現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2008年02月25日

メルマガVol.770「ラスト・コーション」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                  ___________
  Vol.770「ラスト・コーション」★★★    2008.2.8(金)
 ̄                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   日中戦争下の上海。対日協力を進める南京政府の要人宅に、
   彼の暗殺を企む女スパイが潜み、じっとその時を待っていた。

  【2】Michelin
   日比谷シャンテほか、上映館は少ないので、たぶん大混雑。

  【3】Review
   物語は弱いが、女スパイの惑いは、確かに伝わってくる。

  【4】Column
   セックスは物事を単純にしてしまう。ゆえに、狂おしい。

______________________________________色・戒(Lust, Caution)

昨年のヴェネツィア映画祭の金獅子賞。アン・リー監督の新作は、
戦時中の中国を舞台にした、サスペンスフルなスパイ映画です。
女スパイの大胆なセックスが話題を呼んで、お客も大入りです。
新人女優と絡むのは、ラブシーンなら百戦錬磨のトニー・レオン。

<オフィシャルサイト>
http://www.wisepolicy.com/lust_caution/

続きを読む
posted by Ak. at 12:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。