現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2008年08月08日

メルマガVol.812「告発のとき」★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_             _______________
  Vol.812「告発のとき」★★        2008.7.7(月)
 ̄              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   イラクに出征した息子が、帰国後、音信不通に。数日後、
   発見された息子の真実を探しもとめ、父親の捜査が始まる。

  【2】Michelin
   渋谷シネフロントほか、数館で上映中。空いている。

  【3】Review
   内容的にはアメリカ向け。遠回りな訴えに、ピンと来ない。

  【4】Column
   時代が変わり、組織も変わり、栄光は決して永遠ではない。

______________________________________In the Valley of Elah

「クラッシュ」「ミリオンダラーベイビー」「硫黄島からの手紙」
とくれば、共通するのは脚本家にして監督でもあるポール・ハギス。
今回は主演にトミー・リー・ジョーンズとシャーリズ・セロン。
イラク戦争にまつわる実話ベースの映画。オスカーには届かず。

<オフィシャルサイト>
http://www.kokuhatsu.jp/

┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃ STORY (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

イラクに出征した息子が、帰国後に音信不通に。自分も元軍人の
父親は、所属基地まで捜索に出かける。数日後、意外なかたちで
息子は発見され、父親はコネや現地の警察を巻き込みながら、
執念の捜査を続け、次第に兵士たちを取り巻く真実をかいま見る。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃ 上映館ミシュラン (観ていないあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

渋谷シネフロントほか、新宿、品川、六本木などで上映中。
そんなに混んでいないとは思いますが。
やっぱり、「社会派」だからですかねえ。

▼渋谷 渋谷シネフロント
11:00/13:40/16:20/19:00〜21:15(終)

▼新宿(歌舞伎町) 新宿東亜興行チェーン
〜7/10(木) 11:00/13:30/16:00/18:30〜20:45(終)
7/11(金)〜7/12(土) 11:00/13:30/16:00/18:30/21:00/23:25/1:50〜4:05(終)
7/13(日)〜 11:00/13:30/16:00/18:30〜20:45(終)

▼品川 品川プリンスシネマ
7/8(火) 12:25/15:15/18:05/20:40〜22:50(終)
7/9(水) 9:50/12:25/15:15/18:05/20:40〜22:50(終)
7/10(木)〜7/11(金) 12:25/15:15/18:05/20:40〜22:50(終)
7/12(土)〜7/13(日) 9:50/15:10/18:05/20:40〜22:50(終)

▼六本木 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
〜7/9(水) 11:05/13:45/16:25/19:15/22:00〜24:15(終)
7/10(木)〜7/11(金) 11:05/13:45/16:25/19:15/22:00/24:45/27:25〜29:40(終)
7/12(土)〜 時間は直接劇場へお問い合わせ下さい

▼有楽町 有楽座
10:30/13:10/15:50/18:30〜20:45(終)

▼お台場 シネマメディアージュ
〜7/11(金) 14:05/16:50/19:40〜21:55(終)
7/12(土)〜 12:30/15:30〜17:45(終)


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃ Review (観おわったあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ポイント】★★

<内訳>
テーマ   :★★
ストーリー :★★★
キャスト  :★★★★
スタッフ  :★★

>テーマ ★★
米軍の内実を暴いていく、ドラマ仕立てのドキュメンタリー風。
その割に、あんまり新味を感じなかった。「華氏911」が上手?

>ストーリー ★★★<
物語全体はサスペンス仕立てになっていて、なかなか面白い。
犯人像は二転三転し、意外なところに見つかり、考えさせる。

>キャスト ★★★★<
やはり、犯人を追うトミー・リー・ジョーンズに適うものはない。
セロンも意外と落ち着いている。豪華キャストがちょい役で出たり。

>スタッフ ★★<
じっくり作っているのは分かるのだが、どこに焦点を持っていく?
「クラッシュ」よりも、盛り上げずに冷静だが、あまり感心しない。

>総評 ★★<
なんだか、すーっと終わってしまったイメージ。
推理サスペンスとして、それなりに面白かったのと、
人情に訴えるテーマ性が、あまり強調されなかったこと、
そして提示される事実に、個人的には新味を感じなかったこと。

まあ、そうだろうな、で筆者は終わってしまいました。
現在の米軍がどのような構造になっているかは、
マイケル・ムーアもさんざん描いたりしていて、
イラク戦争物の映画をよく見る筆者には、特に目新しくなく。

でも、こんなに映画を観ている人が多いわけもなく。
初めて観る人には、かなり衝撃があるのかもしれません。
特に、自国の人々には訴える部分も大きかったのかも。
ただ、外国の筆者には、ピンと来なかったのですが…。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4┃ Column (観おわったあなたへ)
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

