現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2007年12月18日

メルマガVol.752「サラエボの花」★★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                _____________
  Vol.752「サラエボの花」★★★★      2007.12.8(土)
 ̄                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   一人娘と二人暮らしの女は、娘の修学旅行代を払うために、
   仕事と金策に明け暮れる。娘は次第に家庭に居づらくなり…。

  【2】Michelin
   岩波ホールでの単館上映。週末はそれなりに混んでいる。

  【3】Review
   戦争が心に残した傷跡を巧みに描き、全編を通し胸が詰まる。

  【4】Column
   戦争は秘密を作り出し、平和な生活に壁を作ってしまう。

___________________________________________________Grbavica

昨年のベルリン金熊賞を獲得した旧ユーゴスラヴィアの映画。
サラエボと言えば、多くの監督が戦争映画の舞台にしましたが、
今回は、現地のボスニア人の手によって作られているもの。
戦争そのものよりも、現地の人に大切なのは現在ですよね。

<オフィシャルサイト>
http://www.saraebono-hana.com/


続きを読む
posted by Ak. at 11:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。