現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2006年06月14日

メルマガVol.573「インサイドマン」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                ____________
  Vol.573「インサイドマン」★★★     2006.6.14(水)
 ̄                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   NYで発生した銀行強盗。居合わせた客と職員を人質に、
   犯人は立て籠もり、刑事たちは彼らの目的を図りかねる。

  【2】Michelin
   各地のシネコンが中心で、あまり上映館はありません。

  【3】Review
   本格的サスペンスを、名優たちと斬新な演出が楽しませる。

  【4】Column
   犯罪者の美学とは、あらゆる人間に対する優越である。

_________________________________________________Inside Man

「フライトプラン」が見事に転けたジョディ・フォスターですが、
今回の共演者はデンゼル・ワシントン、クライヴ・オーウェン。
ただの銀行強盗のはずが、どうも行動が不審で戸惑う刑事。
久々に緊張感が漂う、本格的クライムサスペンス、のはず。

<オフィシャルサイト>
http://www.insideman.jp/


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃ STORY (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

NYでの銀行強盗事件。現場に居合わせた客と行員を人質に、
犯人は銀行に立て籠もる。人質全員に同じ覆面、服装をさせ、
逃亡用のジェット機を要求する犯人に、刑事は交渉を図るが、
彼らは応じることもなく、不可解な要求ばかりを突きつける…。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃ 上映館ミシュラン (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日比谷みゆき座ほか、各地シネコンでやってます。
まあ、シネコンで観た方がいい映画だと思います。
筆者は初日に観ましたが、それなりの混み具合でした。

▼日比谷 みゆき座 6/10(土)より
10:30/13:25/16:20/19:15〜終21:40

▼新宿 新宿武蔵野館 6/10(土)より
〜6/16 10:35/13:10/15:45/18:20〜終20:40

▼お台場 シネマ メディアージュ 6/10(土)より
〜6/16 11:10/14:20/17:15/20:10〜終22:35 
6/17〜 11:10/14:15/17:10/20:10〜終22:35 

▼錦糸町 TOHOシネマズ錦糸町 6/10(土)より
〜6/16 12:30/15:20/20:50(土0:00〜終2:20)

▼亀有 MOVIX亀有 6/10(土)より
〜6/16 10:55/16:15/19:00/21:45〜終0:05

▼豊島園 ユナイテッド・シネマとしまえん 6/10(土)より
〜6/16 10:45/16:30/19:15/22:00〜終0:18

▼東武練馬 ワーナー・マイカル・シネマズ板橋 6/10(土)より
〈字幕〉(6/10〜6/16)10:10/12:55/15:40/18:30
【レイトショー】(6/10〜6/16)21:10〜〔終〕23:35


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃ Review (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ポイント】★★★

<内訳>
テーマ   :★
ストーリー :★★★
キャスト  :★★★★
スタッフ  :★★★★

なかなか、面白かったと思います。
「ジャケット」同様、観客を罠にはめようと頑張っている。
こちらの方が、よりエンターテイメントに徹しているかな。
生と死のようなテーマはなく、純粋にクライムサスペンス。

とはいえ、クルクルと場面が変わるテンポの良さはなく、
犯人はゆっくりと不可解な行動をとり、
刑事はじっくりとその謎に立ち向かいます。
リズムで押し切ろうとはせず、観客も一緒に考える趣向です。

これは「問題」が面白くないと、映画は沈んでしまいます。
実は、「問題」はあんまり難しくはないものが多いので、
筆者としては「そりゃそうだわな」と思ったりしましたが、
そこで効いてくるのが、この豪華なキャスティングです。

謎をかける側の犯人、クライヴ・オーウェンと、
刑事役のデンゼル・ワシントンによる駆け引きは、
電話を通しても、対面しても、見応えがあるもの。
さらに今回は高慢ちきな敏腕弁護士役のジョディ・フォスター。
彼女はこういう役柄の方が、いまやはまってるかもしれません。

そして、これを演出するスパイク・リー監督も面白い。
事件が進展する合間、合間に、コミカルなネタを挟み、
いまや街中で、不審に見られているアラブ人や、
犯人の出したナゾナゾに、こだわりの解答を示す警察官、
暴力系18禁のテレビゲームに熱中する子どもなどが描かれる。

「こ、これでは本当にクライムサスペンスになってしまう」
とでも、スパイク・リーが危惧?したのかは知りませんが、
これはこれで意外と斬新なミスマッチで、
日常と非日常の狭間に描かれている人質たちは、
親近感を感じさせ、緊張感一辺倒の映画のなかで、
不思議なリアリティを醸し出しているようです。

