現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2008年02月26日

本日メルマガお休みします

昨日も今日も、ほとんど時間がとれません。
実は週末に、青森に帰ったのですが、
例の嵐のせいで、なかなか帰るに帰れず、
楽しい旅ではありましたが、疲れました…。

水曜には大丈夫だと思いますので、
すみませんが、いましばらくお待ち下さいませ。

Ak.
posted by Ak. at 14:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルマガVol.771「潜水服は蝶の夢を見る」★★★☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                    _________
  Vol.771「潜水服は蝶の夢を見る」★★★☆  2008.2.14(木)
 ̄                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   仕事は順風満帆、カネにも女性にも何不自由なかった男が、
   突然、左目しか動かなくなり、恐ろしい孤独にさいなまれる。

  【2】Michelin
   渋谷、新宿、有楽町で上映中。週末は少し混むのかな?

  【3】Review
   障害の不自由さが、さまざまな映像の工夫でリアルに伝わる。

  【4】Column
   与えられたものの価値は、失うことでしか、分からない。

_______________________________Le Scaphandre et le Papillon

今年のオスカー4部門にノミネートされているフランス映画。
雑誌編集者の男が、事故によってまばたきしかできなくなり、
それでも家族や周囲の理解と協力で、生き続けていく物語です。
その壮絶な生き様は実話で、この原作は彼がまばたきで書いた物。

<オフィシャルサイト>
http://chou-no-yume.com/

続きを読む
posted by Ak. at 05:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

メルマガVol.770「ラスト・コーション」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                  ___________
  Vol.770「ラスト・コーション」★★★    2008.2.8(金)
 ̄                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   日中戦争下の上海。対日協力を進める南京政府の要人宅に、
   彼の暗殺を企む女スパイが潜み、じっとその時を待っていた。

  【2】Michelin
   日比谷シャンテほか、上映館は少ないので、たぶん大混雑。

  【3】Review
   物語は弱いが、女スパイの惑いは、確かに伝わってくる。

  【4】Column
   セックスは物事を単純にしてしまう。ゆえに、狂おしい。

______________________________________色・戒(Lust, Caution)

昨年のヴェネツィア映画祭の金獅子賞。アン・リー監督の新作は、
戦時中の中国を舞台にした、サスペンスフルなスパイ映画です。
女スパイの大胆なセックスが話題を呼んで、お客も大入りです。
新人女優と絡むのは、ラブシーンなら百戦錬磨のトニー・レオン。

<オフィシャルサイト>
http://www.wisepolicy.com/lust_caution/

続きを読む
posted by Ak. at 12:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

メルマガVol.769「アメリカンギャングスター」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                     ________
  Vol.769「アメリカンギャングスター」★★★ 2008.2.6(水)
 ̄                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   大物ギャングの腹心が、さらに組織を大きくする一方で、
   汚職まみれの警察には、本気で悪と戦う男が現れていた。

  【2】Michelin
   日劇PLEXほか、各地のシネコンで上映中。けっこう混んでる。

  【3】Review
   ギャング映画の雰囲気は満点だが、ドラマは消化不良か。

  【4】Column
   ギャングとは、究極の競争社会であり、社会の縮図である。

__________________________________________American Gangster

監督はリドリー・スコット、主演はオスカー俳優揃い踏みと、
「ディパーテッド」なんか目じゃないギャング映画を目指した?
超大作映画ですが、結果的にオスカー戦線からは、ほぼ脱落。
またこれも真実ベースの話だそうですが、問題は映画の出来。

<オフィシャルサイト>
http://americangangster.jp/

続きを読む
posted by Ak. at 12:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

メルマガVol.768「フローズンタイム」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                 ____________
  Vol.768「フローズンタイム」★★★     2008.2.3(日)
 ̄                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   失恋で眠れなくなった美大生が、スーパーの夜勤を始める。
   次第に彼は時間を止めて、女性美の描写に夢中になる。

