現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2007年07月31日

メルマガVol.704「不完全なふたり」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                ____________
  Vol.704「不完全なふたり」★★★     2007.7.19(木)
 ̄                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   友人の結婚式に参列する夫婦。しかし、二人の仲は冷え、
   ついに夫が友人に離婚を告白したことからおかしくなる。

  【2】Michelin
   新宿武蔵野館での単館上映。空いています。

  【3】Review
   相変わらずだが、眠くなる。しかし、よく考えさせられる。

  【4】Column
   どこまでも不確定だからこそ、どこかで踏みとどまる。

__________________________________________Un Couple parfait

延び延びになりましたが、諏訪監督の新作「不完全なふたり」。
監督の新作はたぶん、「M/OTHER」以来ではないでしょうか?
主演のヴァレリア・ブルーニ=テデスキは、フランソワ・オゾン
がやけにお気に入りの女優さんで、今回も楽しみです。

<オフィシャルサイト>
http://www.bitters.co.jp/fukanzen/


続きを読む
posted by Ak. at 12:18| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルマガVol.703「街のあかり」★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_             _______________
  Vol.703「街のあかり」★★        2007.7.17(火)
 ̄              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   警備会社に勤める男は、友人も才能もないが夢だけはある。
   ある日、彼に突然言い寄る女が現れ、胸ときめくが…。

  【2】Michelin
   渋谷ユーロスペースでの単館上映。恐ろしく混んでます。

  【3】Review
   今回は笑いがない!物語は分かるが、期待が空回り…。

  【4】Column
   どんなに踏みつけられても、希望を捨てないことの難しさ。

_______________________________________Laitakaupungin valot

「過去のない男」も記憶に新しい、アキ・カウリスマキの最新作。
ムーミンにせよ、かもめ食堂にせよ、フィンランドという国は、
どうも「ひと癖ありそう」なんでしょうか。独特の文化ですよね。
今回も独特のテンポで、笑いをとっていくと思っていたのですが。

<オフィシャルサイト>
http://www.machino-akari.com/


続きを読む
posted by Ak. at 08:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

メルマガVol.702「ボルベール<帰郷>」★★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                  __________
  Vol.702「ボルベール<帰郷>」★★★★   2007.7.13(金)
 ̄                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   ダメな夫、反抗期の娘とともに暮らし、働きづめの女。
   ところが、死に別れたはずの母親が彼女の姉を訪ねてくる。

  【2】Michelin
   六本木ヒルズか渋谷にて。週末はそれなりに混むでしょう。

  【3】Review
   相変わらず物語の展開は大味だが、深いテーマが泣かせる。

  【4】Column
   誰にでも秘密があり、大切なのは、分かち合える家族。

_____________________________________________________Volver

日本では「トークトゥハー」で知られるアルモドバルの新作。
何か、また同じようなパターンに見えてしまうのですが…。
カンヌでは脚本賞を取った他、主演のペネロペ・クルスは、
主演女優賞を獲った勢いで、オスカーにまでノミネート。

<オフィシャルサイト>
http://volver.gyao.jp/


続きを読む
posted by Ak. at 15:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルマガVol.700「そして、デブノーの森へ」★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                   _________
  Vol.700「そして、デブノーの森へ」★★  2007.7.5(木)
 ̄                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   ある一流作家が、息子の結婚式に向かった旅先で、行きずり
   の美女と一夜をともにする。しかし、その女の正体は…。

  【2】Michelin
   渋谷シアターイメージフォーラムでの単館上映。やや混み。

  【3】Review
   前半は火曜サスペンス。後半は何とか、それらしくなる。

  【4】Column
   美女たちはなぜ、自らの身体を切り売りしてしまうのか。

___________________________________________Le Prix du desir

また繰り返しますが、決してダイエットの話ではありません。
原題は「色欲の代償」。何とまあ、ありがちなタイトル(笑)。
邦題の方が遥かにいいですね。引っかかる間男には、またも、
ダニエル・オートゥイユ。彼はいつも、誰かに騙されている…。

<オフィシャルサイト>
http://www.at-e.co.jp/soshite/


続きを読む
posted by Ak. at 15:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

メルマガVol.701「ハリウッドランド」★★★


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                 ___________
  Vol.701「ハリウッドランド」★★★    2007.7.10(火)
 ̄                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   スーパーマンを演じた俳優が自殺したが、母親は他殺を主張。
   アウトローな探偵が、一攫千金を狙って事件を紐解くと…。

