現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2006年03月04日

2006 浦和レッドダイヤモンズ展望

浦和レッズで検索する方も多いようなので。
だいぶスタジアム観戦してる身でもあり、
何か書いてみようと思います。


もちろん目標は優勝だし、
タイトル総なめの実力はあるでしょう。

ゼロックスも自由席で観てきましたが、
攻撃陣のコンビネーションは今季の見どころ。
いまやアーセナルもびっくり!のパスワークで、
相手を崩すことも、充分に考えられます。

小野とワシントンは途中合流だったのに、
あのコンビネーションができるとは…。
昨年、前線で孤立してファウルやカードをもらい、
イライラしていたポンテが、水を得た魚のように走る!
スペースを観れば誰かが走ってる、そんなサッカー。

そして、ワシントンのポストプレーは、
そんな浦和のサッカーを形づくってる。
昨年から、まずは前線に当てるかたちが多くて、
ポストプレイヤーにはほど遠いマリッチが頑張ってたけど、
今年は違う。本当に前線でタメができてますから。
黒部もいるし、この点でもギドの目指すかたちはできたのでは。

タメができることで、浦和の昨季最大の弱点であった、
「ゴール前に人がいない=クロスをあげてもしようがない」
症候群が、だいぶ回避できることをゼロックスでは確認。
これでアレックスやポンテの、両サイドでの見せ場は広がるはず。

さらにセットプレー。
今年はわくわくするくらい高い!
昨年はマリッチと田中さん(=闘莉王)を押さえられると、
あとは可能性が堀之内にしか残ってない、イメージだったけど。
ワシントンの加入で選択肢が増え、小野の加入でトリックもアリ。

守備も、田中さんと堀之内がいる間は問題ないでしょう。
坪井は少々危なっかしいことが、昨季からある気がするけど。
普通にしているうちは、今年もリーグ最少失点を争えるハズ。

ただ、ゼロックスで気になったのは楽勝ムードかな。
正直、2点獲ってから何となく、気が楽になった雰囲気があった。
スタジアムにいると感じるんだ。「まあいいか」って空気。
一瞬、選手の声が後段からも聞こえるくらい静かだったときもあったんだ。
前線での猛烈なプレスがなくなったんだよ、あの後。

まあ体力温存の意味でも、90分のうち休みは必要だけどね。
でもちょっと、後半までお休みが過ぎたかもしれないな…。
だから、お休みしながらもプレッシャーをかけていく方法、
つまりカウンターへの中盤のつなぎ、前線のタメ方を考えないとね。

さらに、田中さんが上がったときに、啓太がそこを埋めると、
ぽっかり中盤が空くときが、だいぶ目立った。
バイタルエリアがすっぽり空くので、いいように使われると大変。
二川よりも、そこを遠藤や播戸が使ったときが怖かったんだな。

田中さん以外にも、両サイドが上がったりすると、
坪井がそこを埋めて、啓太がずれたりしていく。
この辺の意思疎通が壊れたときに、押し込まれてるんだな。
まあ、両サイドは仕掛ける攻撃こそ最大の守備、という術も覚えないとね。
特に今年は、左サイドからの攻撃が多くなるんだろうから…。

選手とシステムですか。
個人的には4−4−2が好きだけど、
ギドはやらないよね。しようがない。
3−2−4−1でこれからもやるんでしょう。
暢久が引き気味だから3−3−3−1?
いや、実は暢久は右SBなら4−2−3−1だけど。
その方が安定する気がするんだけどね…。

達也が帰ってきたら、2トップなのかなあ。
永井は今年も怪我でダメかも。困った困った…。
ワシントンは普通に行けば得点王は獲れるでしょ。
自分は都築はJのベストGKだと思うけどなあ。
ちょっとカッカする癖と、ハイボールへの対応に問題あるけど、
瞬発的なセービングは、だいぶ日本人離れしてると思う。

最近、長谷部に注目が集まってるけど、
彼は倒れない術を覚えないと。若いんだし。
絶対に倒れない!っていう信念をむしろ持ってほしい。
倒れて異議でカードもらってるうちは、欧州には行けないね。

注目の若手はセルヒオと赤星。赤星はフェイントが面白い選手だ。
細貝は高さはあるんだけど…。カニは正念場。
あとは堤や近藤には、DFのチャンスがあるだろね。

采配。悪いけどギドの采配は、あまり信用してない。
でも、最初の頃を考えれば、だいぶ良くなったと思う。
特に天皇杯決勝の赤星投入は、奇策に見えて最善策だった。
ああいうアイディアがぽんぽん出れば、評価は変わるけど…。

あとはサポーター。
ワシントンの応援歌、できたみたいだね。
ゴール裏もボソボソ歌ってたから、よくわかんなかった(笑)。
明日は覚えるくらい、何度もコールしたいね。

というわけで今年の予想か…。
75得点、40失点、得失差は35。
勝敗は20勝10分け4敗の勝ち点70を狙ってほしい。

4敗は難しいよ。チェルシーだって2敗してるんだから。
とにかく、負けそうな試合を引き分ける粘りがあれば、
ぶっちぎりで優勝できるはずなんだからね。
筆者もシーチケもって参戦します。We are reds!!!


Ak.
posted by Ak. at 00:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。