戦友は、裏切らないものだ。

息子の行方を追う元軍人の男。
捜査官でもあった彼のなかには、
自らを守る国家、国民への信念がある。

国旗は高く、正しく掲げるべきものだ。
この国を守るために、軍隊は戦っている。
目的を同じく、困難を分かち合う仲間たち。
戦友はどんなに敵対しても、裏切ることはない。

彼は経歴を、誇りにしている。
だからこそ、息子たちも従ったのだろう。
兄も弟も、父親のような軍人を夢みたのだ。

しかし、時は流れる。
戦友たちも、年老いてしまった。
自らもまた、軍からは遠ざかっている。

あの頃と違って、基地には新兵が溢れる。
軍は問題を隠そうと、平気で嘘をつく。
相変わらず警察は、何もしようとはしない。

そして、主戦場となったイラク。
そこで、本当に正義は行われているのか?
それは、アメリカのための戦争なのか?
国民を守るために、必要な犠牲なのだろうか?

足りない兵士を補充するために、
国民とは言い切れない者が兵士を選ぶ。
何が正義かも分からない不思議な戦場で、
兵士たちは他人よりも、自分の命を優先する。

小さな情報を、寄せ集め、調べるほど、
いまの陸軍が、自分の陸軍とは違うと分かる。
息子は、いったいどうなってしまったのか。
そんな組織に、私は息子を送ってしまったのか?

分かっているはずの軍組織を、
自分はいまや、何も分かっていなかった。
そして、分かっていると思っていた、
息子のことも、もちろん分かっていなかった。

時は流れ、何もかもが、同じではなくなる。
ルールは変わり、信頼できたはずのものも、
いまや、信頼できないことが多いものなのだ。

それが、この国の実情なのか。
No Country for old men.
自らが演じ、オスカーを受賞した映画のように、
彼はここでもまた、時代のうねりに傷ついていく。

それでも、戦友は裏切らないはずだ。
彼は最後まで、信じていたはずなのに。

2008/7/4 渋谷シネフロントにて。


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃6┃ 次回予告 ほか
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その他、筆者からのお知らせなどなど。


★次回予告「スピードレーサー」……………………………………

「マトリックス」のウォシャオスキー兄弟、3年ぶりの新作。
原作は日本アニメ「マッハ55」らしいんですが、私の世代では
すでに馴染みがなく…とにかくレースものらしいです。はい。
アニメがどこまで実写になるか、楽しみではありますが…。

で、次回もお楽しみに。次回は水曜の予定。
http://wwws.warnerbros.co.jp/mach5/


★今後の予定など………………………………………………………

あっという間に今年も7月。
夏休みをひかえて待っているのは…、
そうか、ジブリの新作ですね。
うーん、そろそろ面白くない予感もあるが。

個人的には「純喫茶磯辺」に期待してます。
理由は、本誌読者の皆さまはお分かりのハズ…。
まあ、それだけじゃなく予告編も良かったのですが。

「純喫茶磯辺」http://www.isobe-movie.com/
「カメレオン」http://www.c-leon.jp/
「崖の上のポニョ」http://www.ghibli.jp/ponyo/
「ジャージの二人」http://ja-zi2.jp/
「たみおのしあわせ」http://tamiono.jp/indexp.html
「帰らない日々」http://www.kaeranaihibi.jp/
「敵こそ、我が友」http://www.teki-tomo.jp/

というわけで、これからもお楽しみに。


★最新情報はブログにて!!…………………………………………

ブログには過去掲載作などがまとめて載っています。
http://filmandlife.seesaa.net/

※ 実はケータイからも同じアドレスでみられます。要Check!

ブログなら、かしこまったメールをすることもなく、
小さなコメントや、筆者へのリクエストを書き込めます。

また、筆者が映画を見終わった直後の感想や、休刊情報、
映画とは全く関係ない筆者の近況まで、いろいろ掲載中。
ぜひぜひアクセスしてください!!


★これまでのバックナンバー…………………………………………

バックナンバー、メルマガの紹介や登録関係などについては、
それぞれ以下のページをご参照くださいませ。

http://www.mag2.com/m/0000197069.html(まぐまぐ)
http://www.melma.com/backnumber_33635/(メルマ)

メルマのバックナンバーは、第1号から掲載されています。
ただし検索機能がついておりませんので、
ここ2年については、ブログの方が探しやすいと思います。
http://filmandlife.seesaa.net/(筆者のブログ)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【映画のなかの人生、映画のような人生。】
 Vol.812 2008年7月7日
 発行者:Ak. http://filmandlife.seesaa.net/
 (C)2001-2008 Ak. All rights reserved.
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎映画のなかの人生、映画のような人生。
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000197069/index.html
posted by Ak. at 17:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。