現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2007年11月20日

メルマガVol.744「once ダブリンの街角で」★★★☆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                     ________
  Vol.744「once ダブリンの街角で」★★★☆ 2007.11.9(金)
 ̄                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   ストリートミュージシャンの男が、自分を気に入ってくれた
   ピアニストの女と出逢い、二人は互いを認めつつ惹かれあう。

  【2】Michelin
   渋谷シネアミューズでの単館上映。とても混んでいる。

  【3】Review
   青春版「9songs」。シンプルだが、爽やかな印象を残す。

  【4】Column
   良い曲には物語がある。誰の胸にも、広がっていくような。

_______________________________________________________ONCE

最近、映画俳優を多く生み出しているアイルランドの音楽映画。
今回は実際にミュージシャンが主演して、全編通して歌いまくる。
今年のサンダンス映画祭では、観客賞を受賞したということで、
誰にでも入りこみやすい、青春と音楽を描いた爽やかな作品です。

<オフィシャルサイト>
http://oncethemovie.jp/


続きを読む
posted by Ak. at 17:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルマガVol.743「オリヲン座からの招待状」★★★☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                     ________
  Vol.743「オリヲン座からの招待状」★★★☆ 2007.11.6(火)
 ̄                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   終戦後、映画館に飛び入りで働きはじめた青年が、館主の
   夫婦とふれあいながら、映画館を守る決意を固めていくが…。

  【2】Michelin
   東映系映画館を中心に上映中。そんなに混んではいない。

  【3】Review
   シンプルな物語、少し長回しな演出、そして役者が良い。

  【4】Column
   かつて映画館で、人々は時間と想い出を分かち合ってきた。

___________________________The Invitation from Cinema Orion

「鉄道員」で有名な浅田次郎作品の短編を、また東映が映画化。
主演は宮沢りえと加瀬亮。長い昭和史と古い映画を振り返りつつ、
古い映画館を守り抜こうとする、夫婦の純粋さを描いていく。
果たして、2匹目のドジョウは浅田作品の下にあるかな??

<オフィシャルサイト>
http://www.orionza-movie.jp/


続きを読む
posted by Ak. at 12:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルマガVol.742「ブレイブワン」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_               ______________
  Vol.742「ブレイブワン」★★★      2007.11.2(金)
 ̄                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   暴漢に襲われ重傷を負った女が、警察の鈍さに業を煮やし、
   自ら銃を手にして、次第に殺人衝動を抑えきれなくなる。

  【2】Michelin
   ルーブル丸の内他、各地のシネコンにて。混んではいません。

  【3】Review
   アイディア勝負で方向感に欠ける。フォスターがいい。

  【4】Column
   誰かが罪人を裁くとき、誰がその処刑人を裁けるのか。

______________________________________________The Brave One

「羊たちの沈黙」はもちろん、「告発の行方」「パニックルーム」
「フライトプラン」など、映画ではつくづく犯罪者に好かれている
ジョディ・フォスターが、またもや犯罪に巻き込まれてしまいます。
しかし今度の彼女は、いよいよ自ら復讐を選ぶという社会派ドラマ。

<オフィシャルサイト>
http://www.brave-one.net/


続きを読む
posted by Ak. at 08:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。