  【2】Michelin
   日比谷シャンテシネで今週いっぱい。けっこう混んでる。

  【3】Review
   ミステリを軸に、人生の影にある孤独を浮き彫りにしていく。

  【4】Column
   平凡な人生を投げ捨ててまで、手に入れたい幸せとは何か。

______________________________________________Hollywoodland

エイドリアン・ブロディ、ベン・アフレック、ダイアン・レイン。
これまた、かなりくどいメンツのミステリー映画ですね…。
内容は、初代スーパーマンを演じた俳優の自殺をめぐる裏側を、
事実に基づいて描写しつつ、ハリウッドの舞台裏を描く物語。

<オフィシャルサイト>
http://www.movies.co.jp/hollywoodland/


続きを読む
posted by Ak. at 12:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

メルマガVol.699「ダイハード4.0」★★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                 ___________
  Vol.699「ダイハード4.0」★★★★     2007.7.3(火)
 ̄                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   FBIへのハッキングと同時に、ハッカーの連続殺人が発生。
   やがて全米を混乱に陥れる、未曾有のパニックが訪れる。

  【2】Michelin
   日劇PLEXほか、各地のシネコンでどうぞ。やや混み程度。

  【3】Review
   悔しいが面白い。シリーズとは全く違う、パニック映画。

  【4】Column
   一度、便利になってしまうと、人間は過去には戻れない。

______________________________________Live Free or Die Hard

いやあ。また騙されてしまうんでしょうか(笑)。「3」が、
あれだけひどかったのに、なぜ「4」を作ってしまったのか。
しかし、意外とこの映画、前評判はやけに高いんですよね…。
筆者も騙されることを覚悟して、軽い気分で観にいったのですが。

<オフィシャルサイト>
http://diehard4.jp/


続きを読む
posted by Ak. at 12:52| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

メルマガVol.698「サイドカーに犬」★★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                 ___________
  Vol.698「サイドカーに犬」★★★★    2007.7.1(日)
 ̄                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   家出した母親の代わりに、転がり込んできた父親の愛人。
   男勝りの彼女は、小学生の彼女にも、大人扱いだった。

  【2】Michelin
   シネスイッチ銀座、アミューズCQNの2館上映。

  【3】Review
   子どもから見た、大人の世界と成長が、よく描けている。

  【4】Column
   信じてくれる大人がいて、初めて子どもも大人になれる。

___________________________________________さいどかーにいぬ

「春の雪」の頃は、すっかりしおらしい妊婦だった竹内結子。
ところが一転、出産後の離婚騒動でカムバックも大変なことに。
それを知ってか知らずか、今回演じる主人公は男勝りのお姉さん。
監督は「雪に願うこと」が無難な仕上がりだった根岸吉太郎。

<オフィシャルサイト>
http://sidecar-movie.jp/


続きを読む
posted by Ak. at 11:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

メルマガVol.697「殯(もがり)の森」★★★☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                 ___________
  Vol.697「殯(もがり)の森」★★★☆    2007.6.29(金)
 ̄                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   深いトラウマを背負ったまま、介護施設で働き始めた女。
   しかし、彼女はなかなかお年寄りたちに近づいていけない。

  【2】Michelin
   渋谷シネマ・アンジェリカでの単館上映。混んでます。

  【3】Review
   シンプルな物語の中に、深い再生への希望が込められる。

  【4】Column
   悲しみはいつまでも続いていく。他の誰かに気づかない限り。

________________________________________The Mourning Forest

前作の「沙羅双樹」から4年、長い沈黙を破った新作が、
ついにカンヌのグランプリに輝いた河瀬直美監督の凱旋作品。
独特のカメラワーク、脚本のないシーン、奈良の自然や街並みと、
異色の映画づくりの何が、国際的評価を決定づけたのでしょう。

<オフィシャルサイト>
http://www.mogarinomori.com/


続きを読む
posted by Ak. at 12:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

メルマガVol.696「憑神」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_           _________________
  Vol.696「憑神」★★★          2007.6.28(木)
 ̄            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   真面目な秀才ながら、うだつの上がらない貧乏武士の男。
   参拝した稲荷神社で、今度は貧乏神に取り憑かれてしまう。

  【2】Michelin
   新宿バルト9ほか、東映系とユナイテッドシネマなど。

  【3】Review
   日本の豪華キャストが勢揃い。笑いも多いが、締めが甘い。

  【4】Column
   何もかも失ったようでも、人には何かが残されている。

___________________________________________________つきがみ

妻夫木聡主演の最新作は、「鉄道員」が大ヒットとなった、
浅田次郎原作&降旗康男監督という期待のペアによるもの。
今回は、悪霊に取り憑かれてしまった不運な男を主人公に、
落語のような痛快時代劇を繰り広げるらしいですが、果たして。

<オフィシャルサイト>
http://tsukigami.jp/

続きを読む
posted by Ak. at 12:39| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。