現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2007年09月26日

メルマガVol.724「ミリキタニの猫」★★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                 ___________
  Vol.724「ミリキタニの猫」★★★★    2007.9.14(金)
 ̄                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   NYで絵を描きつつ路上生活をする老人、ミリキタニ。
   映像作家が彼の過去をたどると、波乱の生涯があった。

  【2】Michelin
   渋谷ユーロスペースでの単館上映。週末は混むかも。

  【3】Review
   偏屈な老人が、やさしさに触れ、生まれ変わる姿に感動。

  【4】Column
   憎しみを道ばたに捨てていては、悲劇は重なるばかりだ。

_____________________________________The Cats of Mirikitani

ニューヨークの路上で、ひたすらに猫を描いている老人がいる。
彼は日系人だが、アメリカ政府に対する怒りで満ちあふれていた。
彼はいったい、何に怒り、どうして絵を描きつづけるのか。
国家と戦争の記憶を、老人の視点からたどるドキュメンタリー。

<オフィシャルサイト>
http://www.uplink.co.jp/thecatsofmirikitani/


続きを読む
posted by Ak. at 17:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

メルマガVol.723「サッドヴァケイション」★★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                    ________
  Vol.723「サッドヴァケイション」★★★★ 2007.9.12(水
 ̄                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   養う家族を抱えつつ、田舎の裏稼業を転々としてきた男が、
   子どもの時、彼をおいて家を出た母親と、偶然に再会する。

  【2】Michelin
   渋谷シネマライズでの単館上映。そんなには混んでいない。

  【3】Review
   浅野忠信の良さと不気味さに迫る2時間余り。考えさせる。

  【4】Column
   正しさと孤独の間にいて、人は矛盾に満ちて誰かを愛する。

_______________________________________________Sad Vacation

何となく筆者が食わず嫌いをしてきた、青山真治監督の新作。
キャストは超豪華。浅野忠信、宮崎あおい、オダギリジョー、
さらに石田えり、板谷由夏、嶋田久作と、こんな競演はありか?
今回はちゃんと136分には収まり、浅野忠信は終始出ずっぱり。

<オフィシャルサイト>
http://www.sadvacation.jp/

続きを読む
posted by Ak. at 11:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルマガVol.722「ブラックスネークモーン」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                    ________
  Vol.722「ブラックスネークモーン」★★★ 2007.9.7(金)
 ̄                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   手当たり次第に男遊びを繰り返す女を、信心深い男が見つけ、
   彼女を改心させるために、鎖でつないで同居を始めるが…。

  【2】Michelin
   渋谷シネアミューズでの単館上映。意外にも、やや混み。

  【3】Review
   トラウマを負った人々が、音楽を通じてつながっていく。

  【4】Column
   歌でしか語れない想い出がある。それはきっと、誰にでも。

___________________________________________Black Sneak Moan

レッドスネークはカモーンですが、ブラックだとモーンなの?
…と突っ込みが飛びそうな邦題は、狙っているんでしょうか。
しかし主演はS.L.ジャクソンに、クリスティーナリッチと、
ちゃんとしてるし、内容は音楽主体のヒューマンタッチなお話。

<オフィシャルサイト>
http://www.blacksnake.jp/


続きを読む
posted by Ak. at 11:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

メルマガVol.721「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                      ______
  Vol.721「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」★★★2007.9.4(火)
 ̄                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   正体不明の敵が次々と襲来し、崩壊寸前の人類社会で、
   突然、最終兵器のパイロットに指名された少年の葛藤。

  【2】Michelin
   都心ではユナイテッドシネマズを中心に上映中。週末は混む。

  【3】Review
   良くできたアニメにはなったが、らしさは薄まったと思う。

  【4】Column
   10年を経ても、周囲と距離感のとれない少年の矛盾は続く。

____________________________Neon Genesis Evangelion remaked

まさか本誌で、いまさらエヴァを取り上げる日が来ようとは…。
あのブームからすでに10年以上が経過し、忘れられたようで、
つい昨日のことのように思っているファンも少なくないようです。
しかし、それがまた復活するからには、意味が必要でしょう。

<オフィシャルサイト>
http://www.evangelion.co.jp/


続きを読む
posted by Ak. at 11:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

本日メルマガおやすみします

今日は何やらいろいろと忙しく…。
実家のテレビが壊れたのが大きい…。
何で私が対応しなければならないかは別として。

すみませんが、「題名のない子守唄」は、
明日配信予定です。よろしくお願いいたします。

Ak.
posted by Ak. at 15:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

メルマガVol.720「シッコ」★★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_             _______________
  Vol.720「シッコ」★★★★        2007.8.31(金)
 ̄              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   国民健保がない米国では、病院は誰もが行ける場ではない。
   しかし世界には、もっと社会保障の行き届いた国もある。

  【2】Michelin
   日比谷シャンテ他、上映館は多く、混雑もそれなりです。

  【3】Review
   今回は糾弾=怒りではなく、国民生活の国際比較である。

  【4】Column
   いつまで泣き声に耳をふさいで、美しい社会は続くのか。

______________________________________________________SiCKO

おかしなタイトルですが、内容は真面目な?ドキュメンタリー。
いまや最強のアポなしジャーナリスト、マイケル・ムーア監督が
国民から高い保険料と医療費をぶんどりながらも、満足のいく
サービスを与えない米国の医療を扱き下ろす、との噂でしたが。

<オフィシャルサイト>
http://sicko.gyao.jp/


続きを読む
posted by Ak. at 10:58| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

メルマガVol.719「厨房で逢いましょう」★★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                   _________
  Vol.719「厨房で逢いましょう」★★★★  2007.8.30(木)
 ̄                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   太っちょの料理人が知り合った若奥さん。彼のケーキを
   気に入った彼女は、毎週料理人の厨房を訪れるようになる。

  【2】Michelin
   渋谷ル・シネマでの単館上映。週末は満席かもしれない。

  【3】Review
   内気なシェフの悲恋モノだが、なぜかコミカルで憎めない。

  【4】Column
   誰かのために作る料理は、あなたの価値を伝えてくれる。

_______________________________________________________Eden

最近、厨房と書くと、なぜか否定的な意味合いにとられたりして、
国語の歴史も、どこで何があるか分からないな、と思いますが…。
もちろん、これは普通の料理を題材にした、ラブロマンスな映画。
料理映画といえばドイツ。美味な料理はドイツ人の憧れだから?!

<オフィシャルサイト>
http://chubo.jp/


続きを読む
posted by Ak. at 11:44| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

メルマガVol.718「ラッシュアワー3」★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                ____________
  Vol.718「ラッシュアワー3」★★     2007.8.28(火)
 ̄                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   世界最大の中国系犯罪組織に、秘密を内通する動きが。
   関係者暗殺を謀る組織に、いつものコンビが立ち向かう。

  【2】Michelin
   新宿や豊洲などのシネコンでどうぞ。とても空いてます。

  【3】Review
   コンビの特徴が消えてしまい、単なる陳腐な刑事物に。

  【4】Column
   どんなに違う2人でも、わずかな共通点で友だちになれる。

________________________________________________Rush Hour 3

人気シリーズの第3弾!…って触れ込みは、もう遅いような。
そもそもクリス・タッカーはこれ以外で、鳴かず飛ばずじゃない?
それでも作ってしまったのは、ブレット・ラトナー監督の執念?
ま、私はジャッキー・チェン期待で観にいったわけなんですが…。

<オフィシャルサイト>
http://rh3.jp/


続きを読む
posted by Ak. at 12:47| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。