ。
重ね重ね、惜しい。ま、007観てね、ってことか?


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4┃ Column (観おわったあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人生のヴィジョンは、人それぞれだ。
終身雇用が崩れはじめたいま、この国でも、
人生をどのように組み立てて生きるのかは、
個人の考えに委ねられるようになってきた。

最後まで会社にしがみついて、定年まで働くのもいい。
自分でビジネスを起こして、一発勝負に出てもいい。
田舎に移って、田畑とともにのんびり暮らすのもありだ。
みんな等しく、がむしゃらに働くだけの時代は終わった。
人生は人それぞれ、幕引きも人それぞれだ。

そこで、ある男は、手っとり早い儲けを狙った。
要は犯罪。それも麻薬のディーラーだ。
安く仕入れて、高く売る。
売値が高いモノほど、マージンが取れる。

麻薬は不動産とともに、割がいい商品だ。
たんまり儲けて、あとは悠悠自適。
そんな人生のプランだったが、失敗だった。

彼は、儲けすぎたのだ。
儲けた者は、狙われる。
それが犯罪者たちの世界だ。

ボスが部下の利益を奪おうと狙う。
部下がボスの権力を奪おうと企む。
悪党たちは、利益のバランスが崩れた瞬間、
信頼関係も、一夜で敵対関係に変わる。

男は、それをまざまざと見せつけられる。
上には上がいて、ボスにはボスがいる。
そのボスには、そのボスの狙いがあり、
その権力はさらに強大で、抗うことはできない。

しかも、お互いに犯罪者だから警察には頼れない。
自分の身は自分で守り、自分の敵は自分で撃つしかない。
安く仕入れて、高く売るだけの仕事のハズが、
もはや、麻薬はただの商売ではなくなった。

犯罪社会は、巨大なレイヤーケーキ。
一番下のスポンジにいると、安泰だが中身はスカスカだ。
時には甘い汁もあり、時には苦い隠し味もある。
けれども人々が見ているのは、美味そうな外見だけだ。

こんなところからは、速く離れた方がいい。
儲けなんて、最初から捨てた方が良かったのだ。
麻薬の捌きは、一番割に合わないビジネスであって、
最良のビジネスは、下っ端ではなく仲介に徹することだ。

けれども、この世界から足を洗うのは難しい。
いつか、頂点のストロベリーを食べられる日が来る。
ちょっと甘い汁を吸うと、権力とカネも集まってくる。
そんな風にして、人はケーキの中にのめり込む。

引き返そうと思ったときには、もう遅い。
儲けすぎた者は、必ず妬まれて失墜する。
他人と較べて生きる者は、他人と較べられて転ぶ。

人生は、ひとりひとりが決める時代になった。
引退は、他人の目を気にして決めるモノじゃない。
自分の人生を決めるのは、あくまでも自分の基準だ。

成功や権力にしがみついてはいけない。
納得できる幸せは、自分自身でしか、決められないものなのだから。

2006/7/4 渋谷ユーロスペース1にて。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃5┃ 次回予告 ほか
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その他、筆者からのお知らせなどなど。


★次回予告「美しい人」………………………………………………

ホリー・ハンター、グレン・クローズ、シシー・スペイシクら、
超豪華女優と、さらに渋い俳優陣も揃えた女性向け9つの短編集。
監督は「彼女をみれば分かること」のロドリゴ・ガルシアで、
とにかく女性客で毎回満席。いやはや、皆さますごいパワーだ…。

で、次回もお楽しみに。次回は金曜の予定。
http://www.elephant-picture.jp/utsukusii/


★今後の予定など………………………………………………………

来週は、以下の3本の予定。
まあ、ハリウッド超大作はともかくとしておいて、
前作「蛇イチゴ」で注目された西川美和監督の「ゆれる」、
そしてテリー・ギリアム監督による、不思議の国のアリスと
自作の「ラスベガスをやっつけろ」を組み合わせた異色作、
「ローズ・イン・タイドランド」は、なかなか味がありそう。

