現在公開中の作品一覧(首都圏)

★★★★☆「つぐない」
 ★★★★「4ヶ月、3週と2日」
 ★★★★「マイブルーベリーナイツ」
 ★★★☆「モンテーニュ通りのカフェ」
 ★★★☆「マンデラの名もなき看守」
 ★★★☆「愛おしき隣人」
  ★★★「ブレス」
  ★★★「ノーカントリー」
  ★★★「ランジェ公爵夫人」
  ★★★「王妃の紋章」
  ★★★「フィクサー」
  ★★☆「I'm not there.」
  ★★☆「There Will Be Blood」
  ★★☆「ミスト」
   ★★「チャーリーウィルソンズウォー」

今後は「インディジョーンズ」「JUNO」「イースタンプロミス」ほか

2007年03月23日

メルマガVol.663「サンジャックへの道」★★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                   _________
  Vol.663「サンジャックへの道」★★★★  2007.3.22(木)
 ̄                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   遺産相続の条件で、スペインまでの徒歩巡礼に出た三兄姉。
   長い道のりは、仲間たちとの苦難と喜びの連続だった。

  【2】Michelin
   シネスイッチ銀座での単館上映。週末は少し混むかも。

  【3】Review
   小市民が揃ったロードムービーで、ともに旅をした気分に。

  【4】Column
   ともに生きるしかないと分かれば、人は自然と手を取りあう。

_________________________________Saint Jacques... La Mecque

「女はみんな生きている」では、大いに人々を笑い、たしなめた、
コリーヌ・セロー監督の新作は、最近流行の巡礼ロードムービー。
お遍路さんみたいなものが、ヨーロッパにもあるんですねえ。
しかし、そこはセロー監督、今回も大いに笑わせてくれるはず。

<オフィシャルサイト>
http://www.saintjacques.jp/


続きを読む
posted by Ak. at 12:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルマガVol.662「ナイトミュージアム」★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                 ___________
  Vol.662「ナイトミュージアム」★★    2007.3.20(火)
 ̄                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   ダメ男が、息子のために就いた定職は、博物館の警備員。
   ところが毎夜、そこではとんでもないことが起きていた!

  【2】Michelin
   日比谷スカラ座他、もっぱらシネコンを中心に上映中。

  【3】Review
   脚本も演出もヘタ。ほとんどベン・スティラーの一人舞台。

  【4】Column
   どんなものにも命は宿り、どんなものにも目的がある。

________________________________________Night at the Museum

「メリーに首ったけ」以来、日本でも今やお馴染みにになった?
小市民やダメ男の代表格、ベン・スティラー主演のコメディ映画。
今度の舞台は博物館。ダメ男が警備員と夜に見回りをはじめると、
何と蝋人形や剥製が、展示位置から次々と動き出していた…?!

<オフィシャルサイト>
http://www.nightmuseum.jp/


続きを読む
posted by Ak. at 12:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

メルマガVol.661「今宵、フィッツジェラルド劇場で」★★☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                          __
  Vol.661「今宵、フィッツジェラルド劇場で」★★☆
                     2007.3.16(金)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        ̄
  【1】STORY
   昔ながらの公開録音によるラジオショーも、今晩が最終回。
   出演者たちの複雑な想いは余所に、ショーは淡々と進む。

  【2】Michelin
   銀座、渋谷での2館上映。なぜだかやたらと混んでいる。

  【3】Review
   これぞアルトマン劇場の集大成。そうして観ると、感慨深い。

  【4】Column
   歌って、笑って、怒って、泣いて。最後に友たちが残る。

___________________________________A Prairie Home Companion

先日亡くなった、ロバート・アルトマン監督の遺作。撮影中は、
P.T.アンダーソン監督を横に置いて、万一の事態に備えたそうで。
豪華な俳優陣を揃えて、淡々と続くラジオショーの舞台裏には、
この映画を自らの集大成とした、アルトマンの姿が見えてきます。

<オフィシャルサイト>
http://www.koyoi-movie.com/


続きを読む
posted by Ak. at 11:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

メルマガVol.660「ラストキング・オブ・スコットランド」★★☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                          __
  Vol.660「ラストキング・オブ・スコットランド」★★☆
                     2007.3.9(金)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        ̄
  【1】STORY
   新任のウガンダ大統領の主治医になった英国人の青年が、
   知らず知らずのうちに暴君と化す大統領に巻き込まれる。

  【2】Michelin
   お台場、池袋、有楽町の3館上映。そんなに混んでません。

  【3】Review
   ウィテカーは凄いが、主人公が愚かだと観る気を削がれる。

  【4】Column
   独裁者の中には、恐怖がある。それは自分のなかの恐怖。

__________________________________The last king of Scotland

「ゴーストドッグ」ほか、どの映画でもひと味違う個性派俳優、
フォレスト・ウィテカーが、ついにオスカーを獲得した話題作。
アフリカを舞台にした、実在の独裁者を演じるウィテカーは、
権力に惑わされてしまった男の孤独と狂気を、見事に演じます。

<オフィシャルサイト>
http://movies.foxjapan.com/lastking/


続きを読む
posted by Ak. at 11:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

メルマガVol.659「パリ、ジュテーム」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                 ___________
  Vol.659「パリ、ジュテーム」★★★    2007.3.9(金)
 ̄                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   パリを舞台に、老若男女、さまざまな人種や階級を対象に、
   人々の愛と絶望、そして幸せが入りまじる18本の短編集。

