現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2007年04月27日

メルマガVol.674「東京タワー」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_               _____________
  Vol.674「東京タワー」★★★       2007.4.20(金)
 ̄                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   飲んだくれの父を尻目に、女手1つで育ててくれた母親が、
   死に目を前にして、東京で息子と短い同居生活を始める。

  【2】Michelin
   丸の内ピカデリーほか、各地のシネコンにて。やや混み。

  【3】Review
   想像通りの展開で泣けるが、その涙には意味があるのか。

  【4】Column
   肉親が亡くなる哀しみ。それは誰もが書ける物語である。

___________________東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

リリー・フランキーの半自叙伝が、「泣ける」と話題になって、
すっかりベストセラーになり、いよいよ映画にもなりました。
亡き母には樹木希林、本人にはオダギリジョーを配した上で、
脚本は松尾スズキ、ってあたりが狙いの微妙さを感じますが…。

<オフィシャルサイト>
http://www.tokyotower-movie.jp/


続きを読む
posted by Ak. at 15:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

メルマガVol.673「ママの遺したラブソング」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                    ________
  Vol.673「ママの遺したラブソング」★★★ 2007.4.19(木)
 ̄                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   音信不通だった母親の訃報を聞きつけた娘が、母にゆかりの
   人々と出逢い、衝突を繰り返し、新しい成長を遂げていく。

  【2】Michelin
   シネスイッチ銀座での単館上映。そんなに混んでません。

  【3】Review
   良くも悪くも型どおり。もう少し物語にリズムがあれば。

  【4】Column
   時間は止められないが、人生の時計は止めることができる。

_________________________________A love song for Bobby Long

いまやすっかり大スター、スカーレット・ヨハンソンの主演映画。
今回は、音信不通の母親をめぐる、少女の発見と成長を演じる。
しかし、彼女の雰囲気は、もはやどこにも少女らしくない…。
共演はジョン・トラヴォルタで、監督は米国の若手女性監督。

<オフィシャルサイト>
http://mamanolovesong.com/


続きを読む
posted by Ak. at 12:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

メルマガVol.672「サンシャイン2057」★★★☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                    ________
  Vol.672「サンシャイン2057」★★★☆ 2007.4.17(火)
 ̄                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   消滅寸前の太陽を復活させるため、核爆弾搭載の宇宙船が
   送り込まれたが、トラブルが続発しクルーは危機に陥る。

  【2】Michelin
   ユナイテッドシネマほか、各地のシネコンでどうぞ。

  【3】Review
   潜水艦映画の恐怖と、冒険映画の恐怖を、複合させたSF。

  【4】Column
   前人未踏の大地へ、人々が命を賭けて飛び込むのは、何故だ。

___________________________________________________Sunshine

ダニー・ボイル監督が、再びキリアン・マーフィと手を組んで、
「28日後…」以来のSF、しかも舞台は宇宙、という話題作。
しかしまあ、ダニー・ボイルは寓話から青春映画、冒険映画に、
この映画と、何でもチャレンジしてますねえ。今回はどうかな?

<オフィシャルサイト>
http://movies.foxjapan.com/sunshine2057/


続きを読む
posted by Ak. at 14:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

メルマガVol.671「オール・ザ・キングスメン」★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                    ________
  Vol.671「オール・ザ・キングスメン」★★ 2007.4.13(金)
 ̄                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   実直な男が政治家となり、権力をむさぼっていく一方で、
   その男を支える、元エリート新聞記者の心境は複雑になる。

  【2】Michelin
   みゆき座、台場、新宿、錦糸町で上映中。空いています。

  【3】Review
   三島由紀夫っぽい内容だが、狙いがあまりにぼやけている。

  【4】Column
   美しい上流社会でも、本当は貧しい人々の血と涙の上にある。

_________________________________________All the King's men

「グッドナイト&グッドラック」「ボビー」など、最近になって、
豪華キャストで政治問題に切り込む社会派映画が増えている模様。
そこで社会派と言えばこの方、問題児ショーン・ペンの登場です。
ただ、内容は50年以上も前のオスカー受賞作のリメイクらしい。

<オフィシャルサイト>
http://www.sonypictures.jp/movies/allthekingsmen/


続きを読む
posted by Ak. at 12:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

メルマガVol.670「あかね空」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_             _______________
  Vol.670「あかね空」★★★        2007.4.12(木)
 ̄              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   江戸で豆腐屋を開いた京都の男と、彼を見守る女が、
   助け合い、ぶつかり合いながら家族をつくりあげていく。

  【2】Michelin
   恵比寿ガーデンシネマほか、池袋、新宿などで上映中。

  【3】Review
   すべてにおいて及第点。あとはどこかに個性が必要だ。

  【4】Column
   美味しいものは嘘をつかない。人間は正直な生き物だ。

_________________________________________________あかねぞら

山本一力原作の直木賞受賞作を、中谷美紀、内野聖陽らで映画化。
京都の豆腐屋さんが江戸で開業したが、味に対する考えも違って
悪戦苦闘しながら、家族の力で切り抜けていくという時代物。
別に、藤沢周平だけが時代劇じゃない!とは思うんですが。

<オフィシャルサイト>
http://akanezora.cocolog-nifty.com/


続きを読む
posted by Ak. at 11:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

メルマガVol.669「ブラッドダイヤモンド」★★★☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                    ________
  Vol.669「ブラッドダイヤモンド」★★★☆ 2007.4.10(火)
 ̄                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   アフリカのダイヤ原産国を舞台に、はびこる密輸業者と、
   伝える報道記者、果てしなく続く内戦の悲劇を次々と描く。