ただ、最終的には、大げさなトラップはありません。
せめて「ユージュアルサスペクツ」くらいのラストが、
こういう映画には求められるわけですが、まあこんなものかな。
実は筆者は、あの前バラシで想像がついちゃったんだよな…。

特に終わって、何かに感動するわけでもないし、
犯人の素性とか、いろいろ分からないことも多いですが、
ま、最後まで純粋に犯罪の美学を楽しもう、というわけで。
期待通りの内容で、見て損はないと思います。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4┃ Column (観おわったあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

犯罪には美学がある。
この映画は、その美学を探る映画である。

絶対に安全な方法で、労せず大金を手に入れる。
そのために必要なのは、驚くべきアイディア。
それを実現するための、地味で周到な準備。
それらを完璧にこなせる、信頼できる仲間たち。

今回は銀行の弱みを握り、犯人たちは行動を起こした。
それを利用すれば、決して訴えられないという確信。
あとは、どうやってモノを手に入れ、脱出を図るかだ。

大量の人質をとって、立て籠もることにする。
人質に同じ格好をさせ、犯人はその中に紛れる。
これで脱出する手段は、何とか整いそうだ。

しかし、すべてを手に入れても、まだ足りない。
犯行を進めれば、予期せぬ人間たちが割り込む。
担当する刑事は敏腕か、鈍感かでも対応は変わる。
銀行がどう対応するか、どんな弁護士を雇うかでも違う。
人質たちが、何を考え、どう行動するかも分からない。

そこには、計画以上の未知数がひしめいている。
それに対して、何を予想し、どれだけ手を打つか。
そして何が起きても冷静に、臨機応変に対応できるか。

計画そのものよりも、この未知数を消すことに、
犯罪者たちの美学は隠れているのではないか。
クライヴ・オーウェンの表情には、一点の曇りもない。
準備は完璧で、必ずやり遂げるという自信に満ちて。

どんな人間が、どんな行動をとったとしても、
決して、自分の想像を超えることはできない。
素朴な人質たちから、凄腕の刑事や弁護士に至るまで。
計画が完遂された瞬間、犯人はその仮説を証明するのだ。

犯罪者が求めているのは、むしろその快感であり、
大金は「証明」に対する報酬に過ぎないのかもしれない。
すべての人間が、自らの手のひらに乗るという優越。
さて、あなたは彼の手のひらに、乗るかどうか?

2006/6/10 ユナイテッドシネマズとしまえんにて。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃5┃ 次回予告 ほか
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その他、筆者からのお知らせなどなど。


★次回予告「初恋」……………………………………………………

いまや朝の連ドラで、快活な笑顔と素朴な涙を振りまいている、
宮崎あおい。彼女の本職?映画女優としての新作も舞台は昭和。
三億円事件を題材に、権力に立ち向かうことが青春だった時代を、
ノスタルジックに振り返っていくある女性のラブロマンス。

で、次回もお楽しみに。次回は金曜の予定。
http://www.hatsu-koi.jp/


★今後の予定など………………………………………………………

今月の残りは、以下の4本の予定。

「カサノバ」は「ショコラ」のラッセ・ハルストレム監督の新作。
ヒースレジャーは、ゲイから稀代の色男まで何でもできる、と。
大きな槍を持って馬に乗っていた頃が、いまや夢のようですね。

個人的に楽しみにしているのは「プルートで朝食を」。
「28日後…」のキリアン・マーフィが、こちらはゲイとして、
完璧な女装をこなして、ロマンティックなラブストーリーに。
彼はどこかで大成するんじゃないか、と筆者は期待しています。

「カサノバ」http://www.movies.co.jp/casanova/
「ステイ」http://www.foxjapan.com/movies/stay/
「やわらかい生活」http://www.yawarakai-seikatsu.com/
「プルートで朝食を」http://www.elephant-picture.jp/pluto/

というわけで、これからもお楽しみに。


★掲載間隔の変更について……………………………………………

えーっと、お知らせです。
いままで原則的には火・木・金でお届けしてきましたが、
筆者の都合により、今後は月・水・金とさせてください。
また、週2本の場合は水曜を休載にしたいと思います。

今後ともどうぞごひいきに。


★最新情報はブログにて!!…………………………………………

ブログには過去掲載作などがまとめて載っています。
http://filmandlife.seesaa.net/

※ 実はケータイからも同じアドレスでみられます。要Check!