  【2】Michelin
   日比谷シャンテ、恵比寿、新宿での3館上映。やや混み。

  【3】Review
   短い中に監督の力量が現れ、パリの様々な側面を楽しめる。

  【4】Column
   街には想い出が積み重なり、それが歴史に変わっていく。

___________________________________________Paris, je t'aime

豪華メンバーが集結したオムニバス映画、「パリ、ジュテーム」。
コーエン兄弟、ナタリ、ティクヴァ、ショメ、ペインら監督陣に、
ポートマン、ビノシュ、ブシェミ、デフォーらの俳優陣が並び、
5分程度とはいえ、小さな物語に彼らの実力がかいま見えます。

<オフィシャルサイト>
http://www.pjt-movie.jp/


続きを読む
posted by Ak. at 13:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

メルマガVol.658「パフューム」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_              ______________
  Vol.658「パフューム」★★★       2007.3.7(水)
 ̄               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   幼いときから嗅覚だけが敏感だった孤児が、最高の香りを
   保存する方法を求め、倫理を無視したある実験を始める。

  【2】Michelin
   サロンパスルーブル丸の内ほか、各地のシネコンで上映中。

  【3】Review
   面白い話だが、説明不足や、展開のブレが目立ってしまう。

  【4】Column
   愛は、手にすることができない。それは、包まれるものだから。

____________________________Perfume the story of a murderer

「ランローララン」からすでに8年。トム・ティクヴァ監督が、
「ヘヴン」に続けて描く背徳の物語は、ベストセラーの映画化。
それは、至高の香水を追い求める職人のドラマであり、そして、
そのためなら殺人をもいとわない人間の残酷さのドラマです。

<オフィシャルサイト>
http://perfume.gyao.jp/

続きを読む
posted by Ak. at 10:14| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

メルマガVol.657「ボビー」★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_            ________________
  Vol.657「ボビー」★★★         2007.3.2(金)
 ̄             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   ケネディの実弟が暗殺されたホテルを舞台に、事件前夜の
   人々の私生活、想い、社会不安などを描き出す群像劇。

  【2】Michelin
   お台場、六本木ヒルズでの2館上映。そんなに混んでません。

  【3】Review
   群像劇ほどの深みはないが、言いたいことはよく分かる。

  【4】Column
   失われた自信。忍びよる不安。再生への道は、いまも険しい。

______________________________________________________Bobby

これまで、何度となく映画の題材となってきたJFKの暗殺。
今度は、彼の弟であるRFK暗殺をめぐる社会派ドラマ。
当時の社会事情と人々の生き様を、アンソニー・ホプキンス、
ヘレン・ハント、ヘザー・グラハムら豪華キャストが演じます。

<オフィシャルサイト>
http://www.bobby-movie.net/


続きを読む
posted by Ak. at 12:52| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

メルマガVol.656「さくらん」★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_            ________________
  Vol.656「さくらん」★★         2007.2.27(火)
 ̄             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   吉原に売られ、吉原で育った、反骨精神たっぷりの娘が、
   客に恋をし、人に裏切られながら、自由を求めて生きる。

  【2】Michelin
   渋谷シネクイントほか。シネコン以外は大混雑でしょう。

  【3】Review
   映像は美しいが、物語は淡々と進行して、印象が薄い。

  【4】Column
   びいどろの金魚も輝いているが、本当の輝きはそこにない。

___________________________________________________さくらん

「下妻物語」以来、ツンデレヤンキー第一人者?の土屋アンナ。
今度は芸妓に扮し、あでやかな和服に身を包んで啖呵を切ります。
しかし一度ついたイメージで、どこまで彼女は進むんでしょうか。
監督は蜷川実花、原作は安野モヨコ、キャストはみんな超豪華。

<オフィシャルサイト>
http://www.sakuran-themovie.com/


続きを読む
posted by Ak. at 16:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルマガVol.655「孔雀 我が家の風景」★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ ★ ☆  映画のなかの人生、映画のような人生。 ★ ☆ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【映画とは、人生を2時間で切りとるもの】
映画が魅せる、人間のやさしさ、弱さ、強さを、いっそう鮮烈に、
そしてもっと映画を観たくなる、ひと味違うメールマガジン。


_                ____________
  Vol.655「孔雀 我が家の風景」★     2007.2.23(金)
 ̄                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【1】STORY
   脳に障害を持った兄を、懸命に世話する家族だったが、
   やがて妹と弟は、寂しさから次第に人生を外れていく。

  【2】Michelin
   渋谷Q-AXシネマでの単館上映。1Fのレストランが変わった。

  【3】Review
   ある家族の日記を映像化しただけ。訴えるものがない。

  【4】Column
   若さとは、狭さだ。それは力強く、そして誤りやすい。

____________________________________________________Peacock

チャン・イーモウ、チェン・カイコーら、巨匠たちの眼となる、
撮影監督として名高いグー・チャンウェイが、自ら監督した映画。
一昨年のベルリン映画祭では銀熊賞を獲得し、評価も上々らしい。
内容は文革後の自由化が進む中国を描く、ある家族の生活誌。

<オフィシャルサイト>
http://www.eiga.com/official/kujaku/


続きを読む
posted by Ak. at 16:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

本日メルマガお休みします。

すみませんが、いろんなことが重なってしまい、
結局、映画を観ることができませんでした…。

3月は毎年、恐ろしく忙しくなります。
申し訳ありませんが、ご容赦下さいませ。
「パフューム」は明日配信の予定です。

Ak.
posted by Ak. at 12:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。