現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2006年06月13日

(戦評)対オーストラリア戦

見事な逆転劇だった。
10分で3点。それがサッカーだ。
サッカーの女神は、やはり実力に忠実だった。

日本の敗因は、前の記事に書いたとおりだ。
このチームの最大の弱点はメンタルだ。
勝ってるときに奢る。そして修正できない。

1−0で勝ってるときに、どうして2点目をとれないのか。
前線のパスは、すべてチグハグでシュートすら撃てなかった。
だって、誰も走らないし、柳沢は高原とかぶるし。
失点よりも、この場面の意思疎通がないことが問題だろう。

失点の場面。どうして川口が飛び出したのか?
真正面のFKを止めて、自分は天才だと勘違いしたのか?
完全に相手をなめている。1−0で勝てると思ってる。
オレはできると思ってる。それが間違いなのだ。

自信と妄想は、全く違うものだ。
日本人は両者をどこかで勘違いすることがあるようだ。
そして、それを補正できる外国人もいなかった。

柳沢を下げて小野。意味が分からない(笑)。
2点目をとりに行けば、相手を下げられるのに。
速いFWを入れれば、相手は怯えるはずなのに、
玉田、大黒ではなく、なぜかここで小野。中盤。

しかも失点してからの動きが全くもって遅い。
どうしてもっと早く、攻撃陣を投入できない?
1−1でいい?2−1でもいいのか?
さらに、守備陣を削ったら失点が多すぎないか?
この先、得失点差を考える必要はないのか?おい?

あまりにもていたらくだ。
日本のファンは怒るべきだ。激怒すべきだ。
相手をなめてるイレブンにも、無能な監督にも!
本番は、やはり強運だけではしのげなかった。
だから、もっと早くこの事態に至るべきだったのだ。

この試合は、負けるべくして負けたものである。
残念ながら、私の予想は当たったようだ。
ケーヒルの2得点は、プレミアファンとしては、
もちろん嬉しいし、何かやるのはケーヒルだと思ってた。

でも、日本にはいい教訓になったはずだ。
今度こそ、きついお灸が据えられたはずだ。
私はそう信じている。
今度こそ、妄想ではない、本当の自信をつかんでくれ。
でないとヒデがかわいそうだよ。

Ak.
posted by Ak. at 00:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。