現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2006年03月03日

2006 Jリーグ展望

いよいよ開幕だ。

我らが浦和レッドダイヤモンズ、
今年の目標は、もちろん優勝。
それもナビスコ杯含めた総取り狙いだ。

リーグでは一昨年も2位、去年も2位。
一昨年のナビスコ杯でも準優勝。
シルバーコレクターと呼ばれないためにも、
何としても今年は優勝しなければならない。

昨年からリーグは1シーズン制の18チームとなり、
リーグの内容は、思い切り様変わりした。
これまでとは全く違うリーグになったと言っていい。

レベルが低いと切り捨てる「辛口」な人もいるが、
http://blog.nikkansports.com/soccer/sergio/archives/2005/12/post_29.html
それは単にサッカーの内容の問題ではない。
厳しい日程に対して、環境が整っていないことに、
大きな問題があったといえるだろう。

チームが増えたことがリーグのレベル低下の原因ではない。
試合数が増えたことがリーグのレベル低下を招いている。

とりわけ、昨年のゴールデンウィークや、
「HOT6」と銘打たれた7月の6連戦は、
最後の方になればなるほど、浦和も含めて、
お互いが走れず、お互いがボール回しに終始して、
観ていて、つまらないゲームが多々あった。

そのことが、リーグ戦後半になって現れ、
選手層が薄いチームは失速し、厚いチームが上昇した。
前半戦で走りきれなかったチームが、
後半戦では走り出し、とんでもない混戦につながった。

つまり、1シーズンを通して34試合やる戦力と、
サポートするクラブの体制が、どこも整っていなかったのだ。
時には平日開催も含めた、連戦が続く日程。
それに対する選手層の準備、次の試合も踏まえた監督の采配、
シーズン前の徹底したフィジカルトレーニング、
疲労回復のためのコンディショニング、トレーナー…。

年間50試合以上もざらのプレミアリーグなら、
当たり前のような準備が、Jリーグには欠けていた。
どの試合も全力で、そんな短期決戦の2シーズン制が、
クラブのなかに蔓延していたことは反省すべきだろう。
特にACLに出たクラブは、そのことを痛感したはずだ。

また、リーグとしてもベンチに5人しかおけないまま、
34試合も組んで、ナビスコ杯もやってるというのは、
まだまだ発展途上のリーグでは厳しかったんではないかな?
試合内容に対して、オプションがあまりにもなさすぎて…。

その結果として、この「1シーズンを通した体制」に、
近いクラブが、上位を争ったのが昨年だっただろう。
鹿島の失速、ジェフの粘り、セレッソの急上昇など。

さらに、看板選手を集める以外に何もせず、
過去の名声に酔い、フロントが無能だったクラブが、
軒並みJ2に降格したことは、このシーズンを象徴している。

特にヴィッセル神戸のフロントの迷走は、ひどかった。
他クラブながら、本当にかわいそうなものがあった。
オーナーの最後の挨拶に、ブーイングは当然でしょう。
泣いたってしようがない。悪いのは本人で、本来辞任すべきです。


そこで、今シーズン。

重要なのは選手だけではなく、フロントも含めて、
一丸となってシーズンに当たっていくことである。
昨年の経験を、監督の采配に、施設の整備に、
いかに活かしていくかが、今年は問われている。

分かっているクラブは、大幅な補強を行った。
かつてないほどの選手層が必要だと分かったクラブは。
できないクラブも、プレミアのウィガンのように、
何らかの知恵を施さないと、残留は難しい。

まして、何も考えていないクラブは必ず降格する。
最初の連戦は早くも今月末。
18日、21日、25日、29日(代表戦&ナビスコ)、4/2。
この5連戦の最後に、無様な姿を見せたなら、
もう優勝できないと考えた方がいい。

同じく連戦が続くゴールデンウィーク。
ここで今年はある程度、雌雄を決することになるのでは?
そのようにして、お金のあるクラブが名門となり、
お金のないクラブが、エレベータクラブになる。

そうして、Jリーグもまた、
欧州リーグの体系に近づいていくのかもしれない。
かつてオシム監督が「Jリーグは、どのクラブにもチャンスがあり、
抜け出した名門がないのがユニーク」と述べていたけれど、
それも、ここ数年で差がついてしまうかもしれないな。

さて、我らが浦和レッドダイヤモンズ。
初戦は昨年の覇者、ガンバ大阪。
にっくき宿敵は、またも青色のユニフォームだ。

昨年、わざわざ万博まで行って負けた、
あの恨みを何としても、ここで晴らさねば。
江戸の恨みは長崎で、でも万博の恨みは万博で。

…というわけで、行ってきます(笑)!!!
posted by Ak. at 15:30| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自己レスですが、
何でこんなこと書いたかというと、
みーんな、どこの番組もサイトも、
「戦力分析」ばかりにこだわって、
クラブ全体としての評価が見えないから。

リーグ戦というものは、
欧州を観れば分かるように、
トーナメントとは違って、
長丁場でも持ちこたえるだけの、
クラブ全体の総合力が問われるんです。

見せかけの選手や采配にとらわれちゃだめ。
選手も戦術も水物なんですから。
選手はいつ怪我するか分からないし、
名監督だって采配ミスはあるわけで。

それでも、勝ち続ける。
調子が悪くても、何とかしてしまう。
そこにクラブの総合力が根づいていて、
それが「伝統」となり、「名門」を成す。

Jリーグには、それがまだない。
だからオシム氏の言うとおり、
ユニークで、面白くて、
そして辛口なコメントのとおり、
まだまだ未熟で、レベルが低い。

ベストメンバー同士で試合をやれば、
間違いなく、欧州でもやれるんだよ。
でもそれが、1年を通してできない。
去年の後半の、鹿島やガンバの失速。
ああいうことをしているチームが、
優勝してはいけない、そういうことなんだ。

昨年も30試合近くスタジアムで観て。
今年もそれ以上、スタジアムで観る予定。
だからこそ、期待してるんだけどね…。

Posted by Ak. at 2006年03月03日 19:31
初めましてジャンル検索で浦和という文字が見えたので飛んできました。
そしたらチームの事とかではなく、Jリーグについてしっかり全体が見えてるご意見ですげぇなと思ってしまいました。
Posted by uthlee at 2006年03月03日 20:06
ということはレッズサポの方ですか?
と思ったら違うんですか…。
ぜひスタジアムにも来てくださいね♪

明日は現地で応援です。
行けないレッズサポは万単位でいるはず。
現地に行く人間としては、
その人の分まで頑張らないと!!
Posted by Ak. at 2006年03月03日 22:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。