  【2】Michelin
   渋谷Q-AXシネマでの単館上映。それなりに混んでます。

  【3】Review
   物語はつれづれな展開だが、映像や演出は興味深い。

  【4】Column
   男は妄想している。いつか、その想像が羽ばたくと信じて。

___________________________________________________CASHBACK

イングランドのファッション写真家だったショーン・エリスが、
4年前に短編映画を作成したところ、絶賛を受けて長編作品に。
当然、内容はどちらかというと芸術系で、演出重視になります。
ラブストーリー、というよりは若きクリエイターの青春物語。

<オフィシャルサイト>
http://www.frozen-time.jp/


続きを読む
posted by Ak. at 11:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

本日もメルマガお休みします

大変申し訳ありません。
仕事が忙しいところに、本日は水曜日。
やっぱり…満席でした。人気のようです。

「潜水服は蝶の夢を見る」は、
明日、頑張って配信したいと思います。
お待たせしておりますが、よろしくお願いいたします。

Ak.
posted by Ak. at 19:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

メルマガVol.767「ハーフェズ ペルシャの詩」★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                    _________
  Vol.767「ハーフェズ ペルシャの詩」★★  2008.1.31(木)
 ̄                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   経典の暗唱者=ハーフェズが、大師の娘に惹かれていくが、
   それは罪であり、彼は罰を受け、やがて旅に出ることに。

  【2】Michelin
   東京都写真美術館ホールでの単館上映。それなりの混雑。

  【3】Review
   教義を知らないと分かりづらい?旅映画としては興味深い。

  【4】Column
   意味の分からない言葉も、人生とともに理由が見つかる。

______________________________________________________Hafez

先ごろ結婚を発表した、麻生久美子の海外初進出作品。めでたい!
しかし海外と言ってもイラン、というわけで、英語ではなく。
セリフとかどうなるんだろう、と不安はあったわけですが。
監督はけっこうイランでも有名らしく、多くの映画祭に出品中。

<オフィシャルサイト>
http://www.bitters.co.jp/hafez/


続きを読む
posted by Ak. at 13:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

メルマガVol.766「スウィーニートッド」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                  ___________
  Vol.766「スウィーニートッド」★★★    2008.1.29(火)
 ̄                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   無実の罪で、妻子を奪われた理髪師が、ロンドンに戻った。
   復讐を誓う彼は、カミソリ1本で黒幕の殺害を謀るのだが…。

  【2】Michelin
   丸の内ピカデリー他、各地のシネコンで。とても混んでます。

  【3】Review
   セリフを歌う映画であり、映画としての面白さが活きている。

  【4】Column
   名もなき人々の顔のなかに、忘れてはならないものがある。

________________________________________________Sweeny Todd

奇才ティム・バートン監督が、またまたまたもやジョニー・デップ
に刃物を持たせて、今度は歌わせてしまったという話題の映画。
また奥さんもセットですか。もはやファミリーですよね、彼らは。
そしてデップは見事にオスカーにもノミネート。内容は如何に?

<オフィシャルサイト>
http://wwws.warnerbros.co.jp/sweeneytodd/


続きを読む
posted by Ak. at 11:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

メルマガVol.765「ヒトラーの贋札」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                _____________
  Vol.765「ヒトラーの贋札」★★★      2008.1.25(金)
 ̄                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   収容所のユダヤ人たちに、敵国の贋札づくりが依頼される。
   意外な厚遇を受け、彼らは戦争協力とプライドの間で戸惑う。

  【2】Michelin
   日比谷シャンテシネでの単館上映。それなりに混んでいる。

  【3】Review
   設定やテーマは面白いが、主人公の心の動きが難しいかも。

  【4】Column
   誰かを救うためには、死ぬべきか、それとも生きるべきか。

_______________________________________________Der Falscher

ナチ政権下のドイツについて、最近多くの映画が作られています。
この映画もその1つで、今回はホロコーストの収容所のなかで、
ナチが偽札づくりを主導していた、という仕掛けが新しいかも。
今年のアカデミー賞外国語映画部門の、ノミネート作品です。

<オフィシャルサイト>
http://www.nise-satsu.com/


続きを読む
posted by Ak. at 16:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

メルマガ日曜になります

ちょっといろいろありまして…。
もう観てきたんですけどね。
映像的には面白い映画でした。
「フローズンタイム」。

すみませんが、いましばらくお待ち下さいませ。

posted by Ak. at 19:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。