「M:i:3」http://www.mi-3.jp/
「ゆれる」http://www.yureru.com/
「ローズ・イン・タイドランド」http://www.rosein.jp/


その他、今月は以下のようなラインナップを検討しています。
まあ、何てったって「パイレーツオブカリビアン…」なのですが、
他にも、上から順に感動作、お笑い、ホラー、名作ときて、
原作物のアニメ映画が2本と、実に夏休みは充実しています。

「パイレーツオブカリビアン」http://www.disney.co.jp/pirates/
「胡同のひまわり」http://himawari-movie.com/
「笑う大天使(ミカエル)」http://www.michael-movie.com/
「ディセント」http://www.descent.jp/
「ハイジ」http://www.heidi-movie.jp/
「ブレイブストーリー」http://www.bravestory.net/
「ゲド戦記」http://www.ghibli.jp/

というわけで、これからもお楽しみに。


★最新情報はブログにて!!…………………………………………

ブログには過去掲載作などがまとめて載っています。
http://filmandlife.seesaa.net/

※ 実はケータイからも同じアドレスでみられます。要Check!

ブログなら、かしこまったメールをすることもなく、
小さなコメントや、筆者へのリクエストを書き込めます。

また、筆者が映画を見終わった直後の感想や、休刊情報、
映画とは全く関係ない筆者の近況まで、いろいろ掲載中。
ぜひぜひアクセスしてください!!


★これまでのバックナンバー…………………………………………

バックナンバー、メルマガの紹介や登録関係などについては、
それぞれ以下のページをご参照くださいませ。

http://www.mag2.com/m/0000197069.html(まぐまぐ)
http://www.melma.com/backnumber_33635/(メルマ)

メルマのバックナンバーは、第1号から掲載されています。
ただし検索機能がついておりませんので、
ここ1年については、ブログの方が探しやすいと思います。
http://filmandlife.seesaa.net/(筆者のブログ)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【映画のなかの人生、映画のような人生。】
 Vol.580 2006年7月5日
 発行者:Ak. http://filmandlife.seesaa.net/
 (C)2001-2006 Ak. All rights reserved.
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
posted by Ak. at 22:01| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Ak.さん、はじめまして。
映画の感想が聞けてうれしかったです。
って言うかもう上映始まってるって知らなかったです。
私は1回こっきり何かの番組内で紹介されてるのをみました。
主役の人は007の人なんですね?
結構がんばってる映画なんですね〜〜。

私は映画とかの原作本を読んで感想とかを載せてます。
ちなみに今読んでるのはブレイブストーリーです。
よかったらまた遊びに来てくださいね。
Posted by yai at 2006年07月08日 10:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

レイヤー・ケーキ
Excerpt: 邦題:レイヤー・ケーキ 原題:LAYER CAKE 監督:マシュー・ヴォーン 出
Weblog: Pocket Warmer
Tracked: 2006-07-12 00:41

レイヤーケーキ
Excerpt:        麻薬ディーラーとして、堅実に金を稼ぎ、着実に仕事をこなしてきた男XXXX(ダニエル・クレイグ)  そんな彼は、お金も貯まった事だし、ボスから頼まれた2つの..
Weblog: とにかく、映画好きなもので。
Tracked: 2006-07-13 19:55

[ レイヤー・ケーキ ]どんな仕事も、上はハイリスク
Excerpt: [ レイヤー・ケーキ ]@渋谷で鑑賞 [ ロック、ストック&ツー・スモーキング・バレルズ ] を思い出した。あの作品ほどの喜劇っぽさはないものの、 スタイリッシュさと裏社会をテーマに..
Weblog: アロハ坊主の日がな一日
Tracked: 2006-07-30 00:29

レイヤー・ケーキ
Excerpt: レイヤー・ケーキとは、下っ端から上層部まで、裏社会の階層(レイヤー)をケーキに喩えた言葉。一番上はおいしそうだが、この仕事、そんなに甘くない。その階層を麻薬ディーラーとして駆け上ってきたおれ。そろ..
Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
Tracked: 2006-10-22 22:14
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。