ブログなら、かしこまったメールをすることもなく、
小さなコメントや、筆者へのリクエストを書き込めます。

また、筆者が映画を見終わった直後の感想や、休刊情報、
映画とは全く関係ない筆者の近況まで、いろいろ掲載中。
ぜひぜひアクセスしてください!!


★これまでのバックナンバー…………………………………………

バックナンバー、メルマガの紹介や登録関係などについては、
それぞれ以下のページをご参照くださいませ。

http://www.mag2.com/m/0000197069.html(まぐまぐ)
http://www.melma.com/backnumber_33635/(メルマ)

メルマのバックナンバーは、第1号から掲載されています。
ただし検索機能がついておりませんので、
ここ1年については、ブログの方が探しやすいと思います。
http://filmandlife.seesaa.net/(筆者のブログ)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【映画のなかの人生、映画のような人生。】
 Vol.573 2006年6月14日
 発行者:Ak. http://filmandlife.seesaa.net/
 (C)2001-2006 Ak. All rights reserved.
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
posted by Ak. at 15:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(12) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

インサイド・マン
Excerpt: スパイク・リーによる社会派娯楽映画。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-06-14 16:44

インサイド・マン/INSIDE MAN
Excerpt: 「フライトプラン」「ダヴィンチコード」の制作者! とか言われても惹かれはしないんですがー...。 先月、全米初登場No1になったサスペンス{/kaminari/} 監督スパイク・リーだからなぁ、、..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2006-06-14 18:50

『インサイド・マン』
Excerpt: その時、犯人は人質全員を共犯者にした。   ■監督 スパイク・リー■脚本 ラッセル・シェウィルス■キャスト デンゼル・ワシントン、クライブ・オーウェン、ジョディ・フォスター、ウィレム..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2006-06-14 23:08

映画 「インサイド・マン」
Excerpt: 映画 「インサイド・マン」 を観ました。
Weblog: ようこそMr.G
Tracked: 2006-06-15 00:48

映画のご紹介(140) インサイド・マン
Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(140) インサイド・マン-ジョディ・フォスターファンは 裏切られるかも。 この..
Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス
Tracked: 2006-06-16 07:13

★「インサイド・マン」
Excerpt: デンゼル・ワシントンとジョディー・フォスター、そしてクライヴ・オーウェン。 ひらりんでも知ってる有名どころが出演してる泥棒ものか。
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2006-06-20 04:52

No.061 「インサイド・マン」 (2006年 米 128分 シネスコ)
Excerpt: 監督 スパイク・リー 出演 デンゼル・ワシントン     クライヴ・オーウェン     ジョディ・フォスター 銀行強盗を題材にした作品って昔からいろいろありますね。 特に私が好きなのはシドニー..
Weblog: キングの映画の窓(劇場鑑賞版)
Tracked: 2006-06-21 00:37

「インサイド・マン」観ました。
Excerpt: 6月10日から公開の「インサイド・マン」を観てきました。 予告編を観た時に、デンゼル・ワシントン/クライブ・オーウェン/ジョディ・フォスターと言う、主役級のキャストを揃えた作品だったので、「面白いに..
Weblog: GOOD☆NEWS
Tracked: 2006-06-21 15:29

「インサイド・マン」完全犯罪なのに不完全燃焼気味の奇妙な感覚...
Excerpt: 「インサイド・マン」★★★ デンゼル・ワシントン、クライブ・オーウェン、ジョデイ・フォスター主演 スパイク・リー監督 メジャー路線ではない監督が こんなメジャーな俳優を使った、銀行強盗の映..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-06-23 09:27

「インサイド・マン」見てきました
Excerpt:  これを見たら銀行強盗の完全犯罪ができるようになるかもしれない、インサイド・マンを見てきました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2006-06-24 22:21

インサイド・マン
Excerpt:  自分としては『ジョンQ 最後の決断』以来の銀行襲撃ものですが、完全犯罪ものとしてもかなり秀作の部類にはいるのではないでしょうか。  トリッ
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2006-07-10 07:40

≪インサイド・マン≫(WOWOW@2008/01/20@039)
Excerpt: インサイド・マン    詳細@yahoo映画 銀行強盗グループと事件解決に向けて奔走する捜査官、 そして現場に駆けつけた女性交渉人らの心理戦を描いたサスペンス 実は..
Weblog: ミーガと映画と… -Have a good movie-
Tracked: 2008-03-07 19:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。