現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2007年12月25日

メルマガVol.754「エンジェル」★★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。

>>>> 掲載本数 1000本到達! 記念特集号 <<<<

_               ______________
  Vol.754「エンジェル」★★★★      2007.12.11(火)
 ̄                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   作家を夢みる少女エンジェルが、書いた小説は異例のヒット。
   彼女は望み通りのセレブ生活に突入するが、その実態は…。

  【2】Michelin
   日比谷シャンテ・シネ、新宿での2館上映。やや混み。

  【3】Review
   旧作「焼け石に水」の焼き直し。炸裂する妄想が眩しい。

  【4】Column
   自分自身の幸せが、誰かを幸せにするとはかぎらない。

  【5】ESSAI
   1000本掲載にあたり、考えていることについて。

______________________________________________________Angel

いまだに新たな挑戦を続けているフランソワ・オゾン監督の新作。
今回は全編英語、しかも原作あり、と大胆な挑戦をしています。
内容は成功から一気に転落する、天真爛漫な女性の物語らしい。
本誌もいよいよ記念号、というわけで頑張って書きましょー。

<オフィシャルサイト>
http://angel-movie.jp/


>>★★★ 祝!掲載本数1000本達成! ★★★<<
ええっと、本誌はメルマガになって754本目なのですが、
これ以前に、実はISIZEユーザコラムというところで、
連載を続けていた分が、これまで246本もあるんですね。

ということで、今号はちょうど合わせて1000本目。
1999年4月から連載を始め、9年目にして、
ついにここまで来ちゃいました(笑)。やれやれ。

そこで、今回はこれまでを振り返ったエッセイを、
最後に載せてみようと考えております。それと、
まあ、例によって1行でもいいので、祝電募集してます。


続きを読む
posted by Ak. at 11:50| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

メルマガVol.753「ある愛の風景」★★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                _____________
  Vol.753「ある愛の風景」★★★★     2007.12.10(月)
 ̄                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   軍部エリートの兄と、逮捕歴のある弟は、衝突してばかり。
   しかし、兄の国際活動中に、思わぬ悲報が家族に伝わる。

  【2】Michelin
   シネカノン有楽町2丁目での単館上映。週末は混んでいる。

  【3】Review
   家族の丹念な描写が光る。途中で話がすり替わるのが惜しい。

  【4】Column
   人は罪を知らずして、誰かを愛することは決してできない。

_____________________________________________________BRODRE

今月の注目作は、「しあわせな孤独」「アフターウェディング」
と完璧な映画作りをしてきたスサンネ・ビア監督の新作です。
この映画はその2作の間に作られた映画ですが、これでもまた
3連続で5つ星をとってしまったら、すごい監督だと思います。

<オフィシャルサイト>
http://aruai.com/


続きを読む
posted by Ak. at 12:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

メルマガVol.752「サラエボの花」★★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                _____________
  Vol.752「サラエボの花」★★★★      2007.12.8(土)
 ̄                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   一人娘と二人暮らしの女は、娘の修学旅行代を払うために、
   仕事と金策に明け暮れる。娘は次第に家庭に居づらくなり…。

  【2】Michelin
   岩波ホールでの単館上映。週末はそれなりに混んでいる。

  【3】Review
   戦争が心に残した傷跡を巧みに描き、全編を通し胸が詰まる。

  【4】Column
   戦争は秘密を作り出し、平和な生活に壁を作ってしまう。

___________________________________________________Grbavica

昨年のベルリン金熊賞を獲得した旧ユーゴスラヴィアの映画。
サラエボと言えば、多くの監督が戦争映画の舞台にしましたが、
今回は、現地のボスニア人の手によって作られているもの。
戦争そのものよりも、現地の人に大切なのは現在ですよね。

<オフィシャルサイト>
http://www.saraebono-hana.com/


続きを読む
posted by Ak. at 11:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

メルマガVol.751「ベオウルフ(3D版)」★★★☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                    _________
  Vol.751「ベオウルフ(3D版)」★★★☆  2007.12.4(火)
 ̄                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   王国を荒らす謎の巨人を退治に来た、勇士ベオウルフだが、
   怪物には母親がおり、勇士を未知なる世界へと誘い出す。

  【2】Michelin
   都心での3D上映は新宿バルト9のみ。とても混んでいる。

  【3】Review
   まるでジェットコースターに乗っているような気分。酔う。

  【4】Column
   伝説は終わり、平等の時代は来たが、英雄に終わりはない。

____________________________________________________Beowulf

DVDが家庭に普及し、ブルーレイまで登場してきた昨今、今後の
映画館の強みとして、3D映画が注目されているんだそうです。
この映画は、その3Dに挑戦したアクション映画。豪華キャストに
監督はロバート・ゼメキス。果たして3Dは本当に成功するのか?

