現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2006年04月02日

戦評:浦和 0−0 名古屋


今日の試合は、だいぶ問題点も見えてきた。

ナビ杯の試合は、ビデオで観た。
メンバーが替わっても勝てた、
とみんな言っていたけど、内容はさんざん。

このゲームの特徴は、とりわけ中盤が2枚、
小野・長谷部からセルヒオ・酒井に替わったこと。
テクニシャンが消え、ガツガツした中盤に替わった。

すると途端に、中盤でボールがもてない。
収まりどころがないから、パスの出し場もない。
いつものんびり両サイドが上がっているから、
結局バックパスしかなくて、ビルドアップできない。

結果的には何とか勝てたものの。
先制点のシーンは、タテへのロングパス1本に、
ポストプレーからシュート、ってあたりが、
このゲームの「中盤の不在」を露呈してしまっている。

いかにこのチームの中盤が、個人技に頼っているか。
そこでのボールキープが、暢久のぼーっとしてる時間や、
闘莉王が上がる時間、アレが走り出す時間を稼いでいて、
何とか形ができているということを、このゲームは明らかにした。

で、今日。
前半の名古屋は引きすぎなくらい、引いていた。
中盤はキープなんて要らない。
ポンテはほとんどフリーだった。
バカにしてんのか、と思うくらい名古屋は引きまくった。

こうなると、レッズは相手を崩せない。
サイドからの上がりが、左しか期待できないため、
結局、ワシントンのポストプレーをからめた、
中央からの個人技、ワンツーでドタバタしてしまう。

まるで、2年前のアーセナルを思わせるような。
どんどんシュートは打てるけど、DFもいるから、
なかなか入らずに、みんなが焦って中央に入り、
サイドが消え、相手は引き、点数は入らない…。

そのうち後半になり、さすがにアレも疲れてしまい、
全体的に、中盤でのキープも落ちてきたところで、
逆に相手にその部分を衝かれて、反撃を喰らってしまった。
ワシントンが混み合う中央でもみくちゃにされて、
疲れているのもあって、激怒していた時点で冷静さを失っている。

これは負けていてもおかしくない試合展開だった。
実際、アーセナルはこの展開でよく負けたものさ…。
今日は引き分けでもしようがない。名古屋の作戦勝ちだ。

この2試合で、レッズが決して強くないことは、
みんな、よく分かってきたんじゃないかな。
特に、引かれたときの崩し方が、このチームにはない。

闘莉王が入ってクロスを上げるなら、両サイドが上がらないと。
引かれた相手に1トップだけだと、ターゲットが少ないから、
今日のワシントンみたいに、誰だって怒り出すよ。
もっと早い段階で黒部や相馬、平川を投入すべきだったのでは?

なあんてあたりを、監督が分かっていればいいんだけど…。
連戦の終わりで、みんな疲労も蓄積していたわけで。
その辺で、選手層を活かしたカバーも必要なんですが。
モウリーニョみたいに全試合で3人交代させろとは言わないまでも。

やっぱ、このまま行くと無敗だけど引き分けが多かった、
優勝しても勝ち点の少なかったアーセナルのように、
なってしまうかもしれないな…ま、優勝すればいいんですがね。

そうそう、今日のマンオブザマッチは坪井。
絶対に坪井。すごいタックルとカバーの連続だった。
怪我明けから、彼の能力にずっと疑問符を持っていたけど、
今日は彼の完全復活を間近で観た気がしたね。
速いんだよ、あの足と来たら…本当に驚愕。
彼と闘莉王のCBなら代表は当然だと思うんだけど。。。

Ak.



posted by Ak. at 23:54| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。