  【2】Michelin
   ルーブル丸の内ほか、各地のシネコンで上映中。やや混み。

  【3】Review
   退屈はしないが、詰め込みすぎ。テーマには共感できる。

  【4】Column
   いまや世界は狭くなり、地球の裏側の人を、あなたも殺せる。

______________________________________________Blood Diamond

ディカプリオが、こちらでもオスカーにノミネートされた作品。
誰もが憧れるダイヤモンドですが、実はその所有権をめぐっては、
産地アフリカで悲惨な内戦が起きている、というサスペンス映画。
イメージダウンを恐れ、宝石屋さんは猛反発してるらしい…。

<オフィシャルサイト>
http://www.blooddiamond-movie.com/


続きを読む
posted by Ak. at 10:53| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

メルマガVol.668「ブラックブック」★★★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                  __________
  Vol.668「ブラックブック」★★★★★   2007.4.6(金)
 ̄                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   大戦下、オランダで匿われて生きていたユダヤ人の女が、
   逃亡のために危険に身を晒しながら、人間の残酷さを知る。

  【2】Michelin
   新宿テアトルタイムズスクエアほか。やや、空いている。

  【3】Review
   スパイを描くことで、敵味方を超越した正義を考える傑作。

  【4】Column
   過酷な戦争や競争は、勝者を無慈悲にし、悲劇は尽きない。

__________________________________________________Zvartboek

「氷の微笑」のポール・バーホーベン監督と未だに呼ばれる彼が、
今回はナチ時代のスパイ物という、シリアスな戦争映画に挑戦。
母国オランダを舞台に、ユダヤ人と正義を守ろうとする人々を、
感動的に描く一大巨編。もう「氷の微笑」の…とは呼ばせない!

<オフィシャルサイト>
http://www.blackbook.jp/


続きを読む
posted by Ak. at 11:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

メルマガVol.667「絶対の愛」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_             _______________
  Vol.667「絶対の愛」★★★        2007.4.5(木)
 ̄              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   恋人に捨てられるのではないか、と強迫観念に陥った女が、
   整形手術により新しい女になることを決意、手術するが…。

  【2】Michelin
   渋谷ユーロスペースでの単館上映。すでに空いてます。

  【3】Review
   テーマと演出はキム・ギドクらしいが、展開が、らしくない。

  【4】Column
   時の流れを手術で止める。それは愛さえも、止める行為。

_______________________________________________________Time

「悪い男」で、韓流の反逆児として名を上げ、「サマリア」では、
自身のテーマの集大成を成し遂げ、「うつせみ」ではさらに、
物語を進化させ、つねに筆者を驚かせてきた監督、キム・ギドク。
最近は寓話形式が多い彼の新作は、整形手術と、永遠の愛。

<オフィシャルサイト>
http://www.zettai-love.com/


続きを読む
posted by Ak. at 17:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルマガVol.666「アルゼンチンババア」★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                 ___________
  Vol.666「アルゼンチンババア」★★    2007.4.3(火)
 ̄                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   母を亡くした直後から、父も失踪。困り果てた一人娘だが、
   父は何と、変人と噂の老女宅に同居中で、帰ろうとしない。

  【2】Michelin
   渋谷Q−AXシネマ他、新宿、東銀座などで上映中。

  【3】Review
   話は単純かつ、ご都合主義なのに、2時間は冗長すぎる。

  【4】Column
   亡くなってしまった人の想いは、永遠に知ることができない。

______________________________________________Argentine Bag

吉本ばなな原作のハートフルな小説を、役所広司、堀北真希、
そして老婆を演じる鈴木京香という組み合わせで、映画化。
鈴木京香が老婆…いつか自分の年代を演じている役者さんたちも、
そうして変わっていくんだなあ、と思うと、何となく切ない…。

<オフィシャルサイト>
http://www.arubaba.com/


続きを読む
posted by Ak. at 10:46| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

メルマガVol.665「ホリデイ」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_             _______________
  Vol.665「ホリデイ」★★★        2007.4.1(日)
 ̄              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   ロンドンとLAのキャリアウーマン同士が自宅を交換。
   互いに失恋の傷を癒し、新しい生活を見つけていく。

  【2】Michelin
   日劇ほか、各地のシネコンで上映中。けっこう混んでる。

  【3】Review
   話全体はとりとめもないが、ワンシーン毎に面白い。

  【4】Column
   人生をリセットすると、それはできないと気がつく。

________________________________________________the Holiday

「ファミリーゲーム」「恋愛適齢期」など、愛しあう人々を
ユーモアたっぷりに描く名監督、ナンシー・マイヤーズの最新作。
今回はキャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレットがヒロイン、
豪華なお相手はジュード・ロウと…ジャック・ブラック(笑)。

<オフィシャルサイト>
http://www.holiday-movie.jp/


続きを読む
posted by Ak. at 12:53| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

メルマガVol.664「デジャヴ」★★☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_             _______________
  Vol.664「デジャヴ」★★☆        2007.3.26(月)
 ̄              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   フェリー爆破テロと近隣の女性殺人の関連を捜査する刑事。
   特捜班は、特殊な過去の映像を基に、犯人を追い詰める。

  【2】Michelin
   日劇1ほか、各地のシネコンで上映中。たぶん空いてます。

  【3】Review
   タイムトラベル映画の刑事物。実験的な映像だけは買う。

  【4】Column
   犯人は、逮捕すれば賞賛され、未然に防げば誰も知らない。

____________________________________________________deja vu

トニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン主演といえば、
「マイ・ボディガード」ですが、二人が再び組んだサスペンス。
前作は、元・傭兵のハードボイルドでしたが、今回は刑事物。
しかもタイムトラベルをキーにして、随所に伏線が張られます。

<オフィシャルサイト>
http://deja-v.jp/


続きを読む
posted by Ak. at 13:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。