<オフィシャルサイト>
http://wwws.warnerbros.co.jp/beowulf/


続きを読む
posted by Ak. at 18:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルマガVol.750「愛の予感」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_             ________________
  Vol.750「愛の予感」★★★        2007.11.30(金)
 ̄              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   娘を刺殺された父親は、加害者の母の赦しを受け入れない。
   しかし1年後、2人は最果ての地で思いがけず再会する。

  【2】Michelin
   ポレポレ東中野での単館上映。空いてます。

  【3】Review
   登場人物とともに観客をも追い込む演出が、独創的で面白い。

  【4】Column
   単調な生活は、全てを忘れさせてくれるが、次第に飽きる。

________________________________________________The Rebirth

前作「バッシング」が脚光を浴びた、小林政広監督の最新作。
日本映画として久しぶりにロカルノ映画祭グランプリを受賞。
主演は監督自身が演じ、ヒロインは「M/Other」の渡辺真起子。
今回も、人々の冷たい視線をめぐる社会派ドラマの、予感。

<オフィシャルサイト>
http://ainoyokan.com/


続きを読む
posted by Ak. at 12:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

メルマガVol.749「マイティハート」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                _____________
  Vol.749「マイティハート」★★★     2007.11.28(水)
 ̄                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   9.11事件後、パキスタンで取材を続けるジャーナリスト夫妻。
   ある日、夫が消息不明になり、懸命の捜査が始まるが…。

  【2】Michelin
   新宿、六本木、渋谷など、上映館は限られています。

  【3】Review
   テロの現実を巧みに伝える良作なのだが、希望は見えない。

  【4】Column
   頭では分かっていても、心はテロの現実を知らない。

_____________________________________________A Mighty Heart

勘違いされていると思うのですが、アンジェリーナ・ジョリーは、
決してアクション女優ではなく、「17歳のカルテ」を演じて、
オスカーも持ってる演技派のお姉さんです。今回は社会派映画、
監督はウィンターボトムなので、彼女の実力も発揮されるはず。

<オフィシャルサイト>
http://www.mh-movie.jp/

続きを読む
posted by Ak. at 18:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

本日メルマガおやすみします

今週は青森に帰っていたので、
ちょっとジタバタしてしまいました。

実は日帰りだったのですが、
正直、本当に疲れました…。

本日分は明日、配信の予定です。
すみませんがよろしくお願いいたします。

Ak.
posted by Ak. at 17:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルマガVol.748「呉清源 極みの棋譜」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                  ___________
  Vol.748「呉清源 極みの棋譜」★★★    2007.11.22(木)
 ̄                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   碁を究めるべく渡日した呉清源だが、次第に日中関係が悪化、
   彼は生きるべく帰化するが、やがて生き方に迷うようになる。

  【2】Michelin
   シネスイッチ銀座、新宿での2館上映。あまり混んではいない。

  【3】Review
   伝記というより、天才の孤独を次々と描く映像叙事詩。

  【4】Column
   国境を越え、天才を超え、その先に男が見た虚空の眺め。

______________________________________________The Go Master

「春の惑い」で筆者をうならせた田壮壮監督の新作は、何と、
中国から日本に渡った囲碁の名人、呉清源を描くという伝記物。
主演は台湾きっての若手、エドワード・ヤンから王家衛までが
起用してきたチャン・チェン。日本人俳優も多数出演の話題作。

<オフィシャルサイト>
http://www.go-movie.jp/


続きを読む
posted by Ak. at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルマガVol.747「ウェイトレス」★★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                _____________
  Vol.747「ウェイトレス」★★★★     2007.11.20(火)
 ̄                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   パイ焼き名人のウェイトレスは、何かと妻を束縛したがる
   自己中亭主が悩みのタネ。彼女は何とか家出を図るが…。

  【2】Michelin
   日比谷シャンテ・シネでの単館上映。週末は少し混むかも。

  【3】Review
   結婚、出産、仕事、女性の真剣な悩みをコミカルに描く佳作。

  【4】Column
   責任を持って生きる。それは悩ましく、そして楽しいこと。

___________________________________________________Waitress

アメリカでは、自宅でパイを焼いたりすることが多いようで。
この映画は、そんなパイ焼き名人のウェイトレスが登場して、
映画のなかだけでも200以上のパイが美味しそうに並んでます。
しかし、美味しそうなパイの裏では、いろんな努力があるもので。

<オフィシャルサイト>
http://movies.foxjapan.com/waitress/


続きを読む
posted by Ak. at 12:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

メルマガVol.746「4分間のピアニスト」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                  ___________
  Vol.746「4分間のピアニスト」★★★   2007.11.17(土)
 ̄                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   刑務所でピアノ教師をする老女が、才能ある女囚を発見する。
   しかし彼女は暴力的で、教師も抑圧的に接するのだが…。

  【2】Michelin
   シネスイッチ銀座、渋谷シネマGAGAでの2館上映。大混雑。

  【3】Review
   説明不足もあるが、設定とピアノの力で振り切っていく。

  【4】Column
   赦しのない社会では、希望が見いだせず、自分も消えていく。

_______________________________________________Vier Minuten

最近は、ドイツ映画を観る機会も多いですね。今年も「善き人の
ためのソナタ」や「厨房で逢いましょう」は、なかなか良かった。
「ラン・ローラ・ラン」など、ドイツ映画は意外と独創的です。
今回も、女囚が天才ピアニストとして生まれ変わるという異色作。

<オフィシャルサイト>
http://4minutes.gyao.jp/


続きを読む
posted by Ak. at 15:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。