現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2006年06月20日

(戦評)対クロアチア戦

いちおう真面目なことも書いておこう。

戦術等については、多くの人が書いているとおり。
筆者は元川悦子氏のレポがいちばんいいと思います。

クロアチアは、後半に仕掛けるために、
ボールを持たせて体力を温存。
ところが、PK失敗を取り返そうと、
思わず前半に走ってしまったこともあったのか、
それでも後半まで体力が持たず、結局失速。

一方でボールを持っている日本も、
ただ持っているだけで、誰も走れず、
柳沢はボールを全くキープすることなく、
高原は下がってくるのでボールが受けられず、
中村俊輔はスペースに流れず、小笠原も真ん中に居ずっぱり。

チャンスは両サイドバックが上がってきたときだけ。
その決定的チャンスの1つ、加地のクロスを決められず、
代わりの選手も、Jリーグで今季1得点(笑)の玉田、
残りたった5分しかない大黒、とどうしようもなかった。

フォーメーションを思い切って変えることもなく、
90分を終了、両者ともにふがいない引き分け。
当初から予想したとおり、やっぱり0−0でした。

セルジオ氏も書いてるけど、
私が見たいのは、勝利じゃないです。
見たいのは、勝ちたい!という闘志。
最後まで走りきる、必死な姿なんですけどね。

川口がPKを止めたときに、
真っ先に走っていった中田英寿の姿。
最後のホイッスルを聴いて、ピッチに倒れ込んだ彼。

これが観たいんですよ。11人、全員の。
極端な話、負けてもいいんです。
誰が戦犯か、なんてどうでもいい。
柳沢が枠を外しても、宮本がPKを与えても、
頑張ってるなら、必死だったら、それでいいんです。

何度もスタジアムに足を運んで、
私が覚えているのは、勝利ばかりじゃありません。
負けた試合にも、いくつもの想い出があります。

いつぞやの、Jリーグチャンピオンシップで、
前半終了間際、CKにぴたりと合わせたヘッドが、
ギリギリそれたアルパイ、いまでも覚えています。

彼はその時、全く悔しがることなく、
全速力で最終ラインに戻っていきました。
それと同時に、前半終了の笛が鳴った。
ピッチに膝から崩れ落ち、地面を叩いた彼の姿、
いま思い出しても涙が出ます。感動しました。

他にも、負けた試合でいくつも想い出があります。
昨年のアウェイガンバ戦や、ガスとのナビ杯決勝とか。
テレビでは、それらすべてを捉えることができませんが、
その一端は、端々から伝わってくるものです。
そしてそれこそ、真剣勝負のすばらしさだと思うのです。

伝わってこないんだよな。ヒデ以外。
川口はいつも前面に出してるけど。
それが空回りしてることが多いわけだけど。

PKを与えて下を向いているキャプテンよ。
アンタ、川口が止めたときにどこにいたんだ?
また「こんな結果は予想してなかった」のか?

交代して入った選手たち、もっと走ろうぜ。
隣で走ってる選手を見て、悔しいと思わないのか?
走るよりもボールがほしいのか?仲間を信じてないのか?
やっぱりアンタたちは、11人の仲良し兄弟だったのか?

メディアは「まだ首の皮一枚」とか書いてるけど、
事実上、これで日本のW杯は終わったわけです。
そんなこと言うと、本当は選手に失礼なんだけど、
失礼なプレーをしているのは、むしろ彼らだと思います。

そして、それをよしとしてきたのは、
監督であり、協会であり、メディアであり、
スポンサーであり、そして我々サポたちです。
「失われた4年」とか、「空白の4年間」とか、
すでに言われていますが、そうしてはいけません。

我々が学んだことを、きちんと考えるべきです。
8年前と較べても、得失点は現時点でほぼ同じ。
ただ1つ、勝ち点を初めてとれただけだった。
シード権がなければ、やっぱり何もできなかった。

その理由を、そろそろ猛省すべき段階だと思います。
浦和サポとして、Jリーグのサポとして、
日本サッカーを応援する者として、
何よりもサッカーを愛する者として、
私もどこかで意見をまとめるように考えます。

Ak.
posted by Ak. at 18:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。