現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2007年12月04日

メルマガVol.746「4分間のピアニスト」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                  ___________
  Vol.746「4分間のピアニスト」★★★   2007.11.17(土)
 ̄                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   刑務所でピアノ教師をする老女が、才能ある女囚を発見する。
   しかし彼女は暴力的で、教師も抑圧的に接するのだが…。

  【2】Michelin
   シネスイッチ銀座、渋谷シネマGAGAでの2館上映。大混雑。

  【3】Review
   説明不足もあるが、設定とピアノの力で振り切っていく。

  【4】Column
   赦しのない社会では、希望が見いだせず、自分も消えていく。

_______________________________________________Vier Minuten

最近は、ドイツ映画を観る機会も多いですね。今年も「善き人の
ためのソナタ」や「厨房で逢いましょう」は、なかなか良かった。
「ラン・ローラ・ラン」など、ドイツ映画は意外と独創的です。
今回も、女囚が天才ピアニストとして生まれ変わるという異色作。

<オフィシャルサイト>
http://4minutes.gyao.jp/


続きを読む
posted by Ak